Ecommerce

e-Commerce (EC), an abbreviation for electronic commerce, is the buying and selling of goods and services, or the transmitting of funds or data, over an electronic network, primarily the internet.

東南アジアの覇者Sea Limited Axion Podcast #36
Southeast Asia

東南アジアの覇者Sea Limited Axion Podcast #36

収益が前年同期比で約2倍。東南アジアのテクノロジー企業というと、GojekやGrabが最も知られているが、最も成功しているのは、シンガポールのSea Limited。テンセントの支援を受けたゲームで早期の成功を果たし、EC事業もコロナ禍の影響で急激な伸びを示し、デジタル決済でも普及の兆しを見せる。

リライアンス、小売事業株15%売出しで最大9100億円調達を計画: 週刊インドテック
India

リライアンス、小売事業株15%売出しで最大9100億円調達を計画: 週刊インドテック

リライアンス・インダストリーズ(RI)は、小売事業の持ち株会社であるReliance Retail Venturesの15%の株式をプライベートエクイティ投資家やソブリンウェルスファンドに売却することで、6000億〜6300億ルピー(約8670億円〜約9100億円)を調達しようとしている。

アマゾンが破産申請したモールを物流センターにするため交渉中
Retail

アマゾンが破産申請したモールを物流センターにするため交渉中

アマゾンは、ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、モールスペースのフルフィルメントセンターへの転換に関するサイモン・プロパティ・グループとの協議を進めている。この取引には、破産を申請した小売大手シアーズと小売大手JCPenneyが以前入居していたスペースをAmazonが引き継ぐことが含まれている可能性がある。

拼多多がアリババに肉薄
Ecommerce

拼多多がアリババに肉薄

アリババは10年以上にわたり、中国のオンラインショッピングの頂点であり続けている。しかし、競合である拼多多の急速な成長は、市場でのシェアが保証されていないことを示唆している。これまで中国の電子商取引がターゲットとしなかった地方都市や農村部への注力に加え、ユーザーの粘着性を高める様々な施策が拼多多の急成長の源だ。

"アフターコロナ"のオンライン消費行動の変化をどう予測するか?
Ecommerce

"アフターコロナ"のオンライン消費行動の変化をどう予測するか?

コロナは世界中で消費行動に大きな衝撃を与えた可能性がある。日本ではコンテンツ配信とEC消費がロックダウン期間の終盤まで伸び続けており、封鎖解除後の動きに注目が集まる。中国ではロックダウン期間で、オンライン消費への傾斜が見られ、その効果は、都市封鎖解除以降もある程度残っていることがわかった。

コロナ禍を経てライブコマースは長期的なトレンドになった
China

コロナ禍を経てライブコマースは長期的なトレンドになった

2019年、中国ではライブストリーミングによるEコマースが人気を博し、1回の販売セッションで商品の在庫を全て売り切ることもあるほど、売り手として成長したライブ配信者が誕生した。新型コロナの感染拡大の影響もあり、ライブ配信は中国の小売業に変革を迫っているが、消費者保護の仕組みが未整備のままだ。

WeChat、新ミニプログラムで電子商取引に参入
China

WeChat、新ミニプログラムで電子商取引に参入

WeChatは企業や自営業者によるオンライン小売を容易にするミニプログラムをテスト。「WeChat Minishop」(微信小商店)と名付けられたミニプログラムは、製品の表示、注文、物流管理、支払い、顧客サービス、マーケティング、ライブストリーミングなどのワンストップで使いやすいサービスをユーザーに提供する。

拼多多、中国の若年者層でユーザー成長が最速に
Ecommerce

拼多多、中国の若年者層でユーザー成長が最速に

北京師範大学が6月下旬に発表した報告書によると、中国のソーシャルコマースプラットフォーム拼多多 (Pinduoduo)は、19歳から35歳までの若年層の間で、他のeコマースプラットフォームと比較してユーザーの成長率が最も速いと報告されている。若年利用者成長率が52%、月間アプリ開封回数も89回と首位に立つ。

「独身の日」に起きたライブコマースの躍進  コンテンツ主導型ECの流行
China

「独身の日」に起きたライブコマースの躍進 コンテンツ主導型ECの流行

中国ではコンテンツ主導型EC(電子商取引)の躍進が著しい。それが如実に現れたのが、2019年のアリババの「独身の日」だった。タオバオライブは、200億元(28.5億ドル)の売上を記録し、グループ全体の販売額2684億元の約7.5%を占めた。その後、新型コロナ期間を経て、ライブコマースの勢いは増している。

ミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル
China

ミニプログラムは中国ECの最重要顧客獲得チャネル

ミニプログラムは、その流動的なユーザー体験と機能により、ユーザーがWeChatを離れることなくモバイルトランザクションを簡単に完了できるようになるため、eコマースにとってますます重要性を増している。2018年には、ミニプログラムの18%がeコマースに特化していた。

Shopee Live 東南アジアで急拡大するライブコマース
Southeast Asia

Shopee Live 東南アジアで急拡大するライブコマース

Shopee Liveは、東南アジア最大のeコマース企業Shopee(ショッピー)が提供する、販売者が商品をライブストリーミングで紹介することができる機能である。消費者がホームページ上でShopee Liveを見つけ、見たい販売者を選択することができる。また、Shopee Liveから即座に購入することもできる。

トコペディア: インドネシアのeコマース最大手
China

トコペディア: インドネシアのeコマース最大手

トコペディア(Tokopedia)は、インドネシアの電子商取引最大手。淘宝網(タオバオ)やEbay、楽天と同様のC2C(消費者間取引)マーケットプレイスとして事業を開始したが、近年はB2Cを含むハイブリッド型へと移行。アリババ、ソフトバンク、テマセクなどが投資家で、企業価値は2020年8月時点で80億ドルに到達した。

京東物流 (JD Logistics)  中国全土をカバーするオープン物流ネットワーク
China

京東物流 (JD Logistics) 中国全土をカバーするオープン物流ネットワーク

京東商城(JD.com)は2017年4月に、JD.comはフルフィルメントインフラをサードパーティに開放し、幅広い業界の企業に統合的なサプライチェーンと物流サービスを提供する新事業グループ「JD Logistics」を設立。ネットワークは中国全土のほぼすべての郡と地区をカバー。

拼多多が4年で時価総額10兆円を達成した方法
China

拼多多が4年で時価総額10兆円を達成した方法

拼多多は1億3,500万人のDAUと中国の電子商取引企業のなかで時価総額2位を4年足らずで達成した。短期間での成功の主要因はソーシャルの特徴を生かしたバイラル性と顧客獲得費用の驚くべき低さ、地方都市のユーザーの囲い込みだ。巧みなゲーミフィケーションとグループ購入へのインセンティブ設計も目を瞠るものがある。

You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア!
Could not sign up! Invalid sign up link.