ヘルスケア

ヘルスケアとは、人々の病気、病気、怪我、その他の身体的および精神的障害の予防、診断、治療、回復、または治療を通じた健康の維持または改善のことである。ヘルスケアは、健康関連分野の医療専門家によって提供される。医師と医師のアソシエイトは、これらの健康専門家の一部。歯科、薬局、助産師、看護師、医学、検眼、聴覚学、心理学、作業療法、理学療法、アスレチックトレーニング、およびその他の健康専門職は、すべてヘルスケアの一部。これには、プライマリーケア、二次ケア、三次ケアの提供、および公衆衛生の分野で行われる仕事が含まれる。 ヘルスケアへのアクセスは、社会的・経済的条件や健康政策の影響を受け、国や地域社会、個人によって異なる場合がある。ヘルスケアサービスの提供とは、「可能な限り最高の健康結果を得るために、個人の健康サービスをタイムリーに利用すること」を意味する。考慮すべき要因には、経済的な制限(保険適用など)、地理的な障壁(追加の交通費、そのようなサービスを利用するために有給休暇を取る可能性など)、個人的な制限(医療提供者とのコミュニケーション能力の欠如、健康リテラシーの低さ、低所得など)がある。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンのヘルスケアへの険しい道のり

多くのテクノロジー企業と同様、アマゾンも利益の大きいヘルスケア市場に参入する野心を抱いている。しかし、ヘルスケア業界への適応は生半可なものではなく、アマゾンに膨大なコストを課している。

編集部
無料会員 公開

前立腺がん向けAIレーザーが臨床試験へ

外科医がレーザーを使った針で前立腺がんを治療・縮小する際に、腫瘍組織をより正確にマッピングできるAIソフトウェアが、まもなく臨床試験で実際の患者さんに試用される予定だ。 米国食品医薬品局(FDA)は先週、同社の発明品にIDE(治験用機器免除)を認めた。このIDEにより、前立腺がんの治療において標準治療に対する優越性を示すための無作為化比較試験で、これら2つの技術を併用することが可能となる。 患者は、まずMRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法を行う必要がある。そのデータは、AI医療新興企業AvendaのiQuestソフトウェアのAIアルゴリズムによって処理され、前立腺内のがん細胞の位置がマッピングされる。次に、コンピュータビジョン支援モデルが、焦点式レーザー焼灼装置をどこに挿入するのが最適かをシミュレーションし、外科医が患者の腫瘍を治療するのを支援する。 この焦点式レーザー焼灼装置は、Avenda独自の製品で「FocalPoint」と呼ばれる。FocalPointレーザーの熱は、がん細胞を優しく加熱して死滅させ、腫瘍全体を縮小して除去することを目的としている。 A

吉田拓史
無料会員 公開

AI創薬の類まれな可能性 最新研究が雨後の筍のように発表されている

創薬はいま最も熱気を帯びている人工知能(AI)の応用分野である。従来の創薬を著しく効率化できる可能性が生じ、それを後押しするような研究が雨後の筍のように出てきている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

「武田は今成長に向けて良い局面にある」ウェバーCEOが語る

医薬品パイプラインとキャッシュマネジメントが武田薬品工業の長期的価値に対する市場の認識を変えつつあると、クリストフ・ウェバー最高経営責任者(CEO)は語っている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

薬物送達に役立つ「おりがみロボット」

豆粒大の新型ロボットは、転がり、反転し、ジャンプして周囲を移動することができる。おりがみデザインの折りやすさと幾何学的特徴を統合して、ロボットを効果的に動かすことができ、人体内での薬物送達での応用が期待されている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

アルファベットは大金を投じてヘルスケア分野で力をつけている

豊かな国々は、心臓が止まるほどの金額を医療に注ぎ込んでいる。先進国は通常、国民の健康維持のためにGDPの約10%を費やし、その割合は人口の高齢化とともに増加している。アメリカの迷宮のような医療産業複合体は、GDPの17%、年間3.6兆ドルを消費している。アメリカの医療制度は、製薬会社、薬局、保険会社、病院、その他、この制度から利益を得ている人々によって維持されており、その重厚さと惰性によって、長い間、崩壊から守られてきた。また、その規模と硬直性から、ハイテク企業がこぞって目をつけているのも事実だ。1兆ドル規模のテクノロジー企業にとって、針を動かすほど大きな潜在的市場を持つ産業は他にほとんどない。

吉田拓史
無料会員 公開

Googleのヘルスケア戦略の行方

新型スマートウォッチの発売を予告したGoogleだが、スマートウォッチのゲームでは出遅れており、多くの未解決の問題がある。7年かけてWatchの健康機能を構築し、研究機関とのコネクションを構築してきたAppleに対して、Googleはどのように遅れを取り戻すのだろうか。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

様々な健康指標を測定できるウェアラブルデバイスが登場

外見上は、結婚指輪と見分けがつかないほど平凡な「Oura」のリング。しかし、指と指輪の隙間から断続的に漏れるかすかな緑の光は、それが単なるジュエリーではないことを示唆している。 指輪の内側には電子機器がぎっしりと詰まっている。緑色の光は、発光ダイオード(LED)である1対の長方形の金属片から発せられる。水滴ほどの大きさの3つのドーム状の突起には、赤色と赤外線のLEDと一対の受光素子が入っている。その周囲には、7つの温度センサー、薄型バッテリー、あらゆる動きを検出する小型の3次元加速度センサーが配置されている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウェアラブルデバイスはヘルスケアと日常生活をつなぐ

吉田拓史
無料会員 公開

AIとスパコンがコロナワクチンの創薬を高速化

コロナワクチンの分子構造から冷凍庫の分布まで、すべてに機械学習が関与しているとファイザーの技術責任者が語った。創薬から臨床試験、サプライチェーン管理、人々への配布までのプロセスをスピードアップさせた。

吉田拓史
無料会員 公開

グーグル、パーキンソン病を診断するAIロボットの開発に協力

グーグルがパーキンソン病診断のためのロボットの開発に協力している。24時間稼働するロボットは試験管やピペットを操作し、皮膚細胞を撮影して病気を機械学習によって分類する。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

コロナ禍の間に皆が感じたモヤモヤの正体

コロナ禍の間、家にいることを強いられた人々が共通して発症した症状は、「虚脱感(languishing)」と呼ばれるものだ。これはメンタルヘルスにおいて軽視される中間的な存在だが、2021年の支配的な感情かもしれない。