誤情報

誤情報、フェイクニュースは、従来のニュースメディア(印刷および放送)またはオンラインソーシャルメディアを介して拡散された故意の偽情報またはデマ情報で構成されるニュースの形式です。Fake news is a form of news consisting of deliberate disinformation or hoaxes spread via traditional news media (print and broadcast) or online social media.

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアはいかにして南半球に影響力作戦を行っているか

9月21日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナとの戦いに参加するため、おそらく30万人の予備兵を召集すると発表した。スペイン語版Facebookページ「RT」(旧称Russia Today)の1,800万人のフォロワーは、その理由を疑う余地もないだろう。プーチンは、ウクライナへの侵攻を国家存亡のための戦争と位置づけ、西側諸国の目標はロシアの「分割と破壊」であると宣言したという。

ブルームバーグ
無料会員 公開

マイクロソフトはSNSで検閲を避け偽情報にラベルを付けない手法を採用

Microsoftは、同社がオンライン上の言論を検閲しようとしていると見られるのを避けるため、ソーシャルメディアの投稿にフェイク(虚偽)とするラベルを貼らない、とブラッド・スミス・プレジデントがブルームバーグ・ニュースとのインタビューで述べている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

偽情報はワシントンの新たなアンタッチャブルな問題となった

偽情報は、ワシントンにおけるもう一つのアンタッチャブルな問題となった。多くの連邦機関が、広く流布している虚偽の情報が国家の安全を脅かしていることに同意している。しかし、党派性の問題がそれ以上物事を進展させない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

Qアノン陰謀論のリーダーが帰還

1年以上の沈黙の後、Qとしてのみ知られているQAnon陰謀論の背後にいる謎の人物が、2022年6月24日(金)、アカウントが最後に登場した匿名掲示板に、以前のQ投稿で使用された固有の識別子で1年以上ぶりに投稿した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

サンドバーグの広告帝国が残した複雑な遺産

フェイスブックの幹部は、個人広告を通じて同社を世界的な大企業に育て上げたが、データ、誤報などに関する盲点が生じた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウクライナ戦争がフェイスブックとインスタを揺るがした背景

FacebookやInstagramでは、どのような戦争コンテンツが許されるかのルールが次々と変更され、社内の混乱を招いている。ときには大きなミスも犯した。死体の画像や暴力の煽動のような動画は無数に作られ、常に判断を迫られるのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

Web3の誇大広告はいつ崩壊するか?

いつかWeb3をめぐる幻想が崩壊するだろう。ただ、多数派はそれがクールに思えたり、ギャンブルの格好のネタだから夢中になっている。そういう意味でWeb3のいくつかの部分は生存の機会があるだろう。

編集部
無料会員 公開

メタ、反TikTokの架空の噂を共和党系コンサル会社を通じ広める

メタ(Meta)は反TikTokの噂を広めるために共和党系コンサル会社を利用したと非難されている。「教師叩き」や「学校つぶし」の流行をめぐる噂は、コンサル会社がライバルを蹴落とすために仕込んだ中傷だったとされる。

編集部
無料会員 公開

Facebook、大規模なランキングのバグにより有害な投稿をブースト

Facebookは有害コンテンツの表示を阻止する方法として「ダウンランキング」(降格)を喧伝しているが、システムが壊れ、大規模な有害情報の散布が起きていたことが明らかになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ロシア、友好国インドのツイッターでプーチン支持の影響力作戦展開か

ロシアと長い間密接な関係にあったインド。研究者によると、インドのツイッターで行われているクレムリンの主張をおうむ返しするSNS投稿が、ロシアの影響力作戦に当たる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウクライナの情報戦では事実と神話が混ざり合う

ウクライナとロシアは自国の正当化と相手国の戦意をくじくためにソーシャルメディアでの情報線を繰り広げている。SNS時代の情報戦の鍵は、視聴者が情報戦の標的であると同時に参加者であることだ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

Qアノンの仕掛け人の“指紋”を計算言語学者が発見

【ニューヨーク・タイムズ】計算言語学者の別々のチームが機械学習を用いて、匿名の"Q"によるメッセージの作者として、南アフリカのソフトウェア開発者のポール・ファーバーと、この運動のメッセージが掲載されているウェブサイトの運営者ロン・ワトキンスを特定した。