不動産

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

金利の嵐に最も左右されるのはどの住宅市場か?

多くのエコノミストは、2008年のような世界的な不動産暴落はあり得ないと考えている。金融危機以来、家計は強化され、融資基準も厳しくなっている。ただ、住宅ローン返済額上昇の痛手が大きい地域とそうでない地域がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中銀カプセルタワービルを壊すことはいいことだ - ギアロイド・レイディ

歴史のある中銀カプセルタワービルの取り壊しが始まった。このような短いサイクルで古い建物を間引いていく政策のおかげで、日本の首都は常に再生され、不動産はより安全で、より手頃な価格になっている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

空前の高騰を示した米住宅市場が沈静化の兆し

米連邦準備制度理事会(FRB)が3月に主要金利の引き上げを決定したことを受けて住宅ローン費用が急増し、熱気あふれる住宅市場は冷え込み始めた。初期兆候がいくつかあり、金利の影響で年内の価格上昇率は鈍化すると予測されている。

吉田拓史
無料会員 公開

AI不動産仲介iBuyersの不都合な真実

近年、不動産市場の破壊者として日本でも採用の兆しがあるiBuyers。しかし、最近の研究によると、賢く立ち回る仲介業者が増えただけで、市場を効率化する救世主ではないことがわかっている。

吉田拓史
無料会員 公開

ベイエリアは失敗都市 - テスラがテキサスに移転した理由

テックで稼ぐも住宅政策は崩壊