恒大集団の株価、ほぼゼロと値付けられる
Photo by Renato Marques on Unsplash

恒大集団の株価、ほぼゼロと値付けられる

中国の資産運用大手である華安基金管理有限公司が運営する上場投資信託(ETF)は、ポートフォリオ内の中国恒大集団と恒大物業(Evergrande Property Services Group)の株式1株につき0.01香港ドルの価値を割り当てた、とブルームバーグが報じた。

編集部

中国の資産運用大手である華安基金管理有限公司が運営する上場投資信託(ETF)は、ポートフォリオ内の中国恒大集団と恒大物業(Evergrande Property Services Group)の株式1株につき0.01香港ドルの価値を割り当てた、とブルームバーグが報じた。

報道によると、同様の問題は、中国の多くの不動産会社で発生し、世茂集団控股有限公司は10億ドルの債券を不履行にし、華安は世茂の評価額を3月31日の終値から約3分の2に切り下げた。これらの不動産会社の公開市場での株価は、2021年の監査済み決算を開示しなかったため、依然として停止している。

未完成の住宅の購入者がさらなる住宅ローンの支払いを拒否するケースが増加し、不動産会社のキャッシュフローが前年1−7月との比較で20%減ったとの試算もある。