米規制当局が初の小型原子炉の設計を認証へ
NuScaleの小型モジュール原子炉(SMR)のイメージ図。出典:NuScale

米規制当局が初の小型原子炉の設計を認証へ

原子力規制委員会(NRC)は7月29日日、新しい原子炉の設計を認証すると発表した。この設計はコンパクトなモジュール式原子炉で、中央で組み立てた後、使用する場所に運ぶことができる。ニュースケール(NuScale)社が開発した。

編集部

原子力規制委員会(NRC)は7月29日日、新しい原子炉の設計を認証すると発表した。この設計はコンパクトなモジュール式原子炉で、中央で組み立てた後、使用する場所に運ぶことができる。ニュースケール(NuScale)社が開発した。

公開されれば、NuScaleの小型モジュール原子炉(SMR)は、規制機関が米国で使用するために発行した7番目の原子炉設計認証となる。NRCが認証した他の原子炉設計には、沸騰水型原子炉、システム80+、AP600、AP1000、高経済性単純化沸騰水型原子炉、APR1400がある。

SMRは、大型原子力発電所の建設コストが非常に高いという問題の多くを回避できるとして推進されてきた。小型のため、工場で組み立てた後、運転する場所に輸送することができ、現地でのカスタムメイドの建設に伴う多くの問題を排除することができる。さらに、問題が発生しても原子炉を停止させるためにオペレーターの操作が必要ないパッシブセーフティを可能にする構造になっている。

SMR設計の多くは、原子炉燃料に溶融ウラン塩を使用するなど、従来の原子炉とは異なる技術を採用している。NuScaleは、燃料と制御棒、エネルギーの輸送に沸騰水を使用する、より伝統的な設計となっている。原子炉全体を大きな水のプールに設置し、停電時には制御棒を重力で原子炉に挿入し、外部の水源から対流冷却を行うなど、運転員不要の安全性を備えている。NuScaleは2016年に認証プロセスを開始していた。