創作するAIの著作権、再び否定される
Photo by Vackground on Unsplash

創作するAIの著作権、再び否定される

米国著作権局は2月下旬、AI創作新興企業イマジネーション・エンジンズの創設者であるスティーブン・セイラーが、機械学習ソフトウェアによって生成されたというデジタル画像の著作権を登録するために起こした要請を却下した。

編集部

AIアルゴリズムは、生成したデジタルアート作品に著作権を与えることはできないと、米国著作権局が主張している。

当局は2月下旬、AI創作新興企業イマジネーション・エンジンズの創設者であるスティーブン・セイラーが、機械学習ソフトウェアによって生成されたというデジタル画像の著作権を登録するために起こした要請を却下した。セイラーは、「A Recent Entrance to Paradise」(楽園への入り口)と題されたこの作品は、セイラーが発明し所有する自動化システム「Creativity Machine」によって作られたとし、このソフトウェアが画像の著作者として認められるべきであると主張した。

米国著作権局の審査委員会は、コードで生成された絵が「人間の行為者によるいかなる創造的貢献」もなく作られたことは認めたものの、この要求を満たすことはできないと述べた。今日の著作権法は、「人間の心の創造的な力に基礎を置く」「知的労働の成果」を保護するだけだと、審査会はサーラーの弁護士ライアン・アボットに宛てた手紙で述べている。

「法令上、『著作物は人間によって創作されなければならない』ため、『人間の著作者からの創造的な入力や介入なしに』作動する『機械や単なる機械的プロセスによって生産された』著作物を登録しない」と審査委員会は付け加えた。ターラーの申請が却下されたのはこれで2度目となる。

Stephen ThalerのCreativity Machineによって作られたと言われる「A Recent Entrance to Paradise」と題されたアートワーク

2018年11月に行われた最初の出願で、セイラーは「機械上で動作するコンピューターアルゴリズムによって自律的に作成された画像」と主張し、自分のソフトウェアを画像の著作者として登録するよう求めています。当時、米国著作権局は、関連法は人間のクリエーターにのみ適用され、コンピューターには適用されないとして、彼の要求を断った。

しかし、セイラーは、AIによる画像の著作を認めることは、「著作権保護の憲法上の根拠を含む、著作権法の根本的な目標を促進する」ことになるので、同庁は再考するべきだと主張した。

米国著作権局の審査委員会は現在、先の決定を支持し、次のように述べている。「セイラーの2回目の要求の多くは、人工知能によってのみ生み出される作品に対する法的保護を支持する政策的議論に相当する。彼は、著作権法に関する事務局の解釈を覆すような判例やその他の先例を挙げてはいない。1976年法で体系化された著作権法は人間の著作物を必要とするので、この作品は登録できない」

委員会はまた、この作品が人間のために雇われた作品として制作されたというセイラーの主張も退け、Creativity Machineはそれ自体、タスクを実行するための法的拘束力のある契約を結ぶことはできず、いずれにしても人間の著作権は再び存在しないとしている。

セイラーの弁護団は著作権局の決定に同意しておらず、控訴する予定だという。

毎月70本のハイエンド記事が読み放題の有料購読が初月無料

アクシオンではクイックな情報は無料で公開していますが、より重要で死活的な情報は有料会員にのみ提供しております。有料会員は弊社オリジナルコンテンツに加え、ブルームバーグ、サイエンティフィック・アメリカン、ニューヨーク・タイムズから厳選された記事、月70本以上にアクセスができるようになります。現在、初月無料キャンペーン中。下の画像をクリックしてください。

ML