シーインが4月の評価額より300億ドルも低い金額で入札中
出典:シーイン

シーインが4月の評価額より300億ドルも低い金額で入札中

中国のファストファッション新興企のシーイン(SHEIN)の株式売却を検討している投資家は、中国のファストファッション大手の成長鈍化が懸念される中、4月のバリュエーション1,000億ドルに対して約30%のディスカウントを受け入れている、とSouth China Mornig Postは関係者を引用して報じた。

編集部

中国のファストファッション新興企のシーイン(SHEIN)の株式売却を検討している投資家は、中国のファストファッション大手の成長鈍化が懸念される中、4月のバリュエーション1,000億ドルに対して約30%のディスカウントを受け入れている、とSouth China Mornig Postは関係者を引用して報じた

報道によると、非公開企業の現株主の中には、将来の新規株式公開(IPO)に先立ち、現金化を検討する者もいるが、買い手と売り手の評価額の差は、あらゆる取引のハードルとなっているという。

売れ行きの鈍さやシーインの環境・社会・ガバナンス(ESG)の実績に対する批判は、IPOのスケジュールやバリエーションに影響を与える可能性があると、関係者は指摘する。これらの要因は、ハイテク企業の最近の市場の混乱とともに、少なくとも株式の一部を非公開で売却するかどうかについて、一部の投資家の考え方に影響を与えているという。

急成長を遂げ、瞬く間に世界で3番目に価値のあるスタートアップとなったシーインは、2020年の250%の急増から2021年には60%程度に年間売上高の伸びが鈍化。同社は、コロナのロックダウンが電子商取引需要の波を加速させた2020年の100億ドルから、2021年には少なくとも160億ドルの売上高を見込んでいる。同社は、4月に1,000億米ドルのバリュエーションを正当化するために十分な業績を上げる必要に迫られている。現在の投資家には、Tiger Global Management、IDG Capital、Sequoia Capital Chinaなどがいる。

今年初めの最新の資金調達ラウンドの一環として、シーインは既存の投資家に対し、早ければ2024年に米国でIPOを行いたいと伝えたとCNBCは報じている。