アルコール摂取は若者には大きな健康リスクを伴うがメリットはない

ビル・ゲイツの財団が支援する研究イニシアチブは、15~39歳の若年層については、飲酒による健康上のメリットはなく、健康上のリスクのみが存在すると明らかにした。

アルコール摂取は若者には大きな健康リスクを伴うがメリットはない
Photo by Yuri Shirota on Unsplash

ビル・ゲイツの財団が支援する研究イニシアチブは、15~39歳の若年層については、飲酒による健康上のメリットはなく、健康上のリスクのみが存在すると明らかにした。

Lancet誌に掲載されたGlobal Burden of Diseaseの分析によると、 2020年に安全でない量のアルコールを摂取した人は、15~39歳の59.1%、男性は76.7%にのぼるという。

アルコールと疾病の複雑な関係や、世界各地で疾病の背景が異なることから、アルコール摂取のリスクは年齢や地域によって異なるとしている。

40歳以上の成人では、アルコール摂取による健康リスクは年齢や地域によって異なる。この年齢層の人々にとって少量のアルコール(例えば、3.4オンスの赤ワイングラス1杯から2杯)を消費することは、心血管疾患、脳卒中、糖尿病のリスクを減らすなど、いくつかの健康上の利益をもたらす可能性がある。

著者らは、既存の多くのガイドラインが推奨するアルコール摂取量は、すべての地域の若者にとって高すぎることを強調し、年齢別の消費量を強調するようアルコール消費ガイドラインを改訂するよう求めている。また、アルコールを有害に使用する可能性が最も高い40歳以下の男性を対象とした政策を求めている。

この分析によると、若者は高齢者に比べてアルコール摂取による健康リスクが高いことが明らかになりました。これは、地理的地域、年齢、性別、年別にアルコールリスクを報告した初めての研究である。その結果、世界のアルコール消費に関する勧告は、年齢と地域に基づいて行われるべきであり、最も厳しいガイドラインは、世界中で有害なアルコール消費のリスクが最も高い15歳から39歳の男性に向けられることが示唆された。

研究者らは、1990年から2020年の間に15~95歳以上の男女を対象に、204の国と地域の2020 Global Burden of Diseaseデータを用いて、ケガ、心血管疾患、がんなど22の健康アウトカムに対するアルコール摂取のリスクを調査した。これにより、研究者は、ある集団のリスクを最小化する1日の平均的なアルコール摂取量を推定することができた。また、もう一つの重要な数値として、アルコールを全く飲まない人と比較して、どの程度のアルコールを飲めば健康に過剰なリスクを負わずに済むかも推定している。

「私たちのメッセージはシンプルだ。若い人は飲酒を控えるべきだが、高齢者は少量の飲酒で利益を得られる可能性がある。若年層が飲酒を控えるというのは現実的ではないかもしれないが、誰もが自分の健康について十分な情報を得た上で決断できるように、最新のエビデンスを伝えることが重要だと考えている」と、筆頭著者であるワシントン大学医学部健康指標評価研究所(IHME)の健康指標科学教授エマニュエラ・ガキドゥ博士は述べている。

15歳から39歳の人が健康を害する前に飲むべきアルコール量は、1日あたり0.136スタンダードドリンク(1.0スタンダードドリンク=純アルコール10g)だった。その量は、15-39歳の女性では0.273杯(1日あたりスタンダードドリンクの約4分の1)とやや多くなっている。これは、アルコール度数13%の赤ワイン(100ml)、アルコール度数3.5%のビール(375ml)、アルコール度数40%のウィスキーやスピリッツのショット(30ml)に相当するものである。

また、基礎疾患のない40歳以上の成人では、少量の飲酒が虚血性心疾患、脳卒中、糖尿病のリスク低減など、何らかの利益をもたらす可能性があることが示唆されました。一般に、2020年の40~64歳の個人では、安全なアルコール消費レベルは、1日あたり約半分の標準飲料(男性0.527杯、女性0.562杯)からほぼ2標準飲料(男性1.69杯、女性1.82杯)までの範囲であることがわかった。2020年の65歳以上では、1日当たり3杯強のスタンダードドリンクを摂取した時点で、アルコール摂取による健康喪失のリスクに到達した(男性3.19杯、女性3.51杯)。この推定は、基礎疾患のない40歳以上の集団における少量のアルコール摂取が、特に、主に心血管疾患の高い負担に直面している集団において、健康状態の改善と関連している可能性を示唆している。

年齢層別の疾患負荷の分布は地域によって大きく異なり、その結果、特に40歳以上の個人におけるアルコール摂取によるリスクにばらつきが見られた。例えば、北アフリカと中東の55〜59歳では、アルコールに関連する健康リスクの30.7%が心血管疾患、12.6%ががん、1%未満が結核によるものであった。一方、サハラ以南のアフリカ中央部の同じ年齢層では、アルコール関連の健康リスクの20%が心臓血管疾患、9.8%ががん、10.1%が結核に起因していた。その結果、健康喪失のリスクを負う前のこの年齢層の消費レベルは、北アフリカと中東では0.876杯(ほぼ1日当たり標準的な飲み物)、中央サハラ以南のアフリカでは0.596杯(1日当たり標準的な飲み物の約半分)であることがわかった。

全体として、成人の推奨アルコール摂取量は、地域、年齢、性別、年に関係なく、1日あたり0~1.87杯と低い水準にとどまった。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)