Tagged

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングとは、検索エンジン、ウェブサイト、ソーシャルメディア、Eメール、モバイルアプリなどのデジタルチャネルを通じて提供される広告を指します。デジタルマーケティングと一口に言っても、その内容は多岐にわたり、すべてが統一されているわけではありませんが、ここでは代表的なものをご紹介します。

Facebook、iOS 14の新仕様で広告ネットワークが壊滅的とパブリッシャーに通知
アドテク

Facebook、iOS 14の新仕様で広告ネットワークが壊滅的とパブリッシャーに通知

Facebookは、Appleのモバイルオペレーティングシステムへの今後のアップデートで人々のプライバシーを尊重することを余儀なくされているため、トラッキングの性能が落ち、広告ネットワークのパフォーマンスが落ちることになるとユーザーや広告主に通知した。

拼多多、中国の若年者層でユーザー成長が最速に
EC

拼多多、中国の若年者層でユーザー成長が最速に

北京師範大学が6月下旬に発表した報告書によると、中国のソーシャルコマースプラットフォーム拼多多 (Pinduoduo)は、19歳から35歳までの若年層の間で、他のeコマースプラットフォームと比較してユーザーの成長率が最も速いと報告されている。若年利用者成長率が52%、月間アプリ開封回数も89回と首位に立つ。

LINEのミニアプリのインパクトはいかほどか
デジタルマーケティング

LINEのミニアプリのインパクトはいかほどか

LINEが開始したミニアプリは、WeChatのミニプログラムの模倣だが、LINE Payの規模や市場環境を勘案すると、ミニプログラムほどのインパクトはないはずだ。LINEはユーザーがプラットフォーム上で商取引にも興味を持ってもらおうとしているが、多数派にとってコミュニケーションツールとしての役割に留まっている。

ChromeのCookieサポート終了が広告技術に与える影響
アドテク

ChromeのCookieサポート終了が広告技術に与える影響

Googleは2020年1月、ChromeのサードパーティCookieのサポートを「2年以内」に打ち切る計画を発表した。つまり、あと2年もしないうちに、多くのパブリッシャー、広告主、ベンダーは、データ収集、オーディエンスのターゲティング、測定、アトリビューション分析のアプローチを再編成する必要が出てくる。

拼多多が4年で時価総額10兆円を達成した方法
中国

拼多多が4年で時価総額10兆円を達成した方法

拼多多は1億3,500万人のDAUと中国の電子商取引企業のなかで時価総額2位を4年足らずで達成した。短期間での成功の主要因はソーシャルの特徴を生かしたバイラル性と顧客獲得費用の驚くべき低さ、地方都市のユーザーの囲い込みだ。巧みなゲーミフィケーションとグループ購入へのインセンティブ設計も目を瞠るものがある。