ヘルスケア

ヘルスケアとは、人々の病気、病気、怪我、その他の身体的および精神的障害の予防、診断、治療、回復、または治療を通じた健康の維持または改善のことである。ヘルスケアは、健康関連分野の医療専門家によって提供される。医師と医師のアソシエイトは、これらの健康専門家の一部。歯科、薬局、助産師、看護師、医学、検眼、聴覚学、心理学、作業療法、理学療法、アスレチックトレーニング、およびその他の健康専門職は、すべてヘルスケアの一部。これには、プライマリーケア、二次ケア、三次ケアの提供、および公衆衛生の分野で行われる仕事が含まれる。 ヘルスケアへのアクセスは、社会的・経済的条件や健康政策の影響を受け、国や地域社会、個人によって異なる場合がある。ヘルスケアサービスの提供とは、「可能な限り最高の健康結果を得るために、個人の健康サービスをタイムリーに利用すること」を意味する。考慮すべき要因には、経済的な制限(保険適用など)、地理的な障壁(追加の交通費、そのようなサービスを利用するために有給休暇を取る可能性など)、個人的な制限(医療提供者とのコミュニケーション能力の欠如、健康リテラシーの低さ、低所得など)がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

なぜ世界中の医療サービスが大混乱しているのか

コロナのパンデミック時に行われた閉鎖措置には、「病院が潰されるのを防ぐ」という包括的な狙いがあった。政府は、感染症が発生する時期をずらすことで、治療能力を高める時間を確保しようと考えたのだ。しかし、結局、この余分な能力の多くは使われることなく終わってしまった。英国の7つのナイチンゲール病院はわずかな患者を受け入れただけで閉鎖され、米国の野戦病院の多くも同様であった。欧州の経験をまとめた学術誌「Health Policy」によると、集中治療室のベッド数よりも病室の患者数が多かったのは、2020年4月3日にイタリアのロンバルディア州で起きた一例のみである。現在、中国の病院が出口の大波に直面し、圧倒されているという話があるが、これらが孤立した例なのか、より広範で体系的な失敗を表しているのかを知るのは早計だ。 中国以外では、コロナが人々の心に重くのしかかることは少なくなった。しかし、豊かな世界の多くの国々では、この病気が蔓延し始めて以来、医療制度が崩壊に近づいている。失業率やGDPとは異なり、各国の医療制度に関する比較可能な最新の数値はほとんど存在しない。そこでエコノミスト誌は、国、地

ブルームバーグ
無料会員 公開

最も重要な健康指標は指先にある―Tim Culpan

私たちは、この強力な新しいヘルスケア指標を手にしているが、それでも人生はたった一つの数字に集約されるものではあらない。自分自身の健康管理は、ガジェットやデータにアウトソーシングすることはできない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

エーザイのアルツハイマー病治療薬、脳出血などのリスクが浮上し、効果を巡って激しい論争が勃発

エーザイは、アルツハイマー病の実験薬に関する待望の研究結果を発表し、その控えめな有効性が深刻な脳出血を含む潜在的リスクに見合うかどうかをめぐる議論の火種を提供した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アルツハイマー病治療薬のブレークスルーが他の疾患にもたらすもの

日本のエーザイと米国のバイオジェンが、アルツハイマー病の進行を抑制することができたという大規模試験の結果を発表した。両社は米国での早期承認を求めているが、効果の程度、副作用、承認された場合の保険適用の方法などについては疑問が残っている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

武田薬品が数十年にわたる鬼門だったデング熱ワクチンを開発するまで

インドネシアは8月に武田のQdengaを承認し、同社は来年早々に販売を開始する予定だという。10月には欧州連合の諮問委員会がQdengaは4歳の子供にも投与できると勧告し、この勧告は数ヶ月以内にEUの同意につながる可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾン、医療と機械学習の融合に賭ける

アマゾンはヘルスケアにおける人工知能(AI)の活用に大金を賭けている。Google傘下のDeepMindがAlphafoldが大きな成果を上げ、この領域へのAIの応用可能性は十分に証明された。ヘルスケア企業の買収を繰り返すアマゾンからもヒットは出るだろうか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ファイザーの今後のmRNA戦略:コロナ特需から移行できるか?

ファイザーはコロナ・パンデミックによって世界で最も注目される製薬企業として浮上したが、投資家はコロナ以降の平時でも同様の成功を求めるようになった。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンのヘルスケアへの険しい道のり

多くのテクノロジー企業と同様、アマゾンも利益の大きいヘルスケア市場に参入する野心を抱いている。しかし、ヘルスケア業界への適応は生半可なものではなく、アマゾンに膨大なコストを課している。

編集部
無料会員 公開

前立腺がん向けAIレーザーが臨床試験へ

外科医がレーザーを使った針で前立腺がんを治療・縮小する際に、腫瘍組織をより正確にマッピングできるAIソフトウェアが、まもなく臨床試験で実際の患者さんに試用される予定だ。 米国食品医薬品局(FDA)は先週、同社の発明品にIDE(治験用機器免除)を認めた。このIDEにより、前立腺がんの治療において標準治療に対する優越性を示すための無作為化比較試験で、これら2つの技術を併用することが可能となる。 患者は、まずMRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法を行う必要がある。そのデータは、AI医療新興企業AvendaのiQuestソフトウェアのAIアルゴリズムによって処理され、前立腺内のがん細胞の位置がマッピングされる。次に、コンピュータビジョン支援モデルが、焦点式レーザー焼灼装置をどこに挿入するのが最適かをシミュレーションし、外科医が患者の腫瘍を治療するのを支援する。 この焦点式レーザー焼灼装置は、Avenda独自の製品で「FocalPoint」と呼ばれる。FocalPointレーザーの熱は、がん細胞を優しく加熱して死滅させ、腫瘍全体を縮小して除去することを目的としている。 A

吉田拓史
無料会員 公開

AI創薬の類まれな可能性 最新研究が雨後の筍のように発表されている

創薬はいま最も熱気を帯びている人工知能(AI)の応用分野である。従来の創薬を著しく効率化できる可能性が生じ、それを後押しするような研究が雨後の筍のように出てきている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

「武田は今成長に向けて良い局面にある」ウェバーCEOが語る

医薬品パイプラインとキャッシュマネジメントが武田薬品工業の長期的価値に対する市場の認識を変えつつあると、クリストフ・ウェバー最高経営責任者(CEO)は語っている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

薬物送達に役立つ「おりがみロボット」

豆粒大の新型ロボットは、転がり、反転し、ジャンプして周囲を移動することができる。おりがみデザインの折りやすさと幾何学的特徴を統合して、ロボットを効果的に動かすことができ、人体内での薬物送達での応用が期待されている。