小売

生産者や卸売業者から購入した(仕入れた)商品を、最終消費者に販売すること。

編集部
無料会員 公開

セブンイレブンが米宅配企業を密かに買収しフードデリバリー競争に参入

セブンイレブンが、米国でレストランの料理を配達する創業4年のフードデリバリー(料理宅配)スタートアップ、スキップカート(Skipcart)を買収したと報じられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アマゾンが不動産帝国を構築 全米の土地を静かに購入

アマゾンは、新世代の立体倉庫に使用する予定の不動産に何十億ドルも費やしている。現在、オンライン販売の伸びは鈍化しており、パンデミック時の積極的な物流拠点の拡張策は調整を強いられている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

シーインの1,000億ドル評価はファストファッションの流行継続を示す

ザラは、コンセプトデザインから小売店までのリードタイムを数ヶ月から数週間に短縮し、2000年代のファッションに革命をもたらした。シーインはさらに一歩進んで、製品サイクルをせいぜい数日に短縮した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ホールフーズの完全なアマゾン化が進展中

ホールフーズの完全なアマゾン化が進んでいる。ワシントンの新店舗はアマゾンがいかに130億ドルで買収した食料品を自らのDNAを注入したかを示している。

吉田拓史
無料会員 公開

セブンイレブンがインド進出で時価総額27兆円の巨大財閥と提携した経緯

セブンイレブンがコロナや提携先の係争に苦しめられながら、念願のインド進出を果たした。紆余曲折を経て提携先になったのは、時価総額27兆円のインド最大財閥であるリライアンスという強力過ぎるパートナーだった。

吉田拓史
無料会員 公開

Amazonのレジレス技術はデータ収集のトロイの木馬?

小売業者はデータ安保懸念でAmazon採用を避けている

吉田拓史
無料会員 公開

“元レガシー企業”ウォルマートが進める破壊的なDX

ウォルマートは短期的にはモバイルバンキングサービス、長期的にはスーパーアプリの構築を目指している。巨額投資でデジタル化を続けた同社は、インド最大のEC企業のオーナーとなり、もはやAmazonに脅かされるだけの存在ではなくなっている。

吉田拓史
無料会員 公開

上海にある無人本屋 志達書店 (天猫未来店) に行ってきた!

あらゆる実店舗を無人化する流れは非常に強く、一つの社会実験として色々なお店で実際に行われています。

吉田拓史
無料会員 公開

リライアンス、小売事業株15%売出しで最大9100億円調達を計画: 週刊インドテック

リライアンス・インダストリーズ(RI)は、小売事業の持ち株会社であるReliance Retail Venturesの15%の株式をプライベートエクイティ投資家やソブリンウェルスファンドに売却することで、6000億〜6300億ルピー(約8670億円〜約9100億円)を調達しようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

リライアンスが小売ライバル買収でアマゾンにプレッシャー: 週刊インドテック

インド最大財閥リライアンス・インダストリーズは、負債を抱えたライバルのフューチャーグループの資産を2471億ルピー(34億ドル)で買収した。月曜のムンバイ取引では、Future Retailの債券が上昇し、株式は20%上昇した。

吉田拓史
無料会員 公開

ウォルマート、アマゾンに対抗し年間98ドルの会員制サービスを発表

ウォルマートは、独自の配送サービスでアマゾン・プライムに再び対抗しようとしている。9月15日に開始されるこの新サービスは「Walmart+」と名付けられており、料金はAmazonプライムが119ドルであるのに対し、月12.95ドル、年間98ドルとなっている。

吉田拓史
無料会員 公開

JD.com、コンビニへの出資で実店舗への投資を拡大

JD.com は、福建省を拠点とし、1700店舗を展開するXiamen Fook Chain Store Management Ltdの20%を3130万元(450万ドル)で買収した。今回の買収により、JD.comは同社の第2位株主となった。