Amazonが医療をディスラプトする

Amazonは医療に本腰を入れ始めた。遠隔診療と対面診療のほか、薬品配送と薬局経営でも投資が本格化。クラウドコンピューティングやAI方面からも手が伸びている。

Amazonが医療をディスラプトする
Image by Amazon.

要点

Amazonは医療に本腰を入れ始めた。遠隔診療と対面診療のほか、薬品配送と薬局経営でも投資が本格化。クラウドコンピューティングやAI方面からも手が伸びている。


9月初旬、Amazonは2022年までに米国の主要20都市で、アプリを使った対面診療を開始することを検討していると報じられた。

InsiderのBlake Dodgeによると、Amazon Careは2021年にフィラデルフィア、シカゴ、ダラス、ボストンに遠隔医療と対面サービスの「フルパッケージ」を提供し、翌年にはさらに16の都市で展開するという。

Amazon Careは、Amazonの従業員とその家族が高品質な医療をすぐに受けられるようにするため、1年半前に開始された。このサービスでは、従業員がチャットやビデオ会議で医療関係者と連絡を取り合うことができ(通常60秒以内)、医療を受けるための長い待ち時間や移動時間をなくすことができる。Amazon Careには遠隔医療と対面サービスの2つの種類がある。

Amazon Careは、2019年にAmazonのシアトル市在住の従業員に限定して提供されて以来、急速に成長している。このプログラムは当初、Amazonのシアトルの従業員とその扶養家族のみを対象としていたが、その後、範囲をワシントン州の全従業員に拡大した。

9月にはワシントン州に拠点を置く他の企業にも「Amazon Care」を提供すると発表した。今夏以降、遠隔医療オプションを全50州の雇用者に正式に拡大していくと発表している。

これにより、従業員の顧客に加えて、被保険者にもサービスが開放されることになる。また、記事は、Amazon Careのサービス適用範囲を拡大するために複数の大手医療保険会社3社にアプローチしていると記している。

健康保険の適用範囲を確保したり、保険会社のネットワークに参加したりすることは、Amazon Careにとって大きな一歩となり、より多くの企業や患者にサービスを拡大することができる。また、保険加入者は、ネットワーク内の他の医療機関と同様にAmazon Careを選べるようになる。

Amazon Careは、雇用主が従業員に60秒以内に高品質の医療を提供することを可能にし、メッセージやビデオを介して24時間体制でケアを受けるオプションも含まれている。これは、Amazonプライムと非常に似たアプローチだ。

Amazon Careで遠隔診療を受ける患者のイメージ画像. Image by Amazon Care.

ウェアラブル製品やデータ管理製品も投入

Amazonは健康増進のためのウェアラブル「Halo Band」や、データ管理製品「Amazon Health Lake」など、さまざまな取り組みを発表してきた。

Halo BandにはApple Watchのようなスクリーンがなくスマートフォンアプリと一緒に使う仕様になっている。その分、価格は99.99ドルでApple Watchより断然安い。有酸素運動、睡眠、体脂肪、声のトーンのトラッキングに加えて、Haloのサブスクリプションでは、パートナーが開発した一連の「ラボ」が提供される。これは、瞑想、睡眠習慣の改善、基本的な運動の開始など、健康習慣を改善するための指示を得られるものだ。

GPSやWi-Fi、携帯ラジオなどの標準的な機能は搭載されていない。加速度センサー、温度センサー、心拍数モニター、2つのマイク、LEDインジケーターライト、そしてマイクのオン/オフを切り替えるボタンを搭載している。スマートフォンのカメラと連動し、機械学習を使って3Dスキャンを分析し、体脂肪率を算出することもできる。

Halo Bandはバンドとスマホアプリを連動して使う仕様。 Apple Watchのようなスクリーンはない。Image by Amazon.

医療機関やライフサイエンス企業が大規模に健康データを取り込み、保存、照会、分析するためのデータ分析サービス。Amazon HealthLakeは、機械学習を利用して非構造化データから意味のある医療情報を理解・抽出し、その情報を時系列に整理、インデックス化して保存します。その結果、患者の健康に関する総合的な情報を提供する。このサービスは、米国のFHIR業界標準を採用し、医療システム、製薬会社、臨床研究者、医療保険者、患者などの間での情報交換を容易にしている。

Amazon HealthLakeは診療や治療をよりデータサイエンスに近い仕事に変えうる可能性を持つ製品だ。そして医療データをクラウドに載せ、機械学習の学習の対象にしようとしている。

医療機関では、毎日膨大な量の患者情報が作成されているが、これらのデータの大半は非構造化されており、カルテ、検査報告書、保険請求書、医療画像、録音された会話、グラフなどに含まれており、それらは異なるフォーマットで、異なるシステムに分散している。医者が一つの知見を得るためには、これらのデータを集約し、構造化し、正規化しなければならない。さらに、データにタグを付け、インデックスを作成し、時系列に並べる必要がある。これらの作業はあまりにコストが高い。

Amazon HealthLakeは、高精度の機械学習を使用して非構造化医療データの抽出と変換を自動化することで、この重い作業を取り除き、組織が高度な分析とカスタマイズされた機械学習モデルを情報に適用できるようにするという。

バークシャー・ハサウェイとの協業は失敗

Amazonのここまでの道のりは平坦ではない。2018年には、J.P.モルガンおよびバークシャー・ハサウェイと共同で、3つのグループの従業員のコストを削減し、治療結果を改善することを目的とした「Haven」と名付けられた共同ヘルスケアベンチャーを発表し、大きな話題を呼んだ。

この発表により、競合他社の医療関連株はすぐに暴落し、Walgreens Boots Allianceなどの競合他社は数百億ドルの損失を被った。しかし、この取り組みは軌道に乗らず、今年の1月に閉鎖された。当時の関係者は、「3社が力を合わせても、既存の医療機関に安価な医療を提供するよう圧力をかけるには不十分だった」と後悔していたという。

Amazonは2018年、ニューハンプシャー州を拠点とする処方箋の通販サービス「PillPack」を買収したものの、ほぼ独立して運営するにとどめたことで、またもや市場に激震をもたらした。昨年末、Amazonは配送とCVSなどの実店舗での割引の両方を提供する「Amazon Pharmacy」を立ち上げた。

米国では、医療費が制御不能なほど高騰している。米国メディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)は、2021年の医療費は国内総生産の約18%に相当する4.2兆ドル、2025年には5兆ドルに達すると予測している。この費用の多くは雇用者が負担している。

民間の医療保険市場が膨大な非効率性に悩まされていることは周知の事実だ。毎年、ほとんどの消費者は健康保険の購入に戸惑い、圧倒され、間違ったプランを選択して数千ドルを無駄にしている。一方で、保険料は毎年の賃金上昇率をはるかに上回る勢いで上昇している。不透明な価格設定により、雇用者や消費者はこのような非効率性を受け入れざるを得ないのだ。

しかしその一方で、新しいトレンドが生まれている。健康状態を追跡する機器はよりスマートになり、より広く利用されるようになっている。接続性が向上し、安価になったことで、遠隔地での診療が可能になっただけでなく、それを望む人も増えている。また、人工知能(AI)により、新たな治療法を生み出す道が開かれている。

ビッグテック企業は、これらの魅力的なトレンドに着目している。Facebook、Amazon、Microsoft、Google、Appleのヘルスケア分野への投資額は、2020年に37億ドルに達した。CB Insightsによると、今年の半ばには、さらに31億ドルがこの分野に注ぎ込まれた。

ビッグテックに加え、ウォルマートという馴染みのある敵もいる。ウォルマートは最近、「緊急治療、ラボ、X線・診断、カウンセリング、歯科、光学、聴覚サービス」を提供するクリニックを全国に多数開設している。

米国は日本のように医療保険や医療行政がうまくいっていないからこそ、大きな開拓の余地があるとも言えそうだ。

📨ニュースレター登録

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、テックジャーナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。

[平日朝6時]デジタル経済の動向をまとめるニュースレター
あなたのビジネスや人生のための「先知」を提供します。

株式会社アクシオンテクノロジーズへの出資

10月1日から1口50万円の公募を行います。詳しくはこちら。

アクシオン、10月1日に1口50万円の第2回公募を開始|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
デジタル経済メディア「アクシオン」を運営する株式会社アクシオンテクノロジーズ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:吉田拓史、以下「アクシオン」)は、10月1日に第2回公募を開始します。 今回の公募では1口50万円で個人投資家の投資を募ります。事前登録はこちらのフォームから。登録いただいた方に9月下旬から順次案内のメールを差し上げます。そのメールによって交渉・取引が開始されます(特に義務は生じません)。 【2021年10月】(株)アクシオン個人投資家ラウンド事前登録 登録を頂いた方には優先して投資ラウンドのご案内を行います。 forms.gle

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の役員報酬のみでAxionを運営しています。

  • 投げ銭
  • ウェブサイトの「寄付サブスク」ボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルを支援できます。大口支援の場合はこちらから。
  • 毎月700円〜の支援👇
Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Kinoco, Masatoshi Yokota,  Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 黒田太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca, TAKEKATA, Yuki Fujishima.