AMD、20年Q4と20年通年で過去最高収益

AMDは、2020年第4四半期の収益32.4億ドル、営業利益5.7億ドル、純利益17.8億ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)1.45ドルを発表した。

AMD、20年Q4と20年通年で過去最高収益

AMDは、2020年第4四半期の収益32.4億ドル、営業利益5.7億ドル、純利益17.8億ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)1.45ドルを発表した。

2020年第4四半期の純利益には、評価性引当の戻入に関連した13億3000万ドルの法人税効果が含まれており、これはEPSに1.06ドルの貢献となった。非GAAP基準では、営業利益は6億6,300万ドル、純利益は6億3,600万ドル、希薄化後EPSは0.52ドルだった。

2020年通年については、収益97.6億ドル、営業利益13.7億ドル、純利益24.9億ドル、希薄化後1株当たり利益2.06ドルを報告している。非GAAP基準では、営業利益は16.6億ドル、純利益は15.8億ドル、希薄化後EPSは1.29ドルだった。

AMDのCEOであるリサ・スーは、「2020年の事業を大幅に加速させ、記録的な年間収益を達成する一方で、2019年からは売上総利益率を拡大し、純利益を2倍以上に拡大した」とコメントした。「2021年の業績見通しは、当社の製品ポートフォリオの強さと、PC、ゲーム、データセンター市場におけるハイパフォーマンス・コンピューティングへの旺盛な需要を浮き彫りにしている。私たちは、今後のチャンスに興奮しており、リーダーシップを発揮する製品ロードマップを継続的に実行していく中で、長期的な戦略に大きな自信を持っている」。