デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、検索エンジン、ウェブサイト、ソーシャルメディア、Eメール、モバイルアプリなどのデジタルチャネルを通じて提供される広告を指します。デジタルマーケティングと一口に言っても、その内容は多岐にわたり、すべてが統一されているわけではありませんが、ここでは代表的なものをご紹介します。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

現代の若者の "矛盾した消費行動" の全容

編集部
無料会員 公開

Apple、新たな収益の柱のサービス部門で組織再編が進む

iPhoneに依存するAppleは、iPhoneビジネスの成長が頭打ちになったことで、サービス部門に注力してきた。広告やストリーミングのような「非伝統的なカテゴリ」の成長につられて、同部門の再編成が進んでいるようだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Z世代と女性の取り込みを急ぐTinder―Chris Bryant

Z世代と女性の取り込みは、親会社Match Groupの新CEOバーナード・キムの最重要課題だ。彼は、モバイルゲーム会社Zyngaでの豊富な経験を生かしていますが、競争が激化する中、ブランドの再活性化を図る彼の努力は成功しないかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

MicrosoftのBingにChatGPTは効かない―Parmy Olson

Microsoftの経営陣は、新しいおもちゃへの期待に笑みを隠せなくなってもおかしくはないだろう。同社の検索エンジン「Bing」は長年、Googleの圧倒的な市場シェアに歯が立たないとして、ジョークのネタにされてきた。

吉田拓史
無料会員 公開

GoogleとMetaのデジタル広告支配が緩みつつある

今年はGoogleとMetaの2社によるデジタル広告業界の支配が、2014年以来初めて、米国市場全体の過半数を下回ると予想されている。AmazonやAppleの陣地は着実に広がっており、2社支配の時代は終わったかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

急成長するアマゾン広告の「負の側面」

アマゾンの広告ビジネスは急成長しており、クラウドに次ぐ稼ぎ頭にまで台頭した。一方で、ユーザー体験の悪化や販売業者への「追加課税」の影響が懸念されている。アマゾンは危ない橋を渡ってはいないだろうか。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Apple、EU法改正で外部アプリストアを容認へ

Appleは、2024年に到来する欧州連合(EU)の厳しい要件に準拠することを目的とした抜本的な見直しの一環として、同社のiPhoneやiPadで代替アプリストアを利用できるようにする準備を進めている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

イーロン・マスクのスーパーアプリ構想の死角

イーロン・マスクは、もう街の広場に飽きたのだろうか? Twitterの買収を完了してから1カ月、彼の象徴的な視線は街全体に注がれているように見える。マスクは、スーパーアプリを作りたいと考えている。「Twitter 2.0」「The everything app」「X」と呼ばれるかどうかはともかく、彼の計画はまだ超漠然としている。11月26日にツイートされた、ほとんど情報を含まない一連のスライドは、彼の計画にほとんど光を当てなかった。今年初め、マスクはこの中国のスーパーアプリを「Twitter、PayPal、その他もろもろ、すべてがひとつにまとまっていて、実際素晴らしいインターフェースを持っている」と表現していたのだ。マスクがその道で障害に直面することは明らかだ。

編集部
無料会員 公開

Microsoft、検索、メッセージングを含むスーパーアプリ構築を検討中

Microsoftは最近、電子商取引、メッセージング、ニュース、ウェブ検索サービスなどを含む「スーパーアプリ」の構築を検討していると、米メディアThe Informationが関係者の話を引用して報じた。

吉田拓史
無料会員 公開

TwitterはAppleと戦争する以外ない

イーロン・マスクのTwitterはAppleとの「戦争」へと舵を切った。サブスク収益の30%税だけならず、仮に広告でも同様の取り分を要求され、アプリ凍結までちらつかされれば、Twitterは袋小路に追い込まれたことになるからだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アジア最大富豪はスーパーアプリでインドを制するか?―Andy Mukherjee

インドの大富豪ゴータム・アダニは、社内スタートアップが作った、大注目のスーパーアプリを公開する準備が整ったようだ。このスーパアプリは今後3カ月から6カ月で離陸するという。

吉田拓史
無料会員 公開

Alexa部門、通年100億ドル損失想定でレイオフのターゲットに

Amazonの音声認識技術「Alexa」を含むハードウェア部門が今年だけで100億ドルの損失を計上しかねないペースにあると報じられた。進行中とされる同社史上最大のレイオフでの主要なターゲットになっているようだ。