アマゾンは、ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、モールスペースのフルフィルメントセンターへの転換に関するサイモン・プロパティ・グループとの協議を進めている。

この取引には、破産を申請した小売大手シアーズと小売大手JCPenneyが以前入居していたスペースをAmazonが引き継ぐことが含まれている可能性がある。アマゾンは、都市部に立地の良い倉庫スペースを確保することで利益を得ることができ、注文の配送時間を短縮することができる。

アメリカ全土のモールにあるデパートは、買い物客の電子商取引への依存度が高まっているため、ビジネスを維持するのに苦労している。取引の一部として、アマゾンは、以前はシアーズとJCPenneyによって占有されていたデパートのスペースを引き継ぐことができる。どちらも破産を申請し、ここ数ヶ月で数十の店舗を閉鎖した。サイモンはJCPenneyの売却を追求しており、これにより、これらの店舗スペースがどのように使用されるかについて、より多くのコントロールが可能になるとウォールストリート・ジャーナルは報じている。

モールの家主は通常、店舗やジムのような新しい顧客をもたらすテナントを見つけることを優先するが、アマゾンのフルフィルメントセンターは、自社の従業員以外の人々を引き寄せることはなく、新型コロナの影響はひかくてきちいさいかもしれない。