public

中国のAI開発はシリコンバレーを凌ぐ "AI Superpowers" by Kai-Fu Lee

中国のベンチャーキャピタル会社の責任者で元Google China社長のKai-Fu Lee(カイ・フー・リー)は中国には「十分」なコンピュータ科学者の広大な軍隊を展開できる優位性があると主張しています。

3 months ago

Latest Post べリングキャット: 公開情報からすべてを暴き出す新しいジャーナリズム by Takushi Yoshida public

人工知能(AI)で最もホットな質問の1つは、どの国が世界的なAI競争に勝つか、です。米国または中国か、人々意見は揺れています。元グーグル会長のエリック・シュミットは、シリコンバレーは中国に負ける、という論考を書いています。

中国の優位性を独特の立場から説明する適任者がいます。中国のコンピューター科学者であるKai-Fu Lee(カイ・フー・リー、李開復)です。"AI Superpowers: China, Silicon Valley, and the New World Order"の著者である李は、中国のベンチャーキャピタル会社であるSinovation Venturesの責任者であり、それ以前はGoogle Chinaの社長でした。したがって、LeeはAIと米国および中国のテクノロジー企業の両方を深く理解しています。

この本の前半、AIと米国と中国の企業が優位性をめぐって争うことについての議論は、非常に読みやすく、有益です。AIの経済的影響を詳しく説明する後半では、コンピューター科学者の視点から未来の経済が描かれています。

李は、AI、特にディープラーニングが、特に今日の中国の何千もの企業でどのように応用されているかを説明するところから始めています。彼はAIを重要なイノベーションであると見ているが、人間より優れた超AIはサイエンスフィクションである、と結論づけています。

李の興味深い洞察の1つは、現在のAIにおける「勝利」は、より良いAIの開発というよりも、既存のAIのブレイクスルーをアプリケーションに実装することだ、というもの。この点に関しては、李は、中国には「十分」なコンピュータ科学者の軍隊を展開できるという明確な優位性があると主張している。

李によると、中国にはもう一つの重要な利点があるという。新しいプライバシー法である一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)によって、企業がアルゴリズムを訓練するためにデータを蓄積することを困難にしている欧州とは異なり、中国はその正反対です。企業は政府のプライバシー規則による制約を受けにくいだけでなく、政府自身がデータ収集を支援しており(例えば、都市部に顔認識カメラを設置するなど)、WeChatのような多くのアプリは米国のアプリよりも多くのデータ収集を可能にしています。これは中国企業にとって大きなアドバンテージになる、と李は主張しています。

しかし、より多くのデータを持つことは良いことだが、それは常に真実なのだろうか? ある時点で、より多くのデータはリターンが減少する法則を示している。犬の代わりに猫を認識するアルゴリズムを訓練する場合、すでにシステムに入っている100万枚の画像に別の画像を追加することは、すでにシステムに入っている10億枚の画像に別の画像を追加するよりもはるかに有用である。李は重要なポイントを示している。それは、米国がAIの優位性のレースで遅れを取り、それに伴う果実を失いたくないのであれば、利用可能なデータを少なくするというヨーロッパの道を歩むことを避ける必要があるだろう。

李は、中国が米国よりも優位に立つと考える要因として、起業家としての能力の違いを挙げている。彼は、中国の技術起業家は米国の起業家よりも積極的であると主張しています。

彼は今後15年間で米国の雇用の40~50%がAIに置き換わり、これが20~25%程度の大規模な失業につながると仮定しています。これは保守的な経済学者の推計を大きく上回っています。

はっきりしていることは、これは李の見解だけではありません。AIが人間の仕事の性質を劇的に変え、何百万もの仕事を不要にするということです。 この変化の大きさは、それが発生する速度と私たちの社会システムへの影響の両方の点で、前例のないものです。以前の技術革命と産業革命も多くの仕事とセクター全体を置き換えましたが、それらの変化が起こるまでに数世代と数十年かかりました。 今日では代わりに、トラックやタクシーのドライバーを時代遅れにするのに何世代もかかることはありません。ソフトウェアのアップデートだけで十分です。

新しい雇用は確かに創出されるだろうが、現実的には自動化された数のごく一部に過ぎないだろう。AIは、以前の産業革命で起こったこととは異なり、新しい社会契約につながるだろう。「仕事」が社会構造の中で最も重要な部分ではなくなってしまうのだ。実際、国民皆保険、ベーシックインカムやソーシャル・ウェルス・ファンドのような概念は、AIの時代に「働く」とは何かを再定義し、大規模な社会不安を防ぐためのシステムとして、ますます注目を集めています。

彼は多数派の労働者が貧困に陥り、事実上すべての利益が少数の恐ろしく裕福な技術の巨人に行くディストピア的な世界を警告し続けています。

本は哲学的な注記で終わります。「AIは私たちに本当に私たちを人間にするものに焦点を当てることを可能にする。それは、愛し愛されることだ」。これは、非常に人間的であり、効率的なAIアルゴリズムに取って代わられない1つの側面は愛であるという実存的な内省です。人間はAIについて考えると、哲学的な問いのなかに迷い込むことがあります。それはコンピュータ科学者も例外ではないようです。

Takushi Yoshida

Published 3 months ago