ゲーム

テレビ画面、バーチャルリアリティヘッドセット、コンピュータモニタなどの二次元または三次元の映像表示装置上に視覚的なフィードバックを生成するユーザーインターフェースとの対話を伴う電子ゲーム。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テンセントとアリババの成長停滞が鮮明

今、テンセントとアリババは、中国のインターネット大手に対する弾圧が影響し、最も堅実な公益企業の収益成長率でさえ維持するのに苦労している。中国のハイテク大手は、新しい時代への警戒と政府の監視の厳しさに直面している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ゲーム戦争においてディズニーがマイクロソフトに教えられること:ギアロイド・レイディ

埃をかぶったフランチャイズを買い集めると、報われることがある。そして、スター・ウォーズのような逸品がまだ眠っているかもしれない。これが、ゲーム戦争でディズニーがマイクロソフトに教えられることだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

セガ、名作の再制作でフォートナイトの座を狙う

セガサミーホールディングスはドリームキャスト時代の名作を大予算で再制作し、「フォートナイト」級のグローバルヒットを狙う。スロット・パチンコ事業が縮小傾向であり、ゲーム事業の比重が高まっている。

編集部
無料会員 公開

サウジ皇太子の財団、SNKの96.18%を取得

「METAL SLUG」「THE KING OF FIGHTERS(KOF)」「サムライスピリッツ」などのゲームを開発する日本の株式会社SNKは、サウジアラビア皇太子の財団の子会社がほぼ全株を所有した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

『原神』大ヒットが日本のゲーム産業に与えた衝撃

日本のファンタジー・ロールプレイングゲームをほぼ絵に描いたように再現した「原神」は、数十億ドルを稼ぎ出し、高齢化したゲーム大国日本に衝撃を与えた。日本のゲーム産業の衰退は止める手はあるのだろうか。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ、メタバースを語る

マイクロソフトCEO、サティア・ナデラがメタバースについて、フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じた。テック業界のフロンティアを虎視眈々と狙うエンタープライズソフトウェアの雄の戦略とはなにか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

メタバースについにキラーアプリが登場:ポーカー

メタバースで最も頻繁に人々が訪れるのはカジノだ。そこでやり取りされるトークンも活発に価格変動する究極のギャンブルだ。しかし、規制当局の取り締まりというリスクにさらされている。

吉田拓史
無料会員 公開

時価総額が半分に減ったがシーはまだ高い

【ブルームバーグ・オピニオン】10月に投資家の熱気が最高潮に達したとき、東南アジアのインターネット企業シー・リミテッド(Sea Ltd.)の市場価値は2,000億ドルを超えていた。今日では、その半分以下の価値しかない。しかし、まだまだ割高なのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シーの時価総額160億ドル消失はインドの禁止に留まらない問題を示唆

【ブルームバーグ】インドが会社の最も人気のあるゲームタイトルを突然禁止したことでシー(Sea Ltd)は160億ドル以上の価値を失った。投資家はこの禁止が同社のトラブルの始まりに過ぎないのではないかと懸念を強めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ソニー、「グランツーリスモ」の史上最強のAI対戦相手を開発

【ブルームバーグ】ソニーグループは、『グランツーリスモ』で世界最高のレーサーを打ち負かすことができるチャンピオンを育成したと発表した。ただしそのプレイヤーは人工知能エージェントだ。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトはゲームを独占しようとしているのか?

マイクロソフトはゲームの独占企業を目指しているのか。Xboxは近年、買収を繰り返してきたが、Activisionの従業員が1万人と推定されることを考えると、これほどの規模の買収は初めてのものだ。

吉田拓史
無料会員 公開

ソニーのゲーム制作会社買収が囲い込み競争の火に油を注ぐ

最新のソニーの買収は、マイクロソフト、テンセント、メタ、エレクトロニック・アーツ等との「ゲーム制作会社囲い込み競争」をエスカレートさせそうだ。