ソフトバンクの悩みはアーム売却の失敗だけではない

【ブルームバーグ】アリババは10年間にわたってソフトバンクの保有株の柱となってきましたが、市場の下落が続く中、中国の電子商取引の巨人の株を売り続けなければなりません。

ソフトバンクの悩みはアーム売却の失敗だけではない
高価な一撃。Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg. 

【ブルームバーグ・オピニオン】 孫正義氏が試みたとしても、それを取り繕うことはできない。ソフトバンクGがアームをエヌビディアに売却しようとして失敗したことは、日本のコングロマリットにとって大きな痛手だ。

しかし、アームの企業価値は2兆7,500億円であり、ソフトバンクGはその投資をすべて償却しても、過去1年間に同社の最大かつ最も重要な資産がもたらした穴ほどの大きさにはならないだろう。

アリババは、ソフトバンクGの創業者兼CEOが行った最も賢明な賭けとして、歴史に刻まれることになるだろう。アリババの創業者であるジャック・マーを信じて2,000万ドルの初期投資を行ったことが、日本企業のバランスシートの7兆2,700億円の塊となったのだ。しかし、アリババの株価は過去1年間で56%下落し、ソフトバンクGの純資産価値もそれに引きずられて下落している。

対照的に、ソフトバンクGは2016年にアームを非公開にするために310億ドルを支払った。その数年後、孫はエヌビディアの創業者であるジェンセン・フアンという熱心な買い手を見つけ、少なくとも400億ドルで英国の半導体企業を売却することになった。2020年9月に行われた取引では、有利な株式部分があったため、最終的な価値は、カリフォルニア州のチップデザイナーの急成長に合わせて上昇し続けた。しかし、世界中の規制当局は、アームのユビキタス技術とエヌビディアの巨大化があまりにも強力な組み合わせであると判断し、この取引に反対した。

現在、ソフトバンクGはアームを240億ドルで保有しており、米国での上場を計画している。

一方、アリババはすでに上場しており、再び上昇するのに苦労するかもしれない。ソフトバンクGが保有する株式は、米国で上場されている米国預託株式(ADS)や、香港で取引されている株式とは全く異なるものであるため、ブローカーを呼んで売り注文を出すという単純なものではない。そのため、証券会社に電話して売り注文を出すという簡単なことではなく、株式を用意する必要がある。先週、アリババは追加で10億株のADSを登録し、それが実現したようだ。シティグループ・インクのアナリスト、アリシア・ヤップは、この動きによってソフトバンクGが保有する中国の電子商取引大手の株式の約25%をさらに売却する柔軟性が生まれたと考えている。

これは初めてのことではない。ソフトバンクGは7月末までに、今年だけで140億ドル近くのアリババ株を売却しているが、これはほとんど大々的に行われたものではない。これらの売却と継続的な下落により、保有株の価値は2020年9月末の18兆5500億円から1年後には7兆2700億円になっている。しかし、世界第2位の経済大国が減速し始め、政府がハイテク企業に厳しい態度を取り続けると思われるこの時期に、アリババはソフトバンクGにとって唯一最大の資産であり続けている。
孫は、過去1年間の大幅な下落を固定化することになっても、売り続けるしかないのかもしれない。ソフトバンクGは、アリババへの出資分を借金して、アームの買収やビジョンファンドの設立など、他の取引に充てたり、債務の返済に充てたりしている。これは、中国最大の起業家のサクセスストーリーの1つであるアリババの株式を保有しながら、次の大企業を買収するための資金を確保することができるという点で、賢明な行動だったと言える。

逆に、アリババ株の価値が半減したり、世界経済が低迷したり、重要な資金調達のための処分が失敗したり、借金の返済が残っていたりすると、このような事態に陥る。また、変動の激しい上場資産を裏付けとした融資では、マージンコール(追証)を受ける可能性もある。アームを高値で売却するチャンスを逃すのは確かに痛いが、市場が下落する中で最大の投資対象を売却しなければならないのは、それ以上に痛いだろう。

Arm Failure May be the Least of SoftBank’s Worries
By Tim Culpan
© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)