アマゾン物流網の類まれな拡大
Image via Amazon

アマゾン物流網の類まれな拡大

Amazonは物流企業と呼ぶべきレベルに達しており、本業のプレイヤーを凌ぐのも時間の問題だ。これらの変化はパンデミックが更に加速させた。

吉田拓史

要点

Amazonは物流企業と呼ぶべきレベルに達しており、本業のプレイヤーを凌ぐのも時間の問題だ。これらの変化はパンデミックが更に加速させた。


Amazonのグローバル消費者向け事業のCEOであるデイヴ・クラークは11月下旬、同社が2022年初頭までに、長年の配送のライバルであるUPSとFedExを抜いて、米国最大の荷物配送サービスになる見込みであると語った。

クラークはCNBCのインタビューで「今年末までに世界最大級の輸送業者になると予想している。22年初頭とまではいかなくても、年末までにはおそらく米国最大の配送業者になると思う」。

Amazonは2013年のホリデーシーズンに起こった配送問題以来、他社への依存を減らすべく自社配送網を構築してきていた。Amazonの目標は、買い物客の荷物がどのように届くかをより細かく管理することだった。現在、Amazonは、Amazon専用に荷物を配送する何千ものラストワンマイル配送業者を管理しているほか、飛行機、トラック、船の新進の自社ネットワークも持っている。また、荷物を迅速に運ぶことができる倉庫や航空会社のハブを国内に点在させている。

アナリストや投資家は、これらのツールによって、AmazonがUPS、FedEx、U.S. Postal Serviceなどの大手運送会社に匹敵する企業になるだろうと予測してきた。Digital Commerce 360によると、バンク・オブ・アメリカ・グローバル・リサーチは、2019年にはAmazonが自社の荷物の58%を配送し、全米で第4位の配送サービスになると予測している。同研究期間は2020年8月までに、Amazonは自社の荷物の66%を配達していると推定した。

多額の投資による配送の自前化

この記事は有料会員の方のみご覧いただけます

購読しよう
既にアカウントをお持ちの方 ログイン