5Gと新型コロナウイルスを結びつけようとする陰謀論が欧米で広まっています。その陰謀論は、5G技術の実装がパンデミックを引き起こしていると謳っており、英国ではこの陰謀論に騙された人が複数の5G基地局を放火しました。

一部の人々は5Gの設置のために光ファイバーケーブルを敷設する労働者にさえ嫌がらせをしています。彼らは5Gがオンになると "皆殺しにされる "と主張しています。

This is the consequence of those bonkers Facebook conspiracy theories about 5G. Key workers getting harassed on the street. pic.twitter.com/5z35r6sabp— Charlie Haynes (@charliehtweets) April 2, 2020

Facebook、Nextdoor、Instagramで共有された説は広く拡散されており、米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)と連邦通信委員会(FCC)は「5G技術はコロナウイルスを引き起こさない」という明確な声明を出すことになりました。

これらのコロナウイルス5G陰謀説の多くは、積極的な誤情報キャンペーンに由来しています。昨年のニューヨーク・タイムズの報道によると、ロシアのトロールファームが「5Gが健康にあたえる脅威」を積極的に悪用していると警告しています。ロシア政府が出資するテレビネットワークである「RT」は、1年以上前にRTの記者が5Gが "あなたを殺すかもしれない "と主張したレポートを放送しました。

5Gとコロナウイルスを結びつけようとする陰謀論は、どれも意味がありません。ウイルスは5Gにアクセスできない国で広がっているし、5Gからの周波数はあなたの体に害を与えることはできないし、COVID-19は電磁波とは全く関係のない伝染性のウイルスによって引き起こされています。

英国の NHS イングランドの医療ディレクターであるStephen Powis教授は、5Gとコロナウイルスのリンクを「全くのたわごと」と退けています。英国政府はまた、この主張を "危険なナンセンス "と呼びました。

これらの説の中には、新型コロナウイルスが5Gを介して感染するという説や、5Gが免疫系を抑制するという説があります。どちらも真実ではありません。なぜ5Gとウイルスがリンクしていないのかを理解するには、5Gの電波が体の細胞だけにダメージを与えたり、ウイルスを感染させたりするほど強力ではないことを理解する必要があります。それ以前の4Gや3Gのように、5Gで使用される電波は低周波で非電離放射線です。これらは、X線、ガンマ線、紫外線のような電離放射線源に電磁スペクトルとは異なります。

Photo by Brian McGowan on Unsplash