テスラがビットコインを売却 「中国の不確実性に対処するため」
2021年8月13日、ブランデンブルク、グリューンハイデ。プレスイベントでテスラ・ギガファクトリーの鋳造工場に立つテスラCEOのイーロン・マスク。Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB (Photo by Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images)

テスラがビットコインを売却 「中国の不確実性に対処するため」

テスラは第2四半期決算報告書に同社が保有するビットコインの75%(約9億3,600万ドル相当)を売却したと記載した。「中国でのコロナ・ロックダウンがいつ緩和されるかが不明だったからだ」とイーロン・マスクは説明している。

編集部

テスラは第2四半期決算報告書に同社が保有するビットコインの75%(約9億3,600万ドル相当)を売却したと記載した。

テスラCEOのイーロン・マスクは、 20日の決算説明会で理由について説明した。「我々が保有するビットコインの束を売却した理由は、中国でのコロナ・ロックダウンがいつ緩和されるかが不明だったからだ」とマスクは電話会議で述べている。「だから、中国でのコロナ・ロックダウンの不確実性を考えると、私たちのキャッシュポジションを最大化することが重要だった」

中国は5月末に主要都市でのコロナ規制を緩和したが、北京やその他の主要地域で感染者が急増したため、数週間後に政府は規制を再施行した。今月初めには、上海で大規模な検査と監禁が実施されました。

その結果、中国の「ゼロ・コロナ政策」は再び試練に立たされ、より大きな経済的逆風をもたらすという新たな警戒を促している。

同社はテルサが実現利益のためにそのビットコインの売却益で人員削減に関連するリストラ費用を賄ったと説明している。マスクは、テスラは将来的にコインの保有量を増やすことに前向きであると述べた。「これはビットコインに対する何らかの評決と受け止めるべきではない」と話し、テスラが保有するドージコインを一切売却していないことを付け加えた。

その後の質疑応答でマスクは、クリプト(暗号通貨)は同社にとって重要性は低く、「余興の余興」であると語った。テスラの第一の目標は「持続可能なエネルギーの出現を加速させること」であると話している。

EV