メタン排出量が報告値より70%多いことを人工衛星が発見
"20151110-RD-LSC-0947" by USDAgov is licensed under

メタン排出量が報告値より70%多いことを人工衛星が発見

国際エネルギー機関(IEA)が23日に発表した最新のメタン排出に関するレポートによると、石油、ガス、石炭産業からのメタン排出量は、世界中で政府の公式推定値よりも70%多いことが明らかになった。

編集部

国際エネルギー機関(IEA)が23日に発表した最新のメタン排出に関するレポートによると、石油、ガス、石炭産業からのメタン排出量は、世界中で政府の公式推定値よりも70%多いことが明らかになった。エネルギー需要がコロナウイルス感染症による低迷から回復する。

2020年に向けて、この報告書はメタンの監視を改善し、漏れを迅速に塞ぐ必要性を強調している。

石油・ガス会社は、人類が生産するメタンの約40パーセントを作り出している。この目に見えない無臭のガスは、パイプライン、油井、ガス井、そして家庭へのガス供給ラインから発生する。パリに本部を置くエネルギー監視機関IEAは、人工衛星などの最新データを用いて、政府の発表した数値とメタン漏れの実態の間に大きな食い違いがあることを明らかにした。

この報告書によれば、メタンガスに対処することは地球温暖化を抑制する最善の方法の一つであり、ガス価格が過去最高を記録している今、石油・ガス会社はガス漏れを塞ぐことによって利益を得ることさえできるのである。IEAは、昨年、化石燃料産業が漏出させたメタンの量は、ヨーロッパがその電力需要を満たすために燃やしたガスの量に相当すると推定している。IEAのファティ・ビロル事務局長は声明で、「今日の高いガス価格であれば、世界中の石油・ガス事業からの排出のほぼすべてを、正味のコストなしに回避することができるだろう」と述べた。

2021年のメタン排出の内訳. Chart by IEA.
2021年のメタン排出の内訳. Chart by IEA.

天然ガスの主成分であるメタンは、産業革命前からの気温上昇の30%を占めている。また、メタンは比較的短命である。CO2は何世紀も大気中に存在するが、メタンは10年以内に分解される。つまり、メタンを削減することは、近い将来、地球温暖化を遅らせる確実な方法であり、世界が化石燃料を削減する方法を見つけ出すまでの時間を稼ぐことができるのだ。

人工衛星は、世界中の化石燃料のインフラから漏れ出すメタンを発見する上で重要な役割を果たしている。昨年は、テキサス州のパーミアン・ベースンや中央アジアから噴出するメタンを検出した。2021年に衛星が観測した排出量のうち、トルクメニスタンだけで3分の1を占めたと報告書は指摘している。

IEAは、メタンガスの監視や漏洩防止装置の設置、緊急時以外の余剰天然ガスの燃焼やガス抜きを日常的に禁止することで、この問題の大部分を回避できると提言している。この報告書は、石油・ガス産業の排出量の70%以上が既存の技術で対処可能であるとした前回の報告書に基づくものだ。

昨年のグラスゴーでのCOP26で、米国と欧州連合は「グローバル・メタン・プレッジ」を発表し、今後10年間でメタン排出量を30%削減することに合意した。しかし、世界有数のメタン排出国である米国と欧州連合は、メタン排出量を今後10年間で30%削減することに合意した。中国、ロシア、インド、イランである。ロシアは石油・ガス生産によるメタンの最大の発生源だが、そのほとんどは人工衛星から見えない極北に位置しており、ロシアの排出量はIEAの最新の推定値よりもさらに多い可能性があることを示唆している。