iPhoneとApple Watchは次世代医療のハブになる

デバイスとソフトウェアの機能改善の裏側で、Appleと医療・研究機関はデータ駆動型の次世代医療を目指す努力を進めている。

iPhoneとApple Watchは次世代医療のハブになる

平日朝6時発行のAxion Newsletterは、テックジャーナリストの吉田拓史(@taxiyoshida)が、最新のトレンドを解説するニュースレターです。同様の趣旨のポッドキャストもあります。登録は右上の「Subscribe」ボタンからFreeプランでサインアップいただき、確認メールの「Sign in to Axion デジタル経済メディア」ボタンをクリックください。

要点

Appleは開発者会議で個人化されたヘルスケア新機能を発表した。背後では医療機関との連携が進み、ユーザーがリアルタイムで蓄積する健康データを利用した次世代の医療の模索がされている。


Appleは6月7日、世界開発者会議(WWDC)でヘルスケアアプリのデータを家族などと共有できるようにすることを発表した。これは、iPhone向けの新しいヘルスケア機能の一つだ。

親族や医者のような許可を得た人は、iPhoneユーザーの心拍数や動きのデータを共有することができる。また、心拍数の上昇や動きの変化などに気付いたときに、許可されたユーザーに通知するアラートへのアクセスも共有できるようになる。

この機能は、年老いた両親のような大切な人の健康状態を離れた場所から見守っている介護者にとって便利なもの。しかし、高齢者は、介護者に比べてこの種のモニタリングに抵抗がある傾向がある。監視ツールは、介護者には安心感を与えるが、追跡される側には侵略的な印象を与える。

Appleは、ヘルスケアアプリに、「歩行の安定性(Walking Steadiness)」という別の健康指標を追加する。これは、iPhoneがすでに収集している移動データを利用して、バランスや歩行パターンなどの要素に変化がないかどうかを監視し、転倒のリスクが高まっているかどうかをユーザーに伝えるものだ。同社によると、このシステムは、あらゆる年齢層の10万人以上の参加者を対象とした臨床研究で得られたデータをもとに構築されたとのことだ。

Appleは昨年10月、iPhone/iPod touchで医療記録をつけるHealth Recordを導入した。これにより、ユーザーが自分の健康記録を視覚化し、安全に保存することがこれまで以上に容易になった。患者は、患者自身が作成したデータと一緒に、複数の医療機関からの健康記録を集約することができ、より全体的な健康状態を把握することができる。Appleは北米ですでに協力する医療機関を確保しており、実際の医療現場で採用されている。今回の共有機能はここから一歩進んで、医者や介護者がユーザーの健康状態をモニターできるようにするものだ。

また昨年導入された睡眠追跡機能にもアップデートが入り、Apple Watchを着用して入眠することで睡眠時間、心拍数、血中酸素濃度、呼吸数といったパラメーターを取得、従来の睡眠時間データとあわせてヘルスケアアプリに取り込まれるようになった。

スマートフォンの背後で進む次世代医療

このようなデバイスとソフトウェアの機能改善の裏側で、Appleと医療・研究機関はデータ駆動型の次世代医療を目指す努力を進めている。これらの試みは2019年に開始し、その規模を拡大している。

今年1月、Appleとマサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置く神経学的治療法の会社Biogenは、Apple WatchとiPhoneが認知機能の健康状態をどのようにモニターできるかを分析する研究プロジェクトで提携した。この複数年にわたる観察研究は、2021年後半に開始され、様々な認知機能を持つ若年層や高齢者を含む参加者が登録される予定だ。主な目的は、デジタルバイオマーカー(患者の治療計画を策定するために使用される生化学的データ)を開発し、認知機能の長期的なモニタリングやMCIの初期兆候の特定に役立てることだ。リサーチ会社Emergen Research社は、デジタルバイオマーカーの世界市場規模は、2019年には7億2,780万米ドルとなり、年平均成長率39.2%で2027年には103億8,000万米ドルに達すると予測している。

2月、AppleのAdeeti Ullal率いる研究者が、ボストンのマサチューセッツ総合病院およびマサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大学の科学者と協力して、Apple Watch内でパーキンソン病の症状を追跡するシステム「MM4PD」を設計したと、米国科学振興協会が発行するScience Translational Medicineに掲載されました。 このシステムは、投薬の変更や脳深部刺激治療による症状の変化を識別し、投薬を怠った患者を検出し、投薬方法を変更することで利益を得られる参加者を認識することができた。

同じく2月、AppleはトロントのUniversity Health Networkと新たな協力関係を結び、Apple Watchのモニタリングによって心不全の初期兆候を検出できるかどうかを検証する、と発表した。著循環器内科医であるHeather Ross博士らのチームは、Apple Watchを使って収集したデータを、患者が通常受ける身体検査から日常的に収集したデータと比較し、血中酸素濃度アプリやモビリティメトリクスなどのApple Watchの健康センサーや機能が、心不全の悪化を早期に警告できるかどうかを調べるという。

Apple Heart and Movement Studyでは、心臓の健康と歩行ペースなどのモビリティ信号との関連性を調べる。via Apple

3月、Appleはミシガン大学公衆衛生学部と提携し、騒音レベルを測定して聴覚に危険を及ぼす可能性のある騒音をユーザーに警告するAppleのNoiseアプリケーションを使って、聴覚の健康と騒音への暴露をテストした。

Apple WatchのNoiseアプリは、環境騒音レベルが聴覚の健康に影響を与える可能性がある場合、ユーザーに通知を送ることができる。via Apple

同じく3月、ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のApple Women's Health Studyチームは、AppleのResearchアプリを通じて研究に参加した全米の様々な年齢や人種の1万人のコホートから寄せられた、女性とその月経症状に関する科学的予備データを公開した。この研究に参加する女性は、月経周期の記録やその他の健康データを提供し、関連する調査に回答した。

Apple Women's Health Studyは、Researchアプリを通じて、様々なライフステージ、様々な人種、そして米国の全州・全地域の人々から、参加者アンケートを通じて強化された周期の追跡やその他の健康データを総合的に収集した。via Apple

iPhoneから得られたデータを利用して診療を円滑化するとともに、Appleは遠隔診療や予防医療まで将来的には見据えていると考えられる。また、コロナ禍はデジタルデバイスを医療に適用することを促している。Appleは、Googleとともにコロナウイルス感染症のモバイル曝露通知技術を提供し、政府、地方自治体が感染警告アプリを構築するのを助けた。デジタルデバイスを通じて医療を受けることは確実に受け入れられつつある。

Photo by Luke Chesser on Unsplash

📨ニュースレター登録とアカウント作成

ニュースレターの登録は記事の下部にある「Sign up for more like this」か右上の「Subscribe」ボタンをクリックし、登録画面で名前とメールアドレスを記入後、Freeプランから「Continue」に進んでください。記入したメールアドレスに「🔑 Secure sign in link for Axion デジタル経済メディア」という認証用のメールが届きます。その「Sign in to Axion デジタル経済メディア」をクリック頂きますと、登録が完了します。

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, Sotaro Kimura, TAMAKI Yoshihito, kanikanaa, La2019, magnettyy, kttshnd, satoshihirose, Tale of orca.

寄付サブスク (吉田を助けろ)

吉田を助けろ(Save the Yoshi!)。運営者の吉田は2年間無休、現在も月8万円の報酬のみでAxionを運営しています。

月10ドル支援したいと考えた人は右上の「Subscribe」のボタンからMonthly 10ドルかYearly 100ドルご支援ください。あるいは、こちらからでも申し込めます。数量が99個まで設定できるので、大金を助けたい人におすすめです。

その他のサポート

こちらからコーヒー代の支援が可能です。あるいは以下からサポートください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Become a patron of Takushi Yoshida today: Get access to exclusive content and experiences on the world’s largest membership platform for artists and creators.

投げ銭

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

出資希望の方のための資料

投資を検討の方は Twitter(@taxiyoshida)、または yoshi@axion.zone までご連絡ください。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)