科学

体系化された知識や経験の総称であり、自然科学、人文科学、社会科学の総称。

編集部
無料会員 公開

アリの群れは意思決定の際にニューラルネットのように振る舞う

新しい研究は、アリは集団として、脳の神経細胞のネットワークに似た行動をとることを示唆した。アリは感覚的な情報と集団のパラメーターを組み合わせて集団の反応を決定しているという。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

薬物送達に役立つ「おりがみロボット」

豆粒大の新型ロボットは、転がり、反転し、ジャンプして周囲を移動することができる。おりがみデザインの折りやすさと幾何学的特徴を統合して、ロボットを効果的に動かすことができ、人体内での薬物送達での応用が期待されている。

吉田拓史
無料会員 公開

キノコは最大50の「言葉」を使って意思疎通すると科学者が主張

キノコが人間の言語に似た構造でコミュニケーションをとっている可能性があることが、最新研究で示唆された。研究者は「菌類の言葉の長さ」の分布が、人間の言語のそれと密接に一致することを発見している。

吉田拓史
無料会員 公開

ベゾスとゲイツが核融合で熾烈な競争 ――大富豪のリスクマネーは有用

General Fusion社が試験機を英国に建設へ

吉田拓史
無料会員 公開

「選択と集中」よりだいぶマシ? AIがインパクト研究を予測

科学的インパクトの大きい論文を特定したり、早期発見したりできるAIが開発された。「選択と集中」で科学研究力を低迷させた日本にとって朗報だ。

吉田拓史
無料会員 公開

arXiv、原稿と一緒にコードを投稿可能に

学術組織「Papers with Code」は8日、プレプリント論文アーカイブのarXivが、研究者が研究論文と一緒にコードを投稿できるようになり、コンピュータ科学者が最先端のAIや可能性のあることの斬新な進歩についての主張を簡単に分析、精査、再現できるようになると発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

トランプ氏は科学に大損害を与え回復に数十年かかる、英科学誌ネイチャーが非難

トランプ氏が大統領就任後に行った様々な政策が科学に甚大な損害を与え、その回復には数十年を要する、と英科学誌ネイチャー記者のジェフ・トレフソン(Jeff Tollefson)が主張している。

吉田拓史
無料会員 公開

小型核融合炉は「動く可能性が高い」とMITの最新研究が示唆

マサチューセッツ工科大学の研究者と分社のコモンウェルス・フュージョン・システムズ社が開発を進めているスパーク(Sparc)と呼ばれる原子炉の建設は、来春に開始され、3~4年かかるという。建設に続いてテストが行われ、成功すれば、核融合エネルギーを利用して発電できる発電所が今後10年以内に建設されるという。

吉田拓史
無料会員 公開

核廃棄物の最高のリサイクル法:寿命五千年の「ダイヤモンド電池」が商業化へ

ブリストル大学の物理学者と化学者のチームは4月、放射性粒子と接触すると小さな電流を発生させることができる「ダイヤモンド電池」の人工試作品を開発した。廃炉になった原子力発電所から出た半減期5730年の炭素14を使用することで、この電池はほぼ無限に電力を供給できる可能性がある。