裁判官の判決はウィキペディア頼り?
Created by Midjourney

裁判官の判決はウィキペディア頼り?

新研究は、裁判官がその法的判断においてWikipediaの判例記事に依存している可能性を指摘した。Wikipediaを操作して裁判官の判断に影響を与えようとする悪意の攻撃を受ける可能性があるかもしれない。

編集部

新研究は、裁判官がその法的判断においてWikipediaの判例記事に依存している可能性を指摘した。Wikipediaを操作して裁判官の判断に影響を与えようとする悪意の攻撃を受ける可能性があるかもしれない。

MITのコンピュータ科学・AI研究所(CSAIL)のニール・トンプソン率いる研究は、裁判官がWikipediaの記事を持つ法的事例を引用する可能性が高いことを発見した。

この研究では、アイルランドの裁判官に対するWikipediaの影響に焦点を当てた。アイルランドは、米国や英国などの他のコモン・ロー制度と重要な類似点を共有している。特に、下級審は上級審の判決に拘束され、裁判官は適用される法原則を決定するために過去の事例を引用する。

また、米国とは異なり、アイルランドの裁判所で下された判決はWikipediaではほとんど取り上げられていないため、新しい項目が与える影響を分析することが容易になっていると論文は指摘している。

研究者たちは、アイルランドの最高裁判例に関する154の新しいWikipedia項目を作成した。そのほとんどは、教員の指導の下、法学部の学生が執筆したものである。

Wikipedia記事の半分は、裁判官、事務官、弁護士がアクセスできるWikipediaにアップロードするために無作為に選ばれた。 残りの半分はオフラインで保存された。これは、サイトにエントリーがない場合に何が起こるかを示す反実仮想的な根拠を提供するものであった。

アップロードされたWikipedia記事は、検索エンジンで非常に注目された。「私たちのWikipediaの記事は、決定タイトルまたは引用だけで検索した場合、ほぼすべてのケースでGoogle、Bing、またはDuckDuckGoの最初の検索結果だった」と研究著者は書いている。

次に研究チームは、その記事が司法判断でどの程度の頻度で引用されているかを追跡した。さらに、判決文の論旨がWikipediaのページと一致しているかどうかを測定した。

その結果、アイルランドでは、Wikipediaの記事がある事件の引用を20%以上増加させることが判明した。これは、Wikipediaが仕事量の多い裁判官や書記官によってより多く利用されていることを示唆している。

驚くべきことに、Wikipediaの項目で使用されている言語は、司法判断で使用される実際の議論に影響を与えることが示された。

Wikipediaのページがある裁判(㊨)とない裁判(㊧)の平均被引用数の差。出典:Thompson et al(2022).

この発見は、司法の判断が信頼できない情報によって形成されているのではないかという懸念を呼び起こしうる。また、Wikipediaのオープン性により、法的判断が操作される可能性もある。

「資金力のある訴訟代理人は、訴訟の初期段階で、裁判官やその事務員の注意を引くことを期待して、関連する判例の独自の分析をWikipediaの記事に匿名で組み込むよう弁護団に働きかけることができる」と、著者は警鐘を鳴らしている。

参考文献

  1. Thompson, Neil and Flanagan, Brian and Richardson, Edana and McKenzie, Brian and Luo, Xueyun, Trial by Internet: A Randomized Field Experiment on Wikipedia’s Influence on Judges’ Legal Reasoning (July 27, 2022). Forthcoming in Cambridge Handbook of Experimental Jurisprudence, editor Kevin Tobia, Cambridge University Press, Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=4174200 or http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.4174200