キノコは最大50の「言葉」を使って意思疎通すると科学者が主張

キノコが人間の言語に似た構造でコミュニケーションをとっている可能性があることが、最新研究で示唆された。研究者は「菌類の言葉の長さ」の分布が、人間の言語のそれと密接に一致することを発見している。

キノコは最大50の「言葉」を使って意思疎通すると科学者が主張
キノコが人間の言語に似た構造でコミュニケーションをとっている可能性があることが、最新研究で示唆された。研究者は「菌類の言葉の長さ」の分布が、人間の言語のそれと密接に一致することを発見している。Photo by Manuel Barroso Parejo on Unsplash

キノコが人間の言語に似た構造でコミュニケーションをとっている可能性があることが、最新研究で示唆された。

西イングランド大学のコンピューティング研究所のアンドリュー・アダマツキー教授は、4種類の菌類(きのこ)が発生する電気スパイクのパターンを分析し、調査を行った。アダマツキーは4月初旬に学術誌『Royal Society Open Science』にその結果を発表した。

この研究は、これらのスパイクが、しばしば、最大50語のボキャブラリーに似た活動列に集まっていること、そして、これらの「菌類の言葉の長さ」の分布が、人間の言語のそれと密接に一致することを発見している。最もよく使われる単語は15〜20個で、「菌類語」の長さは平均5.97であり、これは人間の言語に匹敵する、と論文は主張している。

キノコが発する電気信号を計測する様子。Spurce: Adamatzky(2022)
キノコが発する電気信号を計測する様子。Spurce: Adamatzky(2022)

このような電気的活動の波が発生する最も可能性の高い理由は、菌類の完全性を維持するため、あるいは、新しく発見した誘引物質や忌避物質の源を菌糸体の他の部分に報告するためだとアダマツキーは示唆した。

計測された電気活動の例。
計測された電気活動の例。

もう1つ、何も言わないという伝え方もあるようだ。「増殖する菌糸の先端は帯電しており、したがって、帯電した先端が一対の差動電極の中を通過するとき、電位差のスパイクが記録される。

それまでの研究から、菌類(きのこ)は菌糸と呼ばれる地下の長い糸状の構造体を通して電気インパルスを伝達していることが示唆されている。これは、人間の神経細胞が情報を伝達する方法と似ている。さらに、木材を消化する菌類の菌糸が木のブロックに接触すると、このインパルスの発火率が上昇することも明らかになっている。菌類はこの電気的「言語」を使って、食物や怪我に関する情報を、自分の離れた部位や、菌糸でつながった相手(木など)と共有している可能性が出てきていた。

言語の複雑さは、菌類の種類によって異なる。この研究では、スプリットギル菌が最も語彙の多い複雑な文章を生成できることがわかった。一方、エノキタケなどの他の種は、語彙がかなり少ないことがわかった。

菌糸が発する電気信号を「言語」として解釈すべきか否かは、さらなる研究が必要そうだ。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)