英病院がAI技術を利用して救急病院の混雑を予測
英テック企業ファカルティがNHSと提携し、救急病院の入院患者数の予測を実現した。ソフトウェアは最大3週間先まで必要なベッド数を予測することができる。少なくとも100の病院事業体で採用される見通し。Photo by Mat Napo on Unsplash

英病院がAI技術を利用して救急病院の混雑を予測

英テック企業ファカルティがNHSと提携し、救急病院の入院患者数の予測を実現した。ソフトウェアは最大3週間先まで必要なベッド数を予測することができる。少なくとも100の病院事業体で採用される見通し。

編集部

イングランドの少なくとも100のNHSトラスト(英国国民保健サービスにおける病院運営組織)が、機械学習ソフトウェアを使用して、1日に事故・救急部門に入院すると予想される患者数を予測することを開始する予定だ。ヘルスケアITニュースが報じた

英国の新興企業ファカルティが開発したこのツールは、最大3週間前に予測される患者の急増時に、職員とリソースをどのように配分するのが最善かを管理者が判断できるようにすることを目的としている。

このソフトウェアは、A&Eに到着すると予想される人数と年齢を推定し、詳細な予測を提供するそうだ。年齢を推測することで、NHSは、救急医療センター (A&E)への入院率が高くなると予想される場合、小児科病棟で子供の世話をするために別の科のベッドを空けたり、高齢の患者へのサポートを充実させたりする準備をすることができる。また、入院率が低いと予測される場合は、NHSが計画的な手術やその他の非緊急処置の予約の滞留を解消するのに役立つと考えられる。

Facultyは、病院の入院データからモデルを作成し、祝日やCOVID-19の流行状況などの外的要因も考慮に入れている。この新興企業は、天候などA&E予測に影響を与える他のデータソースも取り入れる予定だという。このシステムは、9つのNHSトラストで試験的に導入され、少なくとも100以上のNHSトラストに展開される予定だという。

NHSイングランドおよびNHSインプルーブメント、国家戦略インシデントディレクターのクリス・モラン教授は、次のように述べている。「この先進的な技術は、今後起こりうるA&E入院の急増を警告することで病院をサポートするために開発された」。これは、意思決定と資源と能力の柔軟な使用をサポートし、NHSが需要の急増に備えるためのより良い立場になることを意味する。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する
ML