誤情報

誤情報、フェイクニュースは、従来のニュースメディア(印刷および放送)またはオンラインソーシャルメディアを介して拡散された故意の偽情報またはデマ情報で構成されるニュースの形式です。Fake news is a form of news consisting of deliberate disinformation or hoaxes spread via traditional news media (print and broadcast) or online social media.

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウクライナ戦争がフェイスブックとインスタを揺るがした背景

FacebookやInstagramでは、どのような戦争コンテンツが許されるかのルールが次々と変更され、社内の混乱を招いている。ときには大きなミスも犯した。死体の画像や暴力の煽動のような動画は無数に作られ、常に判断を迫られるのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

Web3の誇大広告はいつ崩壊するか?

いつかWeb3をめぐる幻想が崩壊するだろう。ただ、多数派はそれがクールに思えたり、ギャンブルの格好のネタだから夢中になっている。そういう意味でWeb3のいくつかの部分は生存の機会があるだろう。

編集部
無料会員 公開

メタ、反TikTokの架空の噂を共和党系コンサル会社を通じ広める

メタ(Meta)は反TikTokの噂を広めるために共和党系コンサル会社を利用したと非難されている。「教師叩き」や「学校つぶし」の流行をめぐる噂は、コンサル会社がライバルを蹴落とすために仕込んだ中傷だったとされる。

編集部
無料会員 公開

Facebook、大規模なランキングのバグにより有害な投稿をブースト

Facebookは有害コンテンツの表示を阻止する方法として「ダウンランキング」(降格)を喧伝しているが、システムが壊れ、大規模な有害情報の散布が起きていたことが明らかになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ロシア、友好国インドのツイッターでプーチン支持の影響力作戦展開か

ロシアと長い間密接な関係にあったインド。研究者によると、インドのツイッターで行われているクレムリンの主張をおうむ返しするSNS投稿が、ロシアの影響力作戦に当たる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウクライナの情報戦では事実と神話が混ざり合う

ウクライナとロシアは自国の正当化と相手国の戦意をくじくためにソーシャルメディアでの情報線を繰り広げている。SNS時代の情報戦の鍵は、視聴者が情報戦の標的であると同時に参加者であることだ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

Qアノンの仕掛け人の“指紋”を計算言語学者が発見

【ニューヨーク・タイムズ】計算言語学者の別々のチームが機械学習を用いて、匿名の"Q"によるメッセージの作者として、南アフリカのソフトウェア開発者のポール・ファーバーと、この運動のメッセージが掲載されているウェブサイトの運営者ロン・ワトキンスを特定した。

吉田拓史
無料会員 公開

「Facebookは売上を優先し誤情報とヘイト拡散を見逃した」と内部告発

Facebookの元従業員は、同社がプラットフォーム上でのヘイト、暴力、誤情報を抑制するより広告収益を優先してきた経緯を暴露。その証拠として「何万ページもの」文書を提示した。同社はケンブリッジ・アナリティカのスキャンダル以来、最も深刻な危機に陥っている。

編集部
無料会員 公開

Microsoftを含むテック企業がオンラインコンテンツの信頼構築を目的とした標準化グループを設立

Adobe、Arm、BBC、Intel、Microsoft、およびTruepicは、メディア・コンテンツの出典や履歴、または出所を証明するための技術基準を開発することで、誤報、フェイクニュース、オンライン・コンテンツ詐欺の蔓延に対処するために設立された共同開発財団のプロジェクト、Coalition for Content Provenance and Authenticity(C2PA)を結成するために提携した。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンのアルゴリズムがワクチンの誤情報を拡散 - 新研究

ワシントン大学の研究者によると、彼らの調査では、Amazonは書籍、電子書籍、アパレル、健康とパーソナルケアなどのカテゴリに属する健康に関する誤った情報を提供する製品を「大量に」ホストしていることが明らかになった。

吉田拓史
無料会員 公開

Twitterボットは気候変動デマの主な発信源

最新研究によると、トランプ前大統領がパリ協定からの離脱を発表した数週間の間に、ボットではないかと疑われるアカウントが、気候変動に関するツイートの約4分の1を占めていたという。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナ禍のインフォデミックを煽るTwitterボット

コロナウイルスの流行中、Twitterでボットアカウントに遭遇すること可能性は平時よりも高い。カーネギーメロン大学(CMU)の研究者は、パンデミックと自宅待機命令の周りの議論の多くが、ボットを使用した誤情報キャンペーンによって煽られていることを発見した。