インテル、先頭集団から遅れ始める

インテルは明らかに苦しんでいる。プロセスの微細化は進まず、次世代CPUの製造時期の後ろ倒しが報じられ、決算の内容は燦々たるものだった。老兵は去ることになるのか、それとも劇的な復活があるのか。

インテル、先頭集団から遅れ始める
インテルのパット・ゲルシンガーCEO。出典:Intel

インテルは明らかに苦しんでいる。プロセスの微細化は進まず、次世代CPUの製造時期の後ろ倒しが報じられ、決算の内容は燦々たるものだった。老兵は去ることになるのか、それとも劇的な復活があるのか。


インテルは、第4世代Xeon Scalable「Sapphire Rapids」プロセッサのリリースを、その理由を開示することなく何度も延期してきた。同社は7月下旬にセキュリティバグのためにSapphire Rapidsを変更せざるを得なかったことを認めたが、問題はインテルが言うよりも大きいようだ。ハードウェア専門メディアIgor's Labによると、Sapphire Rapidsには約500のバグがあり、同社はそれを直すために12回のリスピン(設計完了後に不具合が発覚し、再設計すること)を行っているという。

Sapphire Rapidsは、コア数を最大60に増やすだけでなく、数多くの新機能を搭載する予定である。最新のプロセッサは、数百億個のトランジスタを集積しているため、ある程度の数のバグがあることは避けられない。しかし、500個のバグによって生じた12回のリスピンが数千万ドルかかっていると見られている。

インテルが苦しんでいるように見えるのはSapphire Rapidsだけではない。 最近のTrendForceのレポートによれば、インテルがTSMCに対して、第14世代CPUのMeteor Lakeに必要な3nm GPUタイルの生産が遅延する可能性があるとされた。複数のシリコンダイを同一の基板に集積するチップレット構成を採用するMeteor Lakeは、GPUタイルと3つのタイル(2つはインテル製、もう1つはTSMC製)と組み合わせて、CPUの設計を完成させる予定だった。

Appleとインテルは、2022年後半にTSMCのN3生産ノードを採用する最初の企業となり、初期チップは2023年初頭に納品されると予想されていた。しかし、Intelの最初のN3製品は、Meteor Lake向けのGPUタイルになると予測されていたが、GPUタイルの量産開始を2023年前半に延期し、最近さらに2023年に延期したとTrendForceは報告している。

報道では、TSMCが納期に間に合わないのか、あるいはインテル自身のタイルが間に合わないのかは定かではない。

台湾エレクトロニクスメディア DigiTimesの以前の報道では、遅延はTSMCのものではなく、インテルが自社のタイルに難色を示したためとされていた。今回の噂に対し、TSMCは3nmの製造はすべて計画通りに進んでいるとし、顧客のビジネスについてはコメントを控えた。

インテルが置かれている厳しい状況

インテルが技術革新に腐心しているのは間違いない。老朽化した10nmプロセスから抜け出せていない。インテルがこのプロセスを「インテル7」と再ブランド化しても、ごまかせないほどの停滞だ。さらにデスクトップCPUは多くの電力を消費し、専用GPUはNVIDIAとAMDの牙城に取り付く競争力がない。次期プロセッサ群は絶望的に遅れており、間違いなく最近で最も有望とみられたメモリ技術「Optane」の事業を打ち切ったばかりでもある。

もちろん、ゲルシンガーには何の責任もない。彼が昨年初めにインテルへの復帰を決める前から、これらの構想はすべて進んでいた。しかし、投資家は、3カ月間で4億5400万ドルの純損失を出した同社の悲惨な第2四半期の結果、インテルに対する忍耐力を失っているのは確かだ。

この悲惨な業績と、さらに悲観的な見通しに対して、ゲルシンガーは次のような声明を発表した。「今期の業績は、当社と株主のために設定した基準を下回るものであった。我々はもっと良くしなければならないし、そうするつもりだ」。

一つだけ朗報がある。米国では半導体の国内製造支援に約7兆円投入を規定したCHIPS法が成立した。インテルは少なくとも軍資金については産業政策の追い風を受けることができる。しかし、お金がだけがインテルが抱えている問題なのだろうか? 

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)