エネルギー

石油や天然ガスは、植物や動物の死骸が地層に埋まり、何百万年もかけて熱と圧力を受けてできたものである。この2種類の化石燃料は、何十年もの間、世界の主要なエネルギー源となっている。近年では持続可能性の達成が国際的なイシューとなり再生可能エネルギーの利用が加速している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、化石燃料生産量が過去最高を記録、安全保障が気候に優先

中国における2022年の化石燃料生産量は、石炭とガスが過去最高を記録し、急増した。中国は、発電に次ぐ最悪の汚染産業からの排出を抑制するという約束を果たすため、2年連続で減産を行い、鉄鋼部門からの気候に関する朗報を打ち消した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

原子力発電に回帰する日本

女川原子力発電所の敷地内からは、海岸に打ち寄せる波の音が聞こえてくる。2011年3月11日、巨大地震が引き起こした大津波が日本の東海岸に押し寄せた悲劇を思い起こさせるのだ。女川原発は無事停止したが、180km離れた福島第一原発はメルトダウンに見舞われた。震災後、日本はすべての原子炉を停止させ、その後、ほんの一握りの原子炉が再稼働している。女川原発もそのひとつだ。 この状況はまもなく変わる。女川原発は最近、高さ29メートルの防潮堤を新たに設置したこともあり、震災後に設置された独立規制機関から安全性に関するお墨付きをもらった。2020年には、地元自治体も再稼働に同意している。発電所を運営する東北電力は、(いくつかの修理を終えた後)来年初めには再び発電を開始できるだろう。女川町の須田善明町長は、「最近、電力不足と資源費の高騰で、日本中の人が考えるようになりました。大量のエネルギーを安定的に供給する方法は他にないのか。大局的に見れば、原発は必要なのです」と言う。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

湾岸諸国の石油メジャーがクリーンエネルギーに賭ける理由

アラブ首長国連邦は豊かな化石の恵みの上にある。国営石油会社であるADNOCは、世界有数の炭化水素生産国である。2ヶ月前、アラブ首長国連邦(UAE)は約14万人の代表者を迎え、世界最大の石油とガスの祭典を開催した。過去数十年で最悪のエネルギー危機を背景に、ペルシャ湾の二酸化炭素排出量がいかに大きな衝撃を回避するのに役立ったかについて、同国がほくそ笑むことを多くの人々が期待したことだろう。そのため、UAEのスルターン・アル・ジャーベル産業・先端技術大臣兼ADNOC CEOの基調講演は、より注目されるものとなった。アル・ジャベール氏は、最も褐色の産業であるこの産業の緑化の重要性を繰り返し強調した。「ADNOCは、今日のエネルギーをよりクリーンなものにすると同時に、明日のクリーンエネルギーに投資しているのです」とは強調した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

2023年、欧米の石油戦争戦術の真価が問われる

西側諸国は2月以降、世界価格を急騰させることなく、ロシアの石油輸出収入を削減しようとしてきた。現在、その目的は両方とも達成されつつあるように見える。ロシアはウクライナ侵攻前と同量の石油を輸出しているが、主要品種のウラル原油は世界の指標であるブレントに対して37%のディスカウントで取引されており、モスクワは不利な取引をしていることになる。一方、ブレント原油は1バレル約80ドルという年間最安値まで下落しており(図表参照)、消費者がエネルギー不足に直面する可能性は低くなっている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

フランスの原子力産業は過去の栄光を取り戻せるか?

フランスはもはやかつてのような産業大国ではなく、新しい大学や溶接技能専門学校の候補者は限られている。すでにこの分野で働いている22万人以上に、必要な熟練労働者を確保するのは難しいかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

エネルギー市場を揺るがす西側諸国のロシア産原油への上限価格設定

2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、米国のエネルギー政策は2つの壮大で一見矛盾する目的を追求してきた。1つは、価格が許容範囲にとどまり、制裁に対する国民の支持を強く維持できるよう、世界の石油供給を高く保つことである。もうひとつは、原油を売って得たドルの流れを止めることで、プーチンの戦争マシーンを窒息させることである。というのも、新規生産が少ない中で、供給が需要に密接に追いついているため、石油を市場から排除すれば、機械的に価格上昇を引き起こすからである。それにもかかわらず、西側諸国はこの物理法則に逆らうべく、石油市場に干渉する手段を次々と編み出している。 これまで展開されてきたものは、しばしば断片的で、不快な妥協を伴うものだった。ベネズエラの強権的な政権に対する自国の制裁を破って、米国は11月26日、米大手石油会社シェブロンに同国での生産を拡大する許可を与えた。また、戦略的原油備蓄を大量に放出し、1984年以来の低水準になった。ホワイトハウスの最も生産的でない努力は、湾岸諸国をおだてて石油を増産させることであった。7月にリヤドでジョー・バイデン大統領がサウジの事実上の支配者であるム

ブルームバーグ
無料会員 公開

欧州の厳冬はエネルギーシステムに大きな試練をもたらす

比較的穏やかだった11月を経て、今月は欧州全域の気温が急落しそうだ。天然ガス供給への圧力が高まり、同地域の脆弱なエネルギー網が試されることになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

英国の大規模水力発電プロジェクトが官僚主義で停滞

英国は、スコットランドのハイランド地方から水を引くことで、100万世帯分の電力を供給できる再生可能エネルギーを追加できるが、それを目指す2つの大規模プロジェクトは、少なくとも2024年まで政府のお役所仕事に絡め取られることになりそうだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界最大の核融合プロジェクト、部品に亀裂が生じ遅延

核融合が無限のクリーンエネルギーを生み出せるかどうかを証明する230億ドル規模のプロジェクトで、銀を塗った重要部品に亀裂が入り、新たな遅れとコスト超過が発生している。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー危機のコストと影響は拡大中

ちょうど5カ月前、ロシアからの天然ガスの流量が激減し、配給制と経済的荒廃が迫るなか、EUは加盟国に対し、11月1日までにガス貯蔵施設を少なくとも80%を満たすよう命じる布告を承認した。そして、その目標はあっさりと達成された。現在、貯蔵施設は95%埋まっており、さらに多くのガスがヨーロッパ沿岸で待機しているタンカーから積み降ろされるのを待っている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

欧州のエネルギー危機はまだ終わっていない

10月中旬、スペイン沿岸で、ゆっくりとした動きのいくつものメタルドームが水平線に浮かび上がった。それは、過冷却された液化天然ガス(LNG)を積んだタンカーで、大陸を横断する前に液体燃料をガスに変える「再ガス化」ターミナルへの配送を待っているところであった。イベリア半島にはヨーロッパ最大の施設があるが、他の地域でも混雑が始まっている。データ会社Kplerによると、ヨーロッパの沿岸に到着するLNGの量は、8月の14万トンから、120万トンまで増えている。今の所、少なくとも乗組員がリラックスできるような美しい天候に恵まれている。ヨーロッパ全土で季節外れの暖かさが続いており、南スペインでは30度を超える日が続いているのだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界最大級の炭素回収プラントが着工―米石油・ガス大手オクシデンタル

米石油・ガス大手オクシデンタル・ペトロリアムとカナダの新興企業カーボン・エンジニアリングは、米テキサス州およびニューメキシコ州に跨るパーミアン・ベースンに年間50万トンの二酸化炭素を取り込むプラントの建設地を準備している。