OpenAI内紛の新事実:株式を現金化したい従業員、アルトマンへの不信感…

OpenAIの内紛における従業員の熱狂的なサム・アルトマン支持は、投資家による株式買い取りのもたらす臨時収入に起因していたようだ。対立は「AIをめぐる思想の違い」と説明されたが、数ヶ月間続いたアルトマンへの不信が背景にあったという新事実が明らかになっている。

OpenAI内紛の新事実:株式を現金化したい従業員、アルトマンへの不信感…
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

OpenAIの内紛における従業員の熱狂的なサム・アルトマン支持は、投資家による株式買い取りのもたらす臨時収入に起因していたようだ。対立は「AIをめぐる思想の違い」と説明されたが、数ヶ月間続いたアルトマンへの不信が背景にあったという新事実が明らかになっている。


アルトマンの退社は、従業員が株式をOpenAIに売却し、会社の株式公開を待たずに株式を現金化することを可能にする投資取引を危うくした、と米メディアThe Informationが報じた。スライブ・キャピタルが主導するこの取引では、4月時点の評価額280億ドルの3倍以上となる900億ドル近い価格がOpenAIに付けられた。アルトマンの解雇によってこの取引は停止され、彼の復帰が確定すると、この取引は復活した。

これが従業員であるAI研究者とソフトウェアエンジニアの95%が、アルトマンの復帰を支持し、そうならなければマイクロソフトに移籍する、と取締役会を脅かしたことの主要なモチベーションだった、と米メディアのビジネスインサイダーは複数の関係者の談話を引用して報じた。従業員は実際にマイクロソフトに行くつもりはなく、ブラフだったという。

この運きを主導した上級職の一部は、経済的な問題を抱えていたとされる。匿名アプリ「Blind」では、OpenAIの現従業員であることが判明(投稿にはメンバーの勤務先メールアドレスが必要)している人々が、集団辞表に署名するよう強い同調圧力に直面したと書いている。同調圧力は、株式報酬を現金化したいという集団的欲求の発露だったのだろうか。

アルトマンへの不信

取締役会の動きは、アルトマンのCEOとしての取り組みと、彼とのコミュニケーションにおける透明性の不足についての議論を反映したものであり、数か月にわたる検討の結果だった。

ワシントン・ポストのNitasha Tikuの報告によれば、OpenAIの上級幹部は、CEOのSam Altmanが従業員同士を対立させ、混乱と遅延を引き起こし、心理的な虐待を行っていたと懸念した。アルトマンの解雇は、当初はAIの安全な開発に関する衝突と見られていたが、最終的にはCEOの行動が取締役会の監督を困難にするという感覚によって部分的に動機づけられたものだった。

ブルームバーグのRachel Metzが引用した関係者によると、取締役会のメンバーは秋の初めから、アルトマンを解任するかどうか話し合い始めていたという。

取締役会のメンバーは、アルトマンとの長年にわたるやりとりから生じた不満を考慮し、CEOの責任を監視する取締役会の能力について議論していた。アルトマンはOpenAIに批判的な論文を発表した取締役の一人、ヘレン・トナー(ジョージタウン大学の安全保障・新技術センター(CSET)ディレクター)を解任しようと策謀をはかり、他の取締役と個別に話した際に「他の取締役もトナーを解任従っている」と嘘をついた、とその関係者は言ったようだ。取締役会は、アルトマンを解雇した最初の声明で、彼が取締役との話し合いで「一貫して率直」でなかったと述べていた。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報告によると、この時点で、OpenAIの当時のディレクターの何人かは、すでにアルトマンの誠実さに懸念を抱いていたと、彼らの考え方に詳しい関係者は述べている。それに加えて、アルトマンに対する信頼を徐々に削ぐような一連の行動があり、感謝祭前の金曜日に予期せぬ解雇に至ったと、その関係者は語った。この問題に詳しい関係者によると、アルトマンは復職する前に、論文をめぐるトナーへの振る舞いについて謝罪を申し出たという。結局、彼はその申し出を実行することなく、会社のトップに復帰した。

また、アルトマンの意見に批判的な意見を述べた従業員に対して、報復を行ったという従業員の報告も検討されていたとされる。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)