AppleのM2搭載の新型Macの詳細がリークで明らかに

BloombergのMark Gurmanによると、Appleは次期M2プロセッサを搭載した9台の新しいMacを開発中であると報じられている。この噂は、AppleがMac Studioをリリースし、M1 Ultraが現行世代のラインナップの最後のチップとなることを発表した直後に出されたものだ。

AppleのM2搭載の新型Macの詳細がリークで明らかに
Photo by zhang kaiyv on Unsplash

BloombergのMark Gurmanによると、Appleは次期M2プロセッサを搭載した9台の新しいMacを開発中であると報じられている。この噂は、AppleがMac Studioをリリースし、M1 Ultraが現行世代のラインナップの最後のチップとなることを発表した直後に出されたものだ。

BloombergはMac Studioの後継機種をまだ予測していないが、他のほとんどのMacモデルはアップグレードされるだろうと報じている。Gurmanは、10コアGPUを搭載したM2搭載MacBook Air(再設計されたAirにはまだM1が搭載されるという以前の予測に反して)と、同じスペックのエントリーレベルのM2 MacBook Proの証拠を見た、と述べている。14インチと16インチのMacBook Proも登場し、新しいMac MiniとMac Proも、すべて次世代Apple製シリコンを搭載している。

Mac Miniに現行モデルのM1 Proを搭載する案も浮上しているが、Mac Studioが存在する今、それが市場に出るとは考えにくいだろう。

上位機種にはM2 ProとM2 Maxチップが搭載され、Maxは12個のCPUコアと38個のグラフィックコア(現行のM1 Maxに比べCPUコア2個とGPUコア6個が追加)を持つと伝えられている。Bloombergは、効率コアと性能コアの内訳の詳細を記載していない。M2 ProはMac Miniのオプションとしても登場しており、GurmanはMac Proに「M1 Ultraの後継チップ」が登場すると予測している。

少なくともこれらのコンピュータのいくつかの公式発表までの待ち時間はそれほど長くないかもしれない。Bloombergは、「少なくとも2台のMac」が「今年の半ば頃」に発売される可能性があると報じている。WWDCは6月6日に開催される予定になっており、有望と考えて良さそうだ。

注目すべきは、このリストにiMacが含まれていないことだ。M1を搭載した24インチオールインワンの後継機や、最近製造中止となった27インチiMacの後継機については言及されていない。

Gurmanは、この豊富な情報は開発者のログから得られたもので、おそらくAppleがサードパーティーのアプリケーションを使って新しいコンピュータをテストしていたために表示されたものと主張している。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)