エネルギー

石油や天然ガスは、植物や動物の死骸が地層に埋まり、何百万年もかけて熱と圧力を受けてできたものである。この2種類の化石燃料は、何十年もの間、世界の主要なエネルギー源となっている。近年では持続可能性の達成が国際的なイシューとなり再生可能エネルギーの利用が加速している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界の大企業の9割が1つ以上の資産を気候変動リスクにさらしている

「S&P Global Sustainable1」が提供するデータによると、2050年代までに世界の大企業の90%以上が、山火事や洪水などの気候リスクにさらされる資産を少なくとも1つは保有することになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

カリフォルニア州の炭素排出削減に立ちはだかる課題

カリフォルニア州は2045年までに温室効果ガスの純排出量をなくすことを目指しているが、深刻化する熱波に対して電気を供給し続けることに苦労している。電化は相応のコストを伴う。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー市場は今回の危機のために作られていない

多くの人は、変動する物価を嫌う。価格が下がり過ぎると、企業を脅かしていると見なされる。価格が上がり過ぎると、企業が不当に利益を得ていると見なされる。しかし、経済学者は価格の動きを見て、重要な情報が明らかになるのを見るのである。最近のヨーロッパの電力市場への介入騒動は、この古くからの力学の特に残酷な例である。 ここ数週間、第4四半期の日中の電力先物価格が、ドイツでは一時的にメガワット時あたり1,200ユーロ(約17.3万円)以上、フランスでは2,500ユーロという超高額に急騰している。普段は50ユーロ前後である。理由は簡単で、希少価値があるからだ。メンテナンス(フランス)、閉鎖(ドイツ)、旱魃(大陸全体)で発電能力が失われたため、ガスプラントがどんどん稼働し、ロシアがエネルギー兵器を振り回して以来、その燃料が非常に高価になったのである。 他の均質財の市場と同じように、電力価格は最も高い供給者によって決定される。つまり、原子力発電所や風力発電所のような運転コストの低い発電所でも、ガス発電所のような高値で買い取られることになる。その結果、莫大な利益が生まれ、国民の怒りを買うことにな

ブルームバーグ
無料会員 公開

約54兆円の支援は欧州の冬越えを可能にするか

欧州の家庭はこの冬、膨大なエネルギー料金を食い止めるために少なくとも3,760億ユーロ(約54兆円)の政府支援の恩恵を受けることになるが、この支出は十分な救済をもたらさない恐れがある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ウクライナ侵攻は化石燃料使用を減らしている

ロシアのウクライナ侵攻はクリーンエネルギー投資を加速させ、石炭やガスの電力使用を減らしていると、戦争が世界のエネルギー危機に与える影響を直感的に捉え直した新しい報告書が発表された。

吉田拓史
無料会員 公開

ウランが争奪対象の重要鉱物となる - デビッド・フィクリング

原子力発電の4分の3近くは、ヨーロッパ、北米、アジアの先進国で行われている。しかし、豊かな国々とその同盟国は、これらの原子炉の燃料に必要な年間7万5千トンの酸化ウランのうち、わずか19%しか供給していないのである。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー危機が経済危機に発展するのをどう防ぐか

ロシアのガス、フランスの原子力発電、ノルウェーの水力発電の停止が欧州のエネルギー市場に大混乱をもたらす中、価格が超現実的なものになりつつある。天然ガスの指標価格は先週、30%上昇した。昨年の夏、フランスとドイツの電力先渡取引は1メガワット時あたり100ユーロ(約139円)程度で取引された。それが最近になって1,000ユーロを超えるようになった。その後価格は下がったが、ガスはまだ原油1バレル400ドル程度に相当する価格で取引されている。シェルのボスは、この危機はひと冬では済まないと警告している。 家庭や企業の既存のエネルギー契約が終了し、新たな契約が結ばれるにつれ、その痛みは深刻化し、広がっていくでしょう。欧州中央銀行(ECB)がインフレ対策として金利を引き上げているため、経済への圧迫はさらに強まるだろう。多くのエコノミストが今後数カ月で景気後退に陥ると予測しており、単一通貨は対ドルで過去20年間で最低の水準になろうとしている。加盟国間の不穏な動きや軋轢が予想される。 これまでのところ、欧州委員会の対応は十分に野心的とはいえない。最新の案は、発電に使用するガスの価格に上限を設けるとい

ブルームバーグ
無料会員 公開

エネルギー危機で中小企業を見捨てるな - Javier Blas

ここ数ヶ月、高騰する電気・ガス料金にどう対処するかという公的議論は、主に家計を助けることに焦点が当てられてきた。中小企業のリスクについてはほとんど言及されていない。

編集部
無料会員 公開

台湾、TSMCの旺盛な電力需要に苦しむ

台湾は台湾積体電路製造(TSMC)の旺盛な電力需要を満たすために四苦八苦している。TSMCは台湾のGDPの5%を超える経済の柱で、なおかつ地政学的な重要性を保つための核でもあり、電力を供給しない以外の選択肢はない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的なエネルギー危機がアジアでの原発復権に拍車をかける

アジアでは、世界的なエネルギー危機を背景に、かつて敬遠されていた原子力発電産業に第2の命が吹き込まれつつある。日本と韓国の政府は反原子力政策を撤廃し、中国とインドは将来の供給不足を回避し、排出を抑制するために原子炉の増設を検討している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ロンドンのナイトクラブが電力ガス料金高騰のため倒産する可能性が浮上

英国のナイトライフは、パンデミックの影響でお祭り好きな人々が家に閉じこもり、生き残るのに苦労していたが、生活費の危機がプロモーターや客を圧迫し、再び苦境に立たされている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

天然ガス価格高騰でより環境負荷の高い安価な燃料に需要が向かう

天然ガス価格の高騰が収まる気配がなく、供給が困難になる中、より安価で汚れた代替燃料はエネルギーに貪欲な買い手にとってますます魅力的に見えている。