EV

電気自動車(EV)は1つまたは複数の電気モーターまたはトラクションモーターを推進に使用する車両である。電気自動車は、集電システムを介して車両外の電源から電気を供給する場合と、燃料を電気に変換するためのバッテリー、太陽電池パネル、燃料電池、発電機を備えた自己完結型の場合がある。EVには、道路・鉄道車両、陸上・水中の船舶、電気航空機、電気宇宙船などが含まれるが、これらに限定されない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

遅延するEVシフト:北米の自動車生産台数のわずか4%

電気自動車(EV)の購入を考えている人にとって、重要な計算がある。米国のドライバーの約4分の1がEVを望んでいるが、米国の工場から出荷される自動車のうち、その条件に合致するのはわずか4%である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アジアの自動車産業の中心地タイがEVに挑戦 - Tim Culpan

電気自動車(EV)が内燃機関に取って代わり始めた今、タイはグローバル産業での地位を維持するために、再び海外パートナーに目を向けている。20世紀半ばに米国のフォードや日本のトヨタがこの分野を牽引してきたのに対し、台湾の鴻海や中国のBYD、CATLといった新しい企業が、現在熱心に支援を求めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

車買いすぎの米国人、EVでも同じ傾向

車の買いすぎは、EVの出現以前からのアメリカの伝統だ。米国は結局のところ、ハマーがショッピングモールに行くのに適した車になると判断した国なのだ。しかし、内燃機関車の買いすぎは、通常、必要以上の座席、荷室、馬力を手に入れることを意味するが、EVの場合は、電池を手に入れすぎることを意味する。

編集部
無料会員 公開

夜間のEV充電は電気供給を壊しかねない:スタンフォード大学の研究結果

スタンフォード大学の新しい研究によると、現在の電気自動車(EV)充電を自宅から職場、夜から昼にシフトすることでコストを削減し、電気系統を助けることができるという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラはEV充電器のコストで競合他社を圧倒している

テスラは昨年は約1万1,000基のスーパーチャージャーを設置し、1基あたり平均約10基、中には50基を超えるものもあり、ほとんどの競合他社を圧倒している。充電器には画面や決済端末がなく、コストと複雑さを削減しており、自動車メーカーは設置の簡素化でリードしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界最大のEV用電池メーカーが欧州に第3工場を検討中

電気自動車(EV)用電池の世界最大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は欧州に第3工場を検討していると、同地域の同社社長が述べた。内部での話し合いはすでに進行中であるという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

2030年までに米自動車販売台数の半分以上がEVへ

ブルームバーグNEFのレポートによると、ジョー・バイデン大統領によって制定された3,740億ドルの新たな気候変動対策に含まれる消費者インセンティブもあって、米国で販売される乗用車の半分強が2030年までに電気自動車(EV)になるという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

VWのソフトウェア問題が示す、iOSやAndroidに似たクルマの未来

すべての自動車メーカーがソフトウェアの専門知識を蓄積していくでしょうが、すべての中堅メーカーが独自のオペレーティングシステムを開発し、最新の状態に保つことは、最も賢い方法ではないことに気づくだろう。最終的には少数の勝者に収斂されていく。

吉田拓史
無料会員 公開

駐米中国大使、EV供給網から自国を切り離す動きに警鐘を鳴らす

中国の駐米大使は、デトロイト自動車ショーへの訪問を機に、世界2大経済大国の「絡み合った」利益を強調し、中国を切り離そうとする潜在的リスクに対して警告を発した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国の巨人BYD、海外ではまだ足踏み状態

保証に関する騒動は、オーストラリアでのBYDにとって致命的となるほど大きなものではないが、それでも注意すべき点である。また、新市場への進出には、さまざまな期待や文化的な課題が伴うことも明らかになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

テスラ、テキサス州でリチウム精製を検討:税制優遇措置を求める

テスラはテキサス州湾岸にリチウム精製所の候補地を画策している。テスラはヌイセス郡に「電池用水酸化リチウム精製施設」の建設を検討しており、「北米で初めて」とアピールしているという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

何十億ドルもの損失を出さずにEVは作れる? - Chris Bryant

新興企業が発見しているように、大量生産は顧客からの注文を確保するよりもはるかに難しく、そのために投資家から集めた数十億ドルの資金を使い果たすことになっているのだ。