AlphaGoのチームがChatGPTを本気で倒しに来た[吉田拓史]

Google傘下のAI研究所であるDeepMindは、次の大規模言語モデル(LLM)はOpenAIのものを超えると主張している。同社の得意なAI技術が組み合わさることでより汎用性の高い人間のパートナーが生まれるか?

AlphaGoのチームがChatGPTを本気で倒しに来た[吉田拓史]
Blaise Agüera y Arcas (right) with Demis Hassabis (left) in 2014, at the Wired conference in London. CC BY-SA 2.0

Google傘下のAI研究所であるDeepMindは、次の大規模言語モデル(LLM)はOpenAIのものを超えると主張している。同社の得意なAI技術が組み合わさることでより汎用性の高い人間のパートナーが生まれるか?


テクノロジー誌Wiredの記事によると、 Google傘下のAI研究所であるGoogle DeepMindは、 ChatGPTに匹敵する、あるいはそれを凌ぐと主張するGeminiと呼ばれる新しいチャットボットを開発している。Geminiは、囲碁で人間のプロ棋士を破ったGoogle DeepMindのAIシステムAlphaGoの技術(深層強化学習)を使い、テキストの分析だけでなく、問題の計画や解決も行う。

Google DeepMindのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)はWiredのウィル・ナイトに対し次のように語った。「Geminiは、AlphaGoタイプのシステムの長所と、大型言語モデル(LLM)の驚くべき言語能力を組み合わせたものだと、高いレベルで考えることができます。また、かなり面白くなりそうな新機軸もいくつかあります」

強化学習について

旧DeepMindと旧Google BrainのAI開発の指揮権を握ったハサビスが、統合後の研究所でDeepMindの既定路線を推し進めているように見える。それは強化学習である。同社のこの技術を用いた実績は群を抜いている。

  • AlphaGo:2016年、AlphaGoは史上初めてプロ棋士イ・セドルに勝利した。囲碁は戦略と戦術を深く理解する必要がある複雑なゲームであるため、これは人工知能の分野における大きなブレークスルーとなった。
Mastering the game of Go with deep neural networks and tree search - Nature
A computer Go program based on deep neural networks defeats a human professional player to achieve one of the grand challenges of artificial intelligence.
  • AlphaZero:2017年、AlphaZeroは世界最高のチェス、将棋、囲碁プログラムを1日で破った。これはAlphaGoの偉業よりもさらに印象的なことで、AlphaZeroははるかに少ないデータセットで訓練された。
Global optimization of quantum dynamics with AlphaZero deep exploration - npj Quantum Information
npj Quantum Information - Global optimization of quantum dynamics with AlphaZero deep exploration
  • AlphaFold:2020年、タンパク質の構造を予測する人工知能 (AI) システムであるAlphaFold は、従来のタンパク質構造予測ツールよりも精度が向上しており、生命科学の研究に革命をもたらす可能性を示唆。
Highly accurate protein structure prediction with AlphaFold - Nature
AlphaFold predicts protein structures with an accuracy competitive with experimental structures in the majority of cases using a novel deep learning architecture.

また、1つのモデルによって、あらゆるタスクをこなすことのできる「マルチモーダル深層学習」と呼ばれる要素も、Geminiに組み込まれるかもしれない。DeepMindは2022年5月に、 604個ものタスクを単一のモデルで解けるようにしたマルチタスクのGatoを発表した。このモデルはAtariのゲームを操作する能力、画像に対するキャプションを生成する能力、テキストを用いた対話能力、そして実際のロボットアームを使ってブロックを積み上げる能力を同時に有している。

GeminiはDeepMindにとって言語モデルへの最初の進出ではない。昨年、同社はSparrowというチャットボットを発表したが、このチャットボットは他の言語モデルよりも、質問に対して「安全でない」あるいは「不適切な」回答をする可能性が低いと主張している。ハサビスは1月にTime誌に対し、DeepMindは今年中にSparrowをプライベートベータ版としてリリースすることを検討していると語ったが、その計画が現在も進行中かどうかは不明だ。

OpenAIの脅威がGoogleのAI研究部門を変えたか

Geminiは、Google DeepMindが最もリソースを割いているプロジェクトのようだ。The Informationが3月に報じたところによると、Gemini への投資は、Googleのチャットボット・プロジェクトであるBardがChatGPTに追いつくことに失敗したと考えられたことで、拍車がかかった。

元々Alphabetの傘下にあったDeepMindは、4月にGoogle Brainと統合された。拠点が英国と米国で分かれる両者は、同じグループにあるもの積極的な協力関係にはなかったが、ChatGPTのセンセーションで危機感を感じた経営陣が統合を促したとされている。旧DeepMind出身のハサビスが、統合後のGoogle Deep Mindの指揮を取ることになった。この統合に付随して、チーフ・サイエンティストの役職を得たジェフ・ディーンも、Geminiのプロジェクトに関与しているとされる。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)