ディープラーニングを覆す光学チップ
Photo by Agung Raharja on Unsplash

ディープラーニングを覆す光学チップ

ペンシルバニア大学の電気工学者であるFirooz Aflatouni准教授らのチームは、光の力を使って毎秒数十億の画像を高精度で分析できるフォトニック・ディープ・ニューラル・ネットワーク・プロセッサを開発したと発表した。

編集部

ペンシルバニア大学の電気工学者であるFirooz Aflatouni准教授らのチームは、光の力を使って毎秒数十億の画像を高精度で分析できるフォトニック・ディープ・ニューラル・ネットワーク・プロセッサを開発したと発表した。

このチップは特定のパターンを認識するように訓練された脳神経細胞をシミュレートすることによってデータを処理するものである。これは、物体検出、顔認識、音声認識など、さまざまなアプリケーションに有用だ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン