死屍累々、過労と不安定な雇用が蔓延するゲーム業界の内実

ゲームビジネスはやりがいがあるが、同時に不安定でもある。過労や不安定な雇用は日常茶飯事だ。市場規模は年々拡大するものの、制作現場にはクリエイターの「屍」が堆く積み上がるという現実がある。

死屍累々、過労と不安定な雇用が蔓延するゲーム業界の内実
Photo by Javier Martínez

ゲームビジネスはやりがいがあるが、同時に不安定でもある。過労や不安定な雇用は日常茶飯事だ。市場規模は年々拡大するものの、制作現場にはクリエイターの「屍」が堆く積み上がるという現実がある。


2020年12月に発売された『サイバーパンク2077』は、ここ数年で最も熱望されたビデオゲームの1つだった。ハッカーや傭兵があふれる暴力的なディストピア「ナイトシティ」を舞台にしたロールプレイングゲームで、俳優のキアヌ・リーヴスが主役を務めている。

しかし、このゲームの開発元であるポーランドのCD Projekt REDは、ロールアウトに失態を犯してしまった。プレイヤーからは、キャラクターがランダムに浮遊するなど、不具合に悩まされるとの報告がすぐに寄せられた。同作の発売が近づくにつれ、スタッフはこのゲームが発売にふさわしいものではないことを知っていたらしい。経営陣が「このゲームはディスクにプレスできる」と宣言していたにもかかわらず、バグが発見された。

プレイステーションの目玉タイトルとして期待された『サイバーパンク』は、苦汁をなめ尽くしたが、最近のNetflix版のアニメの成功で息を吹き返し、恐ろしく過酷だと推測される製作現場にやっといい風が吹いている。

ジャーナリストのジェイソン・シュライヤーが上梓し、翻訳版が出版された『リセットを押せ: ゲーム業界における破滅と再生の物語』は、このような過酷な世界の描写に満ちている。

『リセットを押せ: ゲーム業界における破滅と再生の物語』 via ジュンク堂書店

シュライヤーは前作の『血と汗とピクセル: 大ヒットゲーム開発者たちの激戦記』(2017年)でビデオゲームが作られる過程を探っているが、本書はビデオゲームのビジネスについて知るための有益な入門書に位置づけたようだ。ゲームをプレイしている人、そしてシュライヤーが取り上げたタイトルや開発者を必然的に知っている人だけでなく、ゲームビジネスの内情を垣間見たい人にとって、本書はとても有望な作品である。

シュライアーはブルームバーグで、多くの会社の従業員を取材し、大手スタジオやインディーズ開発者のさまざまな逸話が紹介され、ゲーム業界における雇用の不安定さがよくわかるようになっているのだ。

ゲーム開発現場でよく知られたサイクルはこのようなものだ。ゲームスタジオは、あるプロジェクトについてアイデアを思いつき、急速に開発の規模を拡大する。しかし、どうしても予定した期間内に完成させることができないということが起きる。やがてプロジェクトは長期化し、スタッフは資金繰りの悪化や長時間労働のプレッシャーに悩まされるようになる。そして、最終的には、そのプロジェクトが中止されるか、パブリッシャーがレイオフや倒産を要求することもありうる。高額の予算がプロジェクトの終了前に消滅するケースも少なくない。

ゲーム業界は、過重労働と不安定な雇用が蔓延しているが、シュライヤーが行う人々の描写ががその「毒性」のリアリティを著しく高めている。

2013年に発売された米Irrational Games開発の『BioShock Infinite』(バイオショック インフィニット)の裏話もまた悲しみに満ちている。探偵を主人公に、1912年の架空の空中都市コロンビアを舞台にしたこのゲームを監修したのは、先見性はあるが厳しいボスであるIrrationalのケン・レヴィンだった。筆者は、『BioShock Infinite』の開発期間中、レヴィンが大小のアイデアを実行しては捨て、ゲームが常に変化した様を書いている。レヴィンは、気まぐれに、大きな調整をするようにスタッフに指示する。何週間も費やしてきたものが、いつの間にか水の泡になることが繰り返されるのだ。

このゲームの開発中に、職場環境に嫌気がさして辞めたシニアスタッフが何人もいたそうだ。『BioShock Infinite』は絶賛されたが、クリエイターは精神的に疲弊していた。発売から1年後、レヴィンはIrrationalを辞め、新しいスタジオを立ち上げると発表した。レヴィンのもとには一握りの人材が選ばれたが、それ以外は全員解雇された。

シュライヤーは、数え切れないほどの時間を割いて、この作品を完成させた報酬が職を失うことだったのは、とても不公平な印象を持ったことを隠していない。

これは、とてもいい話だ。


書名:リセットを押せ

副題:ゲーム業界における破滅と再生の物語

発売日:6月20日

【価格】

紙版:2,420円(税込)/四六判/並製/408ページ/ISBN978-4-909688-03-3 C0098

電子版:価格は書店によって異なる

著者:ジェイソン・シュライアー(Jason Schreier)

訳者:西野竜太郎

発行:グローバリゼーションデザイン研究所

出版社ページ:https://globalization.co.jp/publication/press-reset/

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)