EC

e-Commerce (EC), an abbreviation for electronic commerce, is the buying and selling of goods and services, or the transmitting of funds or data, over an electronic network, primarily the internet.

編集部
無料会員 公開

アマゾンがPB事業を縮小する本当の理由

アマゾンはプライベートブランド(PB)事業を縮小している。これを独占禁止当局への譲歩とする報道もあるが、実際にはビジネスとして旨みが薄かった以上の理由はないだろう。

編集部
無料会員 公開

シーインの挑戦者サイダーが急成長中

米ベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)に支援されたファストファッションのサイダー(Cider)が急成長している。一時は時価総額が1000億ドルを超えたシーイン(Shein)に迫る勢いだ。

編集部
無料会員 公開

ジャック・マー、アント・グループの経営権を譲渡へ

アリババ・グループ創業者であるジャック・マーは、アリババと密接な関係にあるフィンテック大手のアント・グループの経営権を譲る予定だと、ウォールストリート・ジャーナルが28日に報じた。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾン、物流施設内での黒人殺害予告やネオナチ示威行為を看過か

米イリノイ州ジョリエットにあるMDW2施設において、黒人労働者に対する人種差別的な殺害予告に対して同社が適切に対応せず、発言した従業員に報復を行ったとして、アマゾンの従業員26人が米国雇用機会均等委員会(EEOC)に苦情を申し立てた。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

アリババ、アマゾンに対抗する米拠点を縮小

アリババの米国事業は当初の目標を達成できず、中国企業は成長計画の再調整を余儀なくされていると、同事業に詳しい3人の関係者はを引用して、フィナンシャル・タイムズが報じた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ロボットが倉庫を変えるのはまだ先

ロボットは倉庫を改造し終えていない。大手企業が商品の仕分けや出荷を合理化するために何十億ドルも投資しているため、自動化のペースはパンデミック以降加速している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アマゾン、規制当局への妥協案としてプライベートブランドの終了を検討

アマゾン、規制当局をなだめるためプライベートブランド販売終了を検討。欧州では販売データに関する譲歩も行っている。アマゾンはハウスブランドが売上の1%程度を占めると発表している。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンが倉庫のロボット化を急ぐ理由

アマゾンを自動化へと突き動かすのは倉庫労働者を確保できなくなることへの恐れであるかもしれない。2024年に同社が雇用できる倉庫労働者のプールが枯渇するとの予測が存在する。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

アマゾンが抱える世界規模の問題

電子商取引の巨人アマゾンは、過剰設備と過剰人員を抱えているだけではない。28年の歴史の中で、初めてインフレの渦中にあり、将来を予測する能力が損なわれているのだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アマゾンが不動産帝国を構築 全米の土地を静かに購入

アマゾンは、新世代の立体倉庫に使用する予定の不動産に何十億ドルも費やしている。現在、オンライン販売の伸びは鈍化しており、パンデミック時の積極的な物流拠点の拡張策は調整を強いられている。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾン販売業者のM&Aバブルが崩壊

「アマゾン・アグリゲーター」と呼ばれるアマゾンマーケットプレイスの販売者を買収合併し、大規模販売者を形成するプレイヤーはコロナ禍の間バブルを謳歌してきたが、現在では市況が変化し、存亡の危機に立たされている。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンが米12ヵ所の物流施設建設計画を棚上げ

アマゾンが物流施設の拡大戦略を見直したと報じられた。パンデミックによる急速なEC化が一服し、消費者はインフレに晒され、物流部門では賃上げ圧力が高まっている。これにより路線変更が起きたようだ。