アマゾンの広告事業は着実に成長している
情報公開があまりされていない、謎のベールに包まれたアマゾン広告部門のロゴvia Amazon

アマゾンの広告事業は着実に成長している

アマゾンの広告事業は着実に伸びており、成長が止まったMetaとは相反する結果となっている。デジタル広告業界においてGoogleとMetaから大きく離された3位にある同社が、その差を縮める可能性は大いにある。

吉田拓史

アマゾンの広告事業は着実に伸びており、成長が止まったMetaとは相反する結果となっている。デジタル広告業界においてGoogleとMetaから大きく離された3位にある同社が、その差を縮める可能性は大いにある。

28日に公表された決算報告で、アマゾンの広告収益の成長は、最近の減速が始まる前の第1四半期の前年同期比32%から、第2四半期には同18%に減速した。しかし、他のデジタル広告会社と比べれば、まだそれなりの速度を保っている。Metaの広告収益は明らかに、第1四半期の前年同期比20%から第2四半期には同マイナス1.5%に減速している。Googleの広告収益でさえ、第4四半期の32.5%から第2四半期には11.6%に減速している。

AWSの営業利益57億ドルは、アマゾンの他の部門の損失24億ドルを相殺した。しかし、広告がなければ、Amazonの他の部門はもっと大きな損失を出していたと想定されている。

Amazon Adsは、Amazon Ads APIを通じて、スポンサープロダクトのキャンペーン指標を1時間ごとに広告主または代理店に自動配信する製品「Amazon Marketing Stream(ベータ版)」を発表した。このストリームは、ほぼリアルタイムのパフォーマンスインサイトを提供することで、より効果的なキャンペーンの最適化、キャンペーン変更への俊敏な対応、運用効率の向上を実現し、広告主のビジネス成長を支援する。

米国のデジタル広告市場におけるアマゾンのシェアは、2019年の7.7%から今年は12.6%に達するとインサイダー・インテリジェンスは予想している。

最高財務責任者(CFO)はブライアン・オルスマフスキーは、28日の決算報告において、広告収益の地理的な区分けはしていないといしたが、「広告収入の大部分は北米にある」と明らかにしている。「しかし、海外でも大きな前進を遂げている。また、ご指摘のとおり、消費者向けウェブサイトから動画配信、Twitchなど、広告商品の種類を増やしている」

アマゾンは昨年はストリーミング・ビデオ・コンテンツにインタラクティブ広告を導入し、プレミアム動画ストリーミングサービス「Freevee」を導入した。

Amazon Musicの広告版利用者に対してはオーディオ広告を配信している。

インベスターリレーションズ担当ディレクターのデイブ・フィルデスは、一方、ビデオ広告はまだ初期段階にある、と語っている。「視聴行動は、従来のケーブルテレビなどの伝統的な視聴から、ますます主流になりつつある。広告主は、当社の広告付きコンテンツを利用して、そのような視聴者にリーチしている。現在進行中のものとしては、FreeveeやTwitch、そしてもちろん、Thursday Night FootballやAmazonのストリーミングTV広告などがある」

小売業界、アマゾンに広告予算をシフトか

ブランドや代理店はFacebook、Instagram、Googleのソーシャル広告の効果が低いため、ブランドは広告費をEコマース大手のAmazonにシフトしていると、米小売専門メディアModern RetailのジャーナリスVidhi Choudharyは書いている。このシフトは、Facebookのようなプラットフォームでの低調な広告効果と、アマゾンがマーケットプレイス以外のプラットフォームで広告の存在感を増していることが原因だと、関係者は述べているという。

Facebookの親会社Metaは、AppleのApp Tracking Transparency機能は2022年に同社に100億ドルの損失をもたらすと述べている。また、Googleは2月、同社のAndroidスマートフォンでアプリの監視を減らす新たなプライバシー制限を実施すると発表した。