裁判官の判決はウィキペディア頼り?

新研究は、裁判官がその法的判断においてWikipediaの判例記事に依存している可能性を指摘した。Wikipediaを操作して裁判官の判断に影響を与えようとする悪意の攻撃を受ける可能性があるかもしれない。

裁判官の判決はウィキペディア頼り?
Created by Midjourney

新研究は、裁判官がその法的判断においてWikipediaの判例記事に依存している可能性を指摘した。Wikipediaを操作して裁判官の判断に影響を与えようとする悪意の攻撃を受ける可能性があるかもしれない。

MITのコンピュータ科学・AI研究所(CSAIL)のニール・トンプソン率いる研究は、裁判官がWikipediaの記事を持つ法的事例を引用する可能性が高いことを発見した。

この研究では、アイルランドの裁判官に対するWikipediaの影響に焦点を当てた。アイルランドは、米国や英国などの他のコモン・ロー制度と重要な類似点を共有している。特に、下級審は上級審の判決に拘束され、裁判官は適用される法原則を決定するために過去の事例を引用する。

また、米国とは異なり、アイルランドの裁判所で下された判決はWikipediaではほとんど取り上げられていないため、新しい項目が与える影響を分析することが容易になっていると論文は指摘している。

研究者たちは、アイルランドの最高裁判例に関する154の新しいWikipedia項目を作成した。そのほとんどは、教員の指導の下、法学部の学生が執筆したものである。

Wikipedia記事の半分は、裁判官、事務官、弁護士がアクセスできるWikipediaにアップロードするために無作為に選ばれた。 残りの半分はオフラインで保存された。これは、サイトにエントリーがない場合に何が起こるかを示す反実仮想的な根拠を提供するものであった。

アップロードされたWikipedia記事は、検索エンジンで非常に注目された。「私たちのWikipediaの記事は、決定タイトルまたは引用だけで検索した場合、ほぼすべてのケースでGoogle、Bing、またはDuckDuckGoの最初の検索結果だった」と研究著者は書いている。

次に研究チームは、その記事が司法判断でどの程度の頻度で引用されているかを追跡した。さらに、判決文の論旨がWikipediaのページと一致しているかどうかを測定した。

その結果、アイルランドでは、Wikipediaの記事がある事件の引用を20%以上増加させることが判明した。これは、Wikipediaが仕事量の多い裁判官や書記官によってより多く利用されていることを示唆している。

驚くべきことに、Wikipediaの項目で使用されている言語は、司法判断で使用される実際の議論に影響を与えることが示された。

Wikipediaのページがある裁判(㊨)とない裁判(㊧)の平均被引用数の差。出典:Thompson et al(2022).

この発見は、司法の判断が信頼できない情報によって形成されているのではないかという懸念を呼び起こしうる。また、Wikipediaのオープン性により、法的判断が操作される可能性もある。

「資金力のある訴訟代理人は、訴訟の初期段階で、裁判官やその事務員の注意を引くことを期待して、関連する判例の独自の分析をWikipediaの記事に匿名で組み込むよう弁護団に働きかけることができる」と、著者は警鐘を鳴らしている。

参考文献

  1. Thompson, Neil and Flanagan, Brian and Richardson, Edana and McKenzie, Brian and Luo, Xueyun, Trial by Internet: A Randomized Field Experiment on Wikipedia’s Influence on Judges’ Legal Reasoning (July 27, 2022). Forthcoming in Cambridge Handbook of Experimental Jurisprudence, editor Kevin Tobia, Cambridge University Press, Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=4174200 or http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.4174200

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)