Appleは生成AIの潮流にどれほど適応しているか?

ブームの大規模言語モデル(LLM)で沈黙が続くApple。社内では使われており来年「大きな発表」をすると言われるが、猛烈な周囲の速度についていけているか、疑問が浮かぶ。

Appleは生成AIの潮流にどれほど適応しているか?
Unsplash+ライセンス

ブームの大規模言語モデル(LLM)で沈黙が続くApple。社内では使われており来年「大きな発表」をすると言われるが、猛烈な周囲の速度についていけているか、疑問が浮かぶ。


Meta、Microsoft、Googleなど他のテクノロジー大手が、企業や一般消費者向けに独自の生成AI製品を迅速にリリースする中、Appleの不在は際立っている。

しかし、米国時間の19日、Appleのリークをよく受けるという評判のブルームバーグのMark Gurmanが行った報道によると、Appleは、一部のエンジニアが「Apple GPT」と呼ぶ独自のAI搭載チャットボットを開発中だという。同社はまだこの技術を一般に公開する確かな計画を持っていないとGunmanは書いている。

報道によると、このチャットボットは「Ajax」と呼ばれる独自の大規模言語モデル(LLM)フレームワークを使用しており、Google Cloud上で動作し、機械学習研究を加速させるために作られたフレームワークであるGoogle JAXで構築されている。Appleには複数のチームがこのプロジェクトに取り組んでおり、潜在的なプライバシーへの影響への対処も含まれているという。

Appleは従業員がChatGPTを使用することを禁止しているが、ブルームバーグは、エンジニアが社内で言語モデルAjaxを搭載したチャットボットを使用していると報じている。Ajaxは「機械学習開発を統一する」ために作られたとブルームバーグは伝えている。

Appleは、長い間自社のソフトウェアにAIを織り込んできたが、生成AIの分野ではかなり沈黙を守ってきた。最も有名なAIシステムは音声アシスタントのSiriで、テック企業の間でこのトレンドの火付け役となったが、批評家は長い間、Siriにはまだ長い道のりがあると主張してきた。

現在はAI分野におけるプレゼンスの拡大を目指していると見られる。これは、同社のAIと検索の責任者であるジョン・ジャンナンドレアとソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギが、AppleのAIプロジェクトを主導していることからも伺える。米メディア・グッドモーニングアメリカとの最近のインタビューでティム・クックCEOは、AI技術はAppleが「注視している」ものだと語った。

しかし、Appleの速度は足りているか疑問視される。Metaは米国時間18日、同社のLLMであるLlama 2をオープンソース化し、無料で商業利用できることを明らかにした。これにより、あらゆるプレイヤーがLLMの活用を開始するだろう。一方、Gunmanの報道によると、Appleは「AI関連の重要な発表」をしようとしているようだ。Appleが製品の閉鎖性にこだわることと、1年に一度大きな発表するというスタイルは、業界の猛烈な速度とは乖離があるかもしれない。

ニューヨーク・タイムズの報道によると、Siriに取り組んでいるチームを含む様々なチームが、言語生成コンセプトを日常的にテストしているという。

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)