ギグエコノミーの賞味期限:通常の雇用体系では持続不能

先週、日本と米国で「ギグワーカー」の法的位置づけが問われた。このグレーゾーンを利用した低賃金労働に依存する新興企業は、ルールが変われば、持続可能ではなくなる恐れがある。

ギグエコノミーの賞味期限:通常の雇用体系では持続不能
Photo by Brett Jordan 

先週、日本と米国で「ギグワーカー」の法的位置づけが再び問われた。このグレーゾーンを利用した低賃金労働に依存する新興企業は、ルールが変われば、持続可能ではなくなる恐れがある。


先週、日本と米国でギグエコノミーをめぐる興味深い動きがあった。

ウーバーイーツの配達員の自転車に衝突され、けがをしたとして、大阪市の会社役員の女性が、配達員と運営会社のウーバージャパンに約250万円の損害賠償を求めた訴訟では、同社が配達員と連帯し女性に140万円を解決金として支払うことで和解した。

この和解は、グレーゾーンで働くギグワーカーの地位について再度、議論を呼んでいる。ウーバーイーツの配達員は、運営会社の「ウーバージャパン」と雇用契約を結ばずに「個人事業主」として働いているが、原告は「事実上、配達業務を指揮監督している運営会社にも責任がある」として訴えを提起していた。和解内容は原告側の訴えを認めた形になっている。

一方、米国では、先週、バイデン政権がギグワーカーが独立契約者ではなく従業員に分類される可能性を高める新ルールを提案したことで、米ギグエコノミー大手企業の株価は急落した。労働省の提案が賃金コストを劇的に引き上げると投資家が懸念したため、ウーバーの株価は一時16.7%も下落し、ライバルのリフトと出前代行のドアダッシュの株価も11日のニューヨークでの取引中に過去最低値を記録した。

バイデン政権が提案した184ページに及ぶ規則は、最低賃金、残業、社会保障、失業保険の適用資格を決定する1938年の法律、公正労働基準法(the Fair Labor Standards Act)に基づいて、連邦機関が誰が従業員か独立契約者かを決定する方法を変更するものである。労働省は現在、提案に対するパブリックコメントを募集しており、最終規則が出されるのはさらに数カ月後となりそうだ。

この規則は、いわゆるギグエコノミーに大きな影響を与える可能性がある。ウーバーリフトは連邦政府への提出書類で、ドライバーを従業員として扱わなければならないため、ビジネスモデルの変更を余儀なくされると述べており、一部のギグエコノミー企業は、人件費が20~30%上昇すると見積もっている。両社はこれまで、全米各州の規制当局や議会による同様の取り組みと繰り返し戦ってきた。

規則は発令後、法廷闘争に移行する可能性が高いという。ギグエコノミー企業以外にも個人事業主という形で労働者と契約する企業は多くあり、業界団体やビジネスロビーは提訴の構えのようだ。

これらのギグエコノミーを謳い、一時は時代の寵児だった企業は、労働者をコントラクターに分類しているため、最低賃金や残業代、失業保険や社会保障への拠出など、従業員への手当を提供することが法的に義務づけられていない。ウェドブッシュ証券のアナリスト、Daniel IvesとJohn Katsingrisはリサーチノートに、これらの手当を追加すれば「(ギグエコノミー企業の)ビジネスモデルがひっくり返るだろう」と書いている。

「独立した契約者は経済において重要な役割を担っているが、雇用主が従業員を独立した契約者に誤って分類しているケースが多く見られる」と、マーティ・ウォルシュ労働長官は声明で述べている。これに対して、ウーバーとリフトは、ギグワーカーの請負業者としての分類は妥当であり、政府は再分類を要求しないだろうという趣旨の声明を出している。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)