EV

電気自動車(EV)は1つまたは複数の電気モーターまたはトラクションモーターを推進に使用する車両である。電気自動車は、集電システムを介して車両外の電源から電気を供給する場合と、燃料を電気に変換するためのバッテリー、太陽電池パネル、燃料電池、発電機を備えた自己完結型の場合がある。EVには、道路・鉄道車両、陸上・水中の船舶、電気航空機、電気宇宙船などが含まれるが、これらに限定されない。

Nio、10月の出荷台数が前年同期比109%増
EV

Nio、10月の出荷台数が前年同期比109%増

Nioは1日、11月の販売台数は前年同月比109.3%増の5,291台となり、過去最高を記録したと発表した。これは10月の5,055台から前月比4.7%増となった。4ヶ月連続で過去最高の月間販売台数を記録した。Nioは第3四半期の決算発表で、第4四半期の販売台数を前年同期比100.6%増の106.7%増、前月比32.5%増の39.3%増の16,500~17,000台と予想している。

中国が計画する電動、自律、共有された自動車産業
Battery

中国が計画する電動、自律、共有された自動車産業

中国の自動車製造計画は、「中国製造2025」政策の中で特に注目すべき10の分野の一つであるが、その規模を利用して数量で欧米を追い抜き、競争が激化する国内市場で品質で追いつくことだけに依存しているわけではない。産業政策を利用して、未来への道で欧米を追い越すことを望んでいる。

NIOのバッテリー交換サービスが抱える不確実性
EV

NIOのバッテリー交換サービスが抱える不確実性

NIOの顧客は、車が充電されるのを待つのではなく、NIOのバッテリー交換ステーションの1つで3分以内に空のバッテリーを満充電のバッテリーと交換できるようになります(これまでに143カ所が建設されている)。このアイデアは野心的に聞こえますが、NIOはすでに中国の顧客のために80万回以上の交換を完了しています。

“テスラとその他“の終焉: EV市場の多様化
EV

“テスラとその他“の終焉: EV市場の多様化

現時点でテスラは「頂点の捕食者」だ。テスラは、他のどの自動車メーカーよりも長くEVを大規模に製造しており、EVの販売台数も多い。ただ、EV市場の勝者と敗者を見極めるのはまだ早い。テスラでさえ失敗する可能性がある。しかし、少なくともEVはすでにメインストリームになりつつある。

You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア!
Could not sign up! Invalid sign up link.