AIとスパコンがコロナワクチンの創薬を高速化
Photo by Mat Napo on Unsplash

AIとスパコンがコロナワクチンの創薬を高速化

コロナワクチンの分子構造から冷凍庫の分布まで、すべてに機械学習が関与しているとファイザーの技術責任者が語った。創薬から臨床試験、サプライチェーン管理、人々への配布までのプロセスをスピードアップさせた。

吉田拓史

コロナウイルスが世界中に蔓延する中、ファイザーがワクチンと経口薬を設計し数億人の人々に届けるまでのすべてのステップにAIアルゴリズムが関与していると判明した。

ファイザーの最高デジタル技術責任者であるリディア・フォンセカは、機械学習技術は、創薬から始まり、臨床試験、サプライチェーン管理、そして最終的には人々への配布まで、巨大製薬企業のワクチン開発プロセスをスピードアップさせる上で極めて重要であった、と述べた。NVIDIAの技術会議GTCでの米デロイトの最高経営責任者であるジョー・ウクゾルとの対談で、彼女は製薬業界における機械学習の応用可能性が存分に語った。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン