Amazonのレジレス技術はデータ収集のトロイの木馬?

小売業者はデータ安保懸念でAmazon採用を避けている

Amazonのレジレス技術はデータ収集のトロイの木馬?

平日朝 6 時発行のAxion Newsletterは、デジタル経済アナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを調べて解説するニュースレター。同様の趣旨のポッドキャストもあります。登録は右上の「Subscribe」ボタンから。

要点

Amazonは、自社レジレス技術を採用した中規模食料品店をオープンした。レジレス技術を外販するためのモデル店舗の役割を兼ねるが、小売業者には競合のAmazonにデータを収集されるという不信感があり、他の新興企業に利する展開になっている。


Amazonは、レジレス技術「Just Walk Out」を、初めて本格的な中型食料品店に導入した。6月17日にオープンしたワシントン州ベルビューの25,000平方フィート(2322平米)の「Amazon Fresh」の新店舗は、昨年オープンした10,400平方フィートの「Amazon Go Grocery」や、1,200平方フィートおよび2,300平方フィートの標準的な「Go」店舗よりも大幅に大きく、アマゾンの技術を拡大するためのマイルストーンとなる。この新店舗は、Amazonの米国における14番目のフレッシュストアである。

アマゾンは昨年、35,000平方フィートのAmazon Fresh店舗をオープンしたが、その際、ハイテク技術である「Dash Carts」を使用していたため、同社の「Just Walk Out」技術は大規模な店舗には適していないのではないかという憶測を呼んでいた。

Just Walk Outは、客がカートや持参したバックに商品を入れて、退店すれば、自動的に会計が済むシステムである。一方、Dash Cartsは、客がタブレットやスマートフォンでセルフスキャンすることで、レジの待ち時間を減らす仕組みだ。

Amazonは、一連の天井カメラと感圧式の棚を使用して、買い物客がカートに入れるものを自動的に検出するJust Walk Outは、どのような規模の店舗にも対応できると主張してきた。

Amazonは2020年3月、自社の店舗に加えて、小売業者にもJust Walk Outを外販し始めた。Hudson markets、OTG CIBO Express、Delaware Northの3つの外部小売業者が同技術の展開を開始している。さらに同年の秋には、手のひらを使った最新の決済技術「Amazon One」を発表した。手のひらのバイオメトリクス・スキャンにクレジットカードをリンクさせると、お客様は手のひらを振るだけで帰り際に支払いができる。

Amazonのこれらの展開の仕方は、Amazon Web Services(AWS)と共通する部分が多い。AWSと同様、サービス指向の新しい技術であり、まず自社のシステムで完成させた後、他の大手企業にサービスとして販売した。AWSは現在、クラウドコンピューティング市場の45%を占めており、2位のMicrosoft Azureの2倍以上のシェアを誇っている。

今回のワシントン州ベルビューの新店舗は、今後Amazonが中規模のレジレス店舗を展開する最初の一歩であると同時に、外販されているサービスの「モデル店舗」の役割もあるだろう。

雨後の筍のように現れる競合

しかし、Just Walk Outには、クリアすべき壁がたくさんある。リテールテックの主要カテゴリーには、すでに多くのスタートアップ企業が参入している。Keyo、Grabango、Standard Cognition、Aifi、Zippin、Trigoといった企業が、さまざまなタイプのレジレス技術に取り組んでいる。Amazonの絶大な力にもかかわらず、これらの企業は今年に入ってもビジネスが縮小する気配はない。むしろ、Amazonが小売技術の新しい分野に進出してきたことは、このような新興企業にとって追い風になっているようだ。

アプリを使った会計不要の技術を販売するスタートアップのGrabangoは、アマゾンに先んじて、2016年初頭に最初の特許を出願した企業だ(現在、出願特許数は38件に達している)。技術系社員の70%以上が博士号などの高度な学位を取得しており、同社に興味を持った候補者が内定を得る割合は0.5%にも満たないという。

Grabangoのシステムは、天井に設置されたコンピュータビジョンカメラのラックを利用して、顧客が商品を選択する際に商品を追跡する。同社は、天井に取り付けられたラックを通路の上に設置するため、店舗の改装や関連する設置費用が少なくて済むと主張している。また加盟店は、自律型チェックアウトの将来的な拡張性にも関心を寄せており、この技術を大規模な食料品店に導入することを目指しているようだ。

現在、同社の最大の顧客はスーパーマーケットチェーンのGiant Eagleだが、それぞれ世界トップ10の食料品店やFortune-25の多国籍企業など、それぞれが10億ドル以上の売上高を誇る5つの小売パートナーと契約をこれまでに結んでいるという。Grabangoは、Giant Eagleとのパートナーシップにより、毎月15,000以上のSKU(ストック・キーピング・ユニット)と数万件の取引が行われている現実の環境で、同社の技術が機能することを証明した、と主張している。今回の成功を受けて、グラバンゴは、2021年末までに、ピッツバーグ地域のGiant Eagleの4店舗で、レジレス技術を導入する予定だ。

Grabangoを採用したGiant Eagle一号店の様子。via Grabango.

Grabangoは、6月初旬、3,900万ドルを調達したことを発表している。Grabangoは2021年に既存および新規の顧客との間で行われる追加の店舗展開のための資金調達だと説明している。

警戒する小売企業

Just Walk Out技術の真の価値は、顧客にとっての買い物のしやすさだけでなく、そのデータにあるかもしれない。これらの技術は、商品についての情報を蓄積する。例えば、商品の棚の位置によってどのような効果があるのか、店内のどの場所に最も多くの人が訪れているのかなどだ。

レジレス技術に関心のある小売業者にとって、Amazon Just Walk OutではなくGrabangoのような新興企業を選ぶ理由は、データ安全保障だ。小売業者が生成したデータは、Grabangoではその小売業者に留まるが、対照的に、Amazonはこれらの小売店の直接の競争相手だ。「Amazonは新しいバックエンド技術をライバルの小売業者に提供すると同時に、顧客データを収集してライバルの小売業者を出し抜こうとしている」。このような疑念を小売業者は抱いているだろう。

レジなしテクノロジー分野の将来を決定づける最大の要因のひとつである、コスト比較がどのようにされるかは、依然として不透明だ。専門家は、アマゾンのJust Walk Out技術のコストを約100万ドルと見積もっているが、競合するスタートアップ企業の中には、その料金を公開しているところがほとんどなく、他のレジなし技術の中でどの位置にあるのかを正確に評価することは困難だ。Grabangoは米小売メディアModern Retailに対し、同社のコストはAmazon社に比べて「ほんのわずか」だと述べている。

📨ニュースレター登録とアカウント作成

ニュースレターの登録は記事の下部にある「Sign up for more like this」か右上の「Subscribe」ボタンからサインアップをお願いします。あるいはこちらから。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca.

寄付サブスク (吉田を助けろ)

吉田を助けろ(Save the Yoshi!)。運営者の吉田は2年間無休、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。月10ドル支援したいと考えた人は右上の「Subscribe」のボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルご支援ください。あるいは、こちらから。こちらは数量が99個まで設定できるので、大金を支援したい人におすすめです。

その他のサポート

こちらからコーヒー代の支援も可能です。推奨はこちらのStripe Linkです。こちらではない場合は以下からサポートください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Become a patron of Takushi Yoshida today: Get access to exclusive content and experiences on the world’s largest membership platform for artists and creators.

投げ銭

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)