デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、検索エンジン、ウェブサイト、ソーシャルメディア、Eメール、モバイルアプリなどのデジタルチャネルを通じて提供される広告を指します。デジタルマーケティングと一口に言っても、その内容は多岐にわたり、すべてが統一されているわけではありませんが、ここでは代表的なものをご紹介します。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Googleは、驚くべき規模で私たちのデータを共有している:パルミー・オルソン

Googleが私たちの位置情報や閲覧習慣を1日に700億回、年間数兆円の規模で広告主に送信していることが、新しい報告書で明らかになった。データの送信量が増えれば、悪用される可能性も高くなる。

吉田拓史
無料会員 公開

ネットフリックスが広告付き廉価版を検討する背景

ネットフリックスは19日、向こう数年以内に広告付きの廉価版を導入する方針を発表した。廉価版を導入した際には広告収益が望めるものの、上級プランの顧客がダウングレードするリスクもある。広告は打ち出の小槌ではない。

吉田拓史
無料会員 公開

AppleのiOSプライバシー規制は大手テックに優位性を与えただけ

AppleがiOSのプライバシー規則を強化したことで、小規模なデータブローカーにも影響が及んでいるが、個々のユーザーを追跡することがより困難になる一方で、「ファーストパーティデータの大規模な宝庫にアクセスできるゲートキーパー企業の既存の市場力を強化」している。

吉田拓史
無料会員 公開

米デジタル広告市場、21年は35%増の23.6兆円規模に

インタラクティブ広告協会(IAB)とプライスウォーターハウスクーパース(PwC)の新しい報告書は、米国のデジタル広告収入は昨年35%増の1,890億ドル(約23.6兆円)に急増した、と明らかにした。

吉田拓史
無料会員 公開

ネットフリックスが広告の採用をためらう理由

Netflixは長らく広告付きサービスの導入について否定してきた。しかし、成長鈍化が態度の変化を迫っている。だが、広告がもたらすう不利益は広告が生み出す利益によって相殺可能ではないのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

C・ロナウドが代表のサッカーアプリ会社、技術者を迎え入れる

世界的スーパースターのクリスティアーノ・ロナウドが代表を務めるデジタルサッカー・コミュニティ「ZujuGP」(シンガポール)は、アプリ開発のためゲーム技術系新興企業の従業員を迎え入れると発表した。

編集部
無料会員 公開

アプリストアと各国規制当局の戦いの火蓋が切られた

各国当局がアプリストアの運用方法や手数料についてAppleとGoogleに対し圧力をかけている。ただ、韓国やオランダでの事例が示すとおり、2社は規制をかわす戦術を世界中で繰り出し続けるだろう。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

インフルエンサーマーケティングはコストに見合うだけのメリットがある

トップ10ブランドになるにはインフルエンサーマーケティングのやり方を知っていなければならない。様々なリスクが伴うものの、コストに見合うだけのメリットがあると考える人は多い

ブルームバーグ
無料会員 公開

いつか「ググる」にも終わりが訪れる

元Google広告部門トップのスリダール・ラマスワミは、Googleの広告モデル、ウェブ閲覧に伴うプライバシー侵害、Googleがいまだに検索を支配している理由などについて話した。彼はGoogleの支配が崩れるシナリオがありうると語っている。

吉田拓史
無料会員 公開

アプリストア紛争で大きな進展: グーグルが外部決済を認める

グーグルとスポティファイは水曜日、スポティファイのアプリの将来のバージョンで、ユーザーがアプリ内でサインアップしてスポティファイのサブスクリプションに直接支払うことを可能にすると発表した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アップルとグーグルがアプリストアの商慣行を巡り同業者と対立

アップルとグーグルはアプリストアの将来をめぐって同業者と争っている。アプリストア法案は、ハイテク企業を抑制することを目的とした数ある法案の中で、最も成立の可能性が高い。

吉田拓史
無料会員 公開

相次ぐサブスク製品の値上げは消費者のストレステストとなる

アマゾンやネットフリックスなどサブスク製品の値上げが相次いでいる。月額課金制のアプリの増加も加わり、どのレベルまで消費者は離れないのかを測るストレステスストとなっている。