EV

電気自動車(EV)は1つまたは複数の電気モーターまたはトラクションモーターを推進に使用する車両である。電気自動車は、集電システムを介して車両外の電源から電気を供給する場合と、燃料を電気に変換するためのバッテリー、太陽電池パネル、燃料電池、発電機を備えた自己完結型の場合がある。EVには、道路・鉄道車両、陸上・水中の船舶、電気航空機、電気宇宙船などが含まれるが、これらに限定されない。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラの弱気予想、今年のEV業界の軟調をほのめかす

テスラは過去最高益を上げたものの、今年の生産・納車台数については弱気な見通しを示した。これは、急速なEV市場の成長が一時的に軟化するシグナルだろうか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的なEVの普及で自動車メーカーのグリーンボンド販売が倍増する可能性

ブルームバーグ・インテリジェンスによると、電気自動車への移行を目指す自動車メーカーは今年、世界で約280億ドルのグリーンボンドを借り入れる可能性があり、昨年の調達額の2倍に上る。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、ネバダの電池とトラック生産工場に36億ドルを投資

テスラは、ネバダ州リノの既存生産拠点の近くに、電気自動車(EV)用電池と全電気駆動の大型トラック「セミ」を製造する2つの新工場に36億ドルを投じる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドEV市場はSUVの天下

穴のあいた道路や交通の便の悪さで知られるインドで、大型車の保有を望む消費者が増えている中、自動車メーカーは低価格の電池駆動SUVに賭けて、芽生えつつあるEV市場の取り込みを図ろうとしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドでEV需要が停滞する理由―Anjani Trivedi

インドは現在、世界の自動車市場のトップ3に名を連ねている。世界的な圧力により、よりクリーンな電気自動車(EV)に軸足を移しつつあるにもかかわらず、内燃機関自動車がその牽引役となっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、会社史上初の価格競争で攻守交替

テスラが米国と欧州で大幅な値下げを行ったことについては、いくつかの見方がある。懐疑派にとっては、自動車メーカーが注文を集めるのに苦労していたことは明らかだ。

吉田拓史
無料会員 公開

世界の自動車販売、10台に1台はEVに

2022年は電気自動車(EV)の普及が加速した。自動車販売の10%はEVとなり、今後この割合は拡大すると予想されている。欧米中における積極的な補助金政策と、供給側のEVシフトが進み、テスラ一強ではない世界へと向かっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラとBYD、インドネシアのEV市場に投資するための契約を締結

テスラや中国の自動車メーカーBYD、韓国の現代自動車が、インドネシアの電気自動車産業への投資に向けて最終調整に入ったと、ある高官が述べた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

BYD、EV世界販売でテスラに挑む

Bloomberg NEF(BNEF)は2023年の電気自動車(EV)市場について、ペースは落ちるものの販売は成長を続ける、プラグインのトラックとバンは大きな年になる、世界の充電ステーション網は着実に拡大を続けるという3つの予測を提示した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

リチウムの次の大きなリスクは大規模な供給計画が頓挫すること

電気自動車(EV)メーカーは、2年間にわたるリチウムの供給不足から拡張計画が緩和されることを期待しているが、アナリストたちは、生産者が供給を怠ればさらなる痛みが待っていると警告している。

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAと鴻海の協業が意味すること

鴻海のEVプラットフォームにNVIDIAのSoCがデフォルトで組み込まれることになった。NVIDIAが、自律走行をめぐるチップとソフトウェアの陣地を広げたことを意味する。

吉田拓史
無料会員 公開

「ネットワーク化された電池」としてEVの価値

今後のEV普及を見越して、V2G(ビークル・トゥ・グリッド)が脚光を浴びている。再エネの余剰電力を貯蔵し、電力システムが受給を調整するのを支援する「電池ネットワーク」はいずれ当たり前になるかもしれない。