AmazonのVisa停止はクレカ排除の始まり?

Amazonが英国でのVisaでの支払いを排除しようとしている。フィンテックが盛り上がる中、欧米圏ではクレジットカードの覇権は一向に揺るがず、小売業者や消費者にコストを強いているが、それがひっくり返されるだろうか。

AmazonのVisa停止はクレカ排除の始まり?
"Credit Cards"by Sean MacEntee is licensed under CC BY 2.0

要点

Amazonが英国でのVisa支払いを排除しようとしている。フィンテックが盛り上がる中、欧米圏ではクレジットカードの覇権は一向に揺るがず、小売業者や消費者にコストを強いているが、それがひっくり返されるだろうか。


ブルームバーグが報じたところによると、Amazonは英国の顧客に対し、来年からVisaクレジットカードの使用を中止する予定だという。これは、クレジットカード会社が支払い処理にかかる高い手数料のためだという。

Amazonのユーザーは今週、この変更を知らされた。Amazonの利用者は、購入後、2022年1月19日以降、取引手数料の高さを理由に「英国で発行されたVisaクレジットカードを受け付けない」という通知を受け取った。

買い物客がクレジットカードで支払いをすると、加盟店はクレジットカードを発行した銀行に手数料を支払う。この手数料は、VisaやMastercardなどのカードネットワークが設定している。手数料はさまざまで、旅行特典などがあるクレジットカードはより高額になるが、多くの場合、2%以上の手数料がかかる。

Amazonの広報担当者は、「これらのコストは、技術の進歩とともに下がるはずなのに、高止まり、あるいは上昇し続けている」と語っている。

顧客は、Visaデビットカードだけでなく、MasterCardやAmerican Expressのクレジットカード、英国以外で発行されたVisaクレジットカードも引き続き使用することができる。

これがVisaにとって大きな損失かというとそうでもない。ウォールストリートジャーナルが指摘するように、Amazonの英国での売上は米国の10分の1であり、これはVisaにそれほど大きなダメージを与えない。また、Amazonがこの戦いを、Visaがクレジットカードやデビットカードの最大手である米国にまで広げるかは明らかではない。

司法省が昨年、VisaによるPlaidの買収を阻止するために起こした訴訟では、Visaがデビットカード市場の70%を占めていたと推定されている。

加盟店は長年にわたり、カード会社の手数料に対する不満を抱えていた。問題は、このような争いの結果、加盟店がAffirmのような新しい決済サービスに移行するかどうかだ。Amazonは最近Affirmと提携したが、Visaを追い出すためにAffirmを後押しすることはあり得るのだろうか。

消費者は、Affirmのようなサービスで借りたお金をデビットカードで送金して返済することが多い。つまりBNPLのサービスが普及しても、Visaにはメリットがある。

カード手数料は、加盟店、銀行、そして世界最大手のMastercardやVisaなどの決済ネットワークとの間で、長年にわたって争われてきた。

小売業者は、電子決済を受け入れるために毎年費やす金額に不満を抱いてきた。しかし、この金額は、手数料率の引き上げや、消費者がカードを使用するたびに手数料が発生するインターチェンジ・フィーの高いプレミアムカードを好むことによって、米国では年間1,000億ドル以上に膨れ上がっている。

VisaとMastercardの両社は、英国が欧州連合(EU)から離脱したことにより、手数料を引き上げたことで批判を受けている。Bloombergが引用した調査では、クレジットカードおよびデビットカードのコストが年間1億5,000万ポンド増加し、英国および欧州の小売業者が損失を被っていることが明らかになった。

Amazonはこれまで、クレジットカードを利用するお客様から支払う手数料を抑えるために、さまざまな方法を試してきた。過去には、クレジットカードではなく、デビットカードを使ってAmazonアカウントに現金を追加し、それを購入に使うように消費者にインセンティブを与えたり、個人が当座預金口座をリンクして支払いを行う選択肢を与えたりした。

カード会社への抵抗はAmazonに限ったことではない。2016年には、ウォルマートが決済処理のコストをめぐってVisaの米国法人を提訴した。2018年には、スーパーマーケットチェーンのクローガーが、カリフォルニア州の子会社でのVisaのクレジットカードの取り扱いを停止した。

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の役員報酬のみ。

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。