アンバレラ社(Ambarella)はスマートホームセキュリティ、小売店の監視、民生用ロボットのスマートエッジデバイスのためにエッジで機械学習モデルを作動するための新しいコンピュータビジョンチップ「CV28M」を発表した。新しいCV28Mカメラシステムオンチップ(SoC)は、同社のCVflowファミリの最新作である。高度な画像処理、高解像度ビデオエンコーディング、コンピュータビジョン処理を1つの低消費電力チップにまとめている。

Ambarellaは、あらゆるものがインターネットに接続されるようになって、コンピュータ・ネットワークがどのように進化していくかを予測して、エッジに実装されるチップに多くのAI処理能力を詰め込んだ。ネットワークがデータトラフィックであふれかえってしまう可能性があるため、たとえば自動運転車は、データセンターのプロセッサと激しく相互作用するのではなく、ネットワークのエッジ(先端)、または車自体で処理を行わなければならなくなる。

これは、エッジデバイスに搭載されるセンサーや画像プロセッサが非常に強力なものでなければならないことを意味している。

Ambarellaは「私たちの身の回りのあらゆる場所で、デバイスのスマート化が進んでいます。当社の最新のCV28M SoCを使用することで、お客様は様々な新しいアプリケーションに対応した新世代のインテリジェントセンシングカメラを開発することができます。小売店、職場、賃貸物件、自宅での高齢者の監視など、プライバシーに配慮したアプリケーションでは、エッジベースのAI処理により、映像を録画したりクラウドにストリーミングしたりする必要がなく、インテリジェントな監視と迅速な意思決定をサポートすることができます」と声明の中で述べている。

小売店の監視や入居者の監視など、新しいAIセンシングアプリケーションの場合、CV28Mは、カメラ内ですべての意思決定を行うためのAIパフォーマンスを提供し、プライバシーを保護し、バックエンドサーバー上で実行される重たい映像処理を回避。IPセキュリティカメラでは、CV28MはAIベースのレート制御機能を備えており、ビデオストレージやネットワーク帯域幅の要件を削減しながら、画質を最適化する。

さらに、Ambarellaの「AI Timelapse」と呼ばれるシーンを考慮した録画機能により、ビデオのタイムラインをスキャンして気になる瞬間を取り出すのに必要な時間を節約することができる。コンシューマ向けロボットアプリケーションでは、CV28Mを可視光、構造化光、飛行時間(ToF)などの幅広いセンサーに接続して、ナビゲーションに必要なデータを取得し、処理することができる。

CV28Mは、AVCとHEVCの両方のフォーマットで効率的な映像エンコードを実現している。高性能映像信号プロセッサ(ISP)は、低照度下でも優れた映像を実現し、ハイダイナミックレンジ(HDR)処理により、コントラストの高いシーンでも映像のディテールを最大限に引き出すことができます。CV28Mは、セキュアブート、、I/O仮想化など、ハッキングから保護するための高度なサイバーセキュリティ機能をフル装備している。10nmの超低消費電力プロセス技術で製造されたCV28Mチップは、長いバッテリ寿命と小型のフォームファクタを必要とするワイヤフリーカメラアプリケーション向けに最適化されている。

同社によると、CV28Mチップは、AmbarellaのCV25、CV22、CV2 CVflow SoCファミリと共通のSDKとコンピュータビジョン(CV)ツールを共有しており、複数の価格と性能のオプションを持つカメラの開発を簡素化する。CVツール一式は、お客様が独自のニューラルネットワークをCV28Mに移植するのに役立ち、コンパイラ、デバッガ、CaffeやTensorFloなどの業界標準の機械学習フレームワークのサポート、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)性能の最適化のための広範なガイドラインが含まれている。

Image by Ambarella