エレクトロニクス

吉田拓史
無料会員 公開

iPhone生産は中国からインドとベトナムへシフトするか

エレクトロニクス産業の中核的商品であるiPhoneの生産において、Appleが中国依存を分散しようとする機運が高まっている。習近平主席のゼロコロナ政策がインドとベトナムに絶好の機会を与えるかもしれない。

編集部
無料会員 公開

Apple、中国外への生産シフトを画策か

Appleはここ数週間で、長い間支配的だった中国以外に生産をシフトする計画を加速させていると、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、関係者を引用して報じている。

吉田拓史
無料会員 公開

AppleのiPhone生産がゼロコロナ政策で急減

Appleの売上の半分を占めるiPhoneの生産が、中国政府のゼロコロナ政策の影響を受け、低迷を強いられている。大手テクノロジー企業の中で最も安定的だと考えられていたAppleもまた、世界経済の荒波に巻き込まれた。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

米国の制裁下でファーウェイは成功できるのか?

ファーウェイはかつて、止められない存在に見えた。1987年に中国南部の深セン市のアパートで電話交換機を売り始めた中国のテクノロジー企業は、2012年にスウェーデンのエリクソンを抜いて世界最大の通信機器メーカーとなった。2020年にはエリクソンとノキア(フィンランド)の2大ライバルに匹敵する30%の市場シェアを獲得した。また、同年にはサムスンを抜いてスマートフォンの最大手メーカーとなった。また、急成長しているソフトウェアやクラウドコンピューティングの事業は、アメリカのIBMやオラクルと競合し始めている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

Appleの中国との関係の終焉

チェンナイからベンガルールへ向かう埃っぽい道路の脇に、3つの巨大な無名のビルが建っている。交通の喧噪から離れたこの建物は、台湾のメーカー、Foxconnが運営するハイテク施設だ。少し離れたところには、同じく台湾のハイテク企業、ペガトロンが広大な新工場を建てている。フィンランドのガジェット・メーカー、サルコンプもこの近くにある。さらに西に進むと、インドのコングロマリット、タタの500エーカー(約203ヘクタール)に及ぶ工場がある。これらの施設に共通しているのは、「果物の会社」と呼ばれる、要求が厳しく秘密主義の米国企業である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

後継者の李在鎔氏がサムスン会長就任

サムスン電子は、サプライチェーンの危機と地政学的緊張の高まりが世界最大のチップメーカーを揺るがす中、李在鎔氏を韓国最大企業の執行会長に任命し、待望の昇格を果たした。

ブルームバーグ
無料会員 公開

村田製社長、スマホ需要は来年も低調-中国製品の落ち込み響く

村田製作所の中島規巨社長は、需要が減少しているスマートフォン市場について、少なくとも今期(2023年3月期)中に勢いが戻ることはなく、来期も大きな回復は期待できないとの見方を示した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ファーウェイの米国制裁回避を支援する秘密チップの新興企業

米政府がファーウェイを国家安全保障上の脅威としてブラックリストに掲載した際、中国企業は米国の半導体やその他の重要技術の購入から締め出された。今、この制限を回避する方法を手に入れたかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

電子機器の製造拠点は中国から「緩慢」に移転している

電子機器のサプライチェーンが、インドやベトナムのような中国の外側へと少しずつ分散し始めている。一方、中国企業は技術力を伸ばし、より付加価値の高いプロセスへと軸足を移しつつある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国新興スマホメーカーRealme、インド市場を攻略

中国のRealmeは、世界で最も急速に成長している主要スマートフォン市場で、首位のXiaomiとSamsungに迫っている。

編集部
無料会員 公開

AppleのM2搭載の新型Macの詳細がリークで明らかに

BloombergのMark Gurmanによると、Appleは次期M2プロセッサを搭載した9台の新しいMacを開発中であると報じられている。この噂は、AppleがMac Studioをリリースし、M1 Ultraが現行世代のラインナップの最後のチップとなることを発表した直後に出されたものだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

鴻海、部品不足が第1四半期に大幅改善へ

【ブルームバーグ】iPhoneの組み立てメーカー最大手の鴻海は1年以上にわたって電子機器の生産を悩ませてきた部品不足が緩和の兆しを見せていると述べた。あらゆる業界のメーカーにとって心強いシグナルとなる可能性がある。