EV

電気自動車(EV)は1つまたは複数の電気モーターまたはトラクションモーターを推進に使用する車両である。電気自動車は、集電システムを介して車両外の電源から電気を供給する場合と、燃料を電気に変換するためのバッテリー、太陽電池パネル、燃料電池、発電機を備えた自己完結型の場合がある。EVには、道路・鉄道車両、陸上・水中の船舶、電気航空機、電気宇宙船などが含まれるが、これらに限定されない。

編集部
無料会員 公開

コバルト需要、EVがスマホを抜く

リチウムイオン電池に使用されるレアメタルであるコバルトの主な需要先として、昨年初めて電気自動車(EV)がスマートフォンやパソコンを抜いた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

GMのクルーズとブライトドロップが自律走行電気バンを開発

ゼネラル・モーターズ(GM)が傘下に置く自動運転スタートアップのクルーズが、自律走行型配送車の開発計画でGMの電気バン事業者ブライトドロップと協力していると、関係者が明らかにした。

ブルームバーグ
無料会員 公開

イーロン・マスク、テスラへの関心持続を強調

イーロン・マスクは「私が役に立つ限り」テスラに留まると述べ、ソーシャルメディアへの進出によって世界一の富豪が電気自動車会社に注ぐ注目度が損なわれるのではないかという懸念を払拭した。

編集部
無料会員 公開

テスラ、スパコンの機密情報を盗んだとして元エンジニアを提訴

テスラは、Project Dojoと呼ばれる同社のスーパーコンピュータ技術に関する「機密かつ厳重に守られた」情報を盗んだとして、元エンジニアのアレクサンダー・ヤツコフを提訴した。

吉田拓史
無料会員 公開

マスクのTwitter買収でテスラのリスクが増す

イーロン・マスクがTwitterを買収した際にテスラ株を担保とした融資を受けたことで、マスクがテスラ株を大量に売らないといけない潜在的なシナリオが付け加えられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

イーロン・マスクが40億ドルのテスラ株を売却、今後は売却しないことを約束

イーロン・マスクは、Twitterの買収という440億ドルの超大型案件を発表した後、テスラ社株を約40億ドル分売却した。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラ、過去最高利益の衝撃: 止まらない生産能力増強と多様化する収益源

テスラは第1四半期の利益が過去最高に到達し、他の追随を許さない。同社はソフトウェアやロボタクシーという次のビジネスの柱にも言及し、充電ネットワークやリチウムの確保など優位性を確実にする戦略も示した。無敵のムードを帯びている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、過去最高益を達成、2022年の生産量も大幅増を見込む

テスラは、電気自動車への強い需要に支えられ、予想を上回る第1四半期決算を発表した。イーロン・マスクは、サプライチェーンの課題にもかかわらず、残りの期間も生産量は速いペースで増加すると予測している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ホンダ三部CEO、電気自動車に400億ドルを賭ける

昨年、本田技研工業のCEOに就任した三部敏宏は、ホンダは今後10年間で電気自動車の普及に5兆円(400億ドル)を投じ、2030年までに30車種の電気自動車を導入し、年間200万台以上の生産台数を目指すとブルームバーグに対し語った。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界のEV保有台数がまもなく2,000万台を突破

ブルームバーグNEF(BNEF)の推計によると、6月には、世界で2,000万台のプラグイン車(BEVとプラグインハイブリッド)が路面を走行する。2016年にはわずか100万台のEVしか走っていなかったのが、目覚ましい成長だ。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラ、リチウム採掘と精製に参入も

テスラのイーロン・マスクCEOは4月8日、個人のTwitterアカウントを通じて、電池を作るための重要な金属のコストが非常に高くなっているため、テスラが大規模にリチウムの採掘と精製に参入する可能性があると述べた。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

EV新興企業が直面する最も困難な課題: 自動車を作ること

雨後の筍のように現れたEV新興企業は、自動車を作ることはとても難しいという課題に直面している。投資家は次のテスラを見つけることを期待して大きく賭けているが、多くのEV企業は生産プロセスをうまく機能させるのに苦労している。