電子機器の製造拠点は中国から「緩慢」に移転している

電子機器のサプライチェーンが、インドやベトナムのような中国の外側へと少しずつ分散し始めている。一方、中国企業は技術力を伸ばし、より付加価値の高いプロセスへと軸足を移しつつある。

電子機器の製造拠点は中国から「緩慢」に移転している
2022年9月16日(金)、米ニューヨークのアップル5番街店内で買い物客と自撮りするAppleのティム・クック最高経営責任者(右)。Jeenah Moon/Bloomberg

電子機器のサプライチェーンが、インドやベトナムのような中国の外側へと少しずつ分散し始めている。一方、中国企業は技術力を伸ばし、より付加価値の高いプロセスへと軸足を移しつつある。


Appleは26日、iPhone 14をインドで組み立てていると発表した。Appleの主要なiPhone組み立て会社で、世界最大の電子機器メーカーである鴻海精密工業は、チェンナイ郊外にあるスリペルブデュール工場でこのデバイスを製造している。

フィナンシャル・タイムズが引用したAppleの計画に詳しい2人の関係者によると、このiPhone 14は鴻海とペガトロン(和碩聯合科技股分有限公司)、および隣国のカルナタカ州に工場を持つウィストロン(緯創資通)によって組み立てられるという。

JPモルガンのアナリストは今月のメモで、Appleは2022年後半までにiPhone 14の世界生産の5%をインドに移すだろうと述べている。また、Appleは2025年までに全iPhoneの25%をインドで生産する可能性があるとJPモルガンは述べている。

シンガポール紙のストレーツ・タイムズは、インドから輸出されるiPhoneは、2021年の750万台から、2022年には1,100万〜1,200万台程度になると予測されているとし、また、国産iPhoneは、国内需要の85%を満たすことになるという。2021年には10〜15%しか供給できていなかった。

インドは中国から撤退する電子機器メーカーの競争相手として浮上している。例えば、鴻海が、インドのVedanta Groupと1兆5,400億ルピー(約2.73兆円)の合弁事業を開始し、西部のグジャラート州で半導体を製造する計画を進めている。

シンガポールのチップメーカー、IGSS Venturesは今年初め、インド南部のタミルナドゥ州と半導体製造工場の建設に関する覚書を締結、今年の第4四半期までに拘束力のある契約を締結し、2025年初めまでに生産を開始することを目指している。

中国は長い間、ハイテク電子機器の世界的な工場であり、高スキルの労働者の軍団と次のホットなデバイスの需要を処理するための生産能力を確保する能力において他の追随を許さない存在であった。サプライチェーンの変化はアジア全域に波及し、ベトナムの工業用地価格の高騰、マレーシアの製造業の復活、インドの低賃金労働者の需要の急増を引き起こしている。

2020年初頭に中国でコロナウイルス感染症が発生し、工場が閉鎖されると、Appleなど多くの企業の販売計画に影響が出た。AppleはiPhoneを製造できなくなったため、四半期ごとの販売予測を下方修正しなければならなくなった。

同社のオペレーションチームは、将来的な中国での操業停止に備え、代替の製造拠点を検討し始めたと、ニューヨーク・タイムズのDaisuke WakabayashiとTripp Mickleが引用した3人の元従業員は語っている。

その関係者によると、Appleが2020年のAirPods生産にすでに充てていたベトナムが、大いに議論された選択肢になったという。 それ以来、AppleはベトナムでApple Watchの生産を開始し、iPadの製造の一部を同国へ移している。

他方、中国がより付加価値の高いプロセスで存在感を示すようになっている側面もあるようだ。ニューヨーク・タイムズのTripp Mickleが取材したパンデミック期間中に導入された新しいオペレーションに詳しい4人の関係者とアナリストによると、Appleの中国の従業員とサプライヤーは、これまで以上に、製造設計、スピーカー、バッテリーの側面を含む、iPhoneの15年目の複雑な作業と洗練されたコンポーネントに貢献したそうだ。

この4人の関係者によると、Appleは米国のスタッフを中国に入国させ長期間隔離する代わりに、深センや上海の中国人エンジニアに権限を与え、ベストセラー製品の重要な設計要素をリードするために雇用を増やし始めたという。

中国が低価格の労働者と比類のない生産能力で企業を誘致した後、中国のエンジニアとサプライヤーはサプライチェーンを改善し、米国企業がハイテク製品の開発に費やす資金のより大きな部分を獲得するようになったことを意味する。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)