ArcherのSPAC上場分析

電気飛行機の先行者から引き抜いたエンジニアリングチームと、他業界出身の共同CEOを組み合わせた急造会社の印象は拭えない。ボーイング等が出資するWisk等のリードに追随したいユナイテッド航空との取引を目的に形成された会社とみられ、魅力に欠けるかも知れない。

ArcherのSPAC上場分析

印象

電気飛行機の先行者から引き抜いたエンジニアリングチームと、他業界出身の共同CEOを組み合わせた急造会社の印象は拭えない。ボーイング等が出資するWisk等のリードに追随したいユナイテッド航空との取引を目的に形成された会社とみられ、魅力に欠けるかも知れない。

1. 概観

電気飛行機の新興企業であるArcher Aviationは2月中旬、Atlas Crest Investment Corp(NYSE: ACIC)と呼ばれる特別目的買収会社(SPAC)と合併して株式公開を行うと発表した。38億ドルの取引は2021年の第2四半期に完了する予定で、合併後の会社には約11億ドルの現金が提供されるという。統合された会社は、ティッカーシンボル「ACHR」でニューヨーク証券取引所に上場され、時価総額は38億ドルとなる。

ユナイテッド航空は同じく2月、Archerとの契約を完了し、ユナイテッド航空は空域管理の専門知識を提供し、バッテリー駆動の短距離飛行用航空機の開発でアーチャーを支援することになった。この航空機が運航を開始し、ユナイテッドの運航および事業要件を満たした後、ユナイテッド航空はメサ航空と共同で、最大200機の電気航空機を取得し、パートナーが運航することになる。

カリフォルニアを拠点とするArcherは、2040年までに1.5兆ドルの価値があるとモルガン・スタンレーが言う電動エアモビリティ市場を目標としている。現在の技術では、アーチャー社の航空機は時速150マイルで60マイルまでの距離を移動できるように設計されており、将来のモデルはより速く、より遠くまで移動できるように設計されている。アーチャーが最初に導入を計画している都市の1つであるハリウッドとロサンゼルス国際空港(LAX)間の移動で、乗客1人あたりのCO2排出量を47%削減できると見積もっている。

2. 沿革

  • ヘッジファンドのアナリストのBrett Adcockは2012年、Adam Goldsteinととともにオンライン人材マーケットプレイスVetteryを共同創業した。Vetteryは機械学習とリアルタイムデータを利用して、求職者と企業をマッチングするシステムだとされていた。数百人の従業員を抱えるようになった同社は2018年、1億ドル以上でThe Adecco Group.によって買収された。
Brett Adcock(右)とAdam Goldstein(左). via Archer
  • その2人は2018年にArcherを創業した。最初の投資家はJet.comの創業者Marc Loreだった。彼は2014年にeコマースの新興企業Jet.comを33億ドルでウォルマートに売却したシリアルアントレプレナーで、現在は小売大手のeコマースのチーフを務めている。また「2007年から3.6兆ドルの取引に携わった」と主張する有名なディールメーカーのKen Moelisも出資者に加わった。
  • エンジニアリングチームは競合企業Wiskの出身者と、エアバス出身者で形成された。
  • 2021年2月、2024年までにロサンゼルスで初のアーバン・エア・モビリティ(UAM)ネットワークを立ち上げることを発表。
  • ユナイテッド航空への将来的な機体供給に関する契約を締結。

製品

Joby Aviation、Hyundai Motorsのような大手企業と同様に、将来の都市型エアモビリティ市場を争うArcherは、eVTOLの優秀な人材からなるチームを集めて、4人乗りの完全電動パイロット航空機を製造、認証、量産することで、ますます混雑する道路や持続可能性の懸念に対処することを目的としている。

航空機の性能目標(航続距離60マイル、巡航速度150マイル)は、現実的かつ透明性の高い計算がなされており、エネルギーリザーブの必要条件、バッテリーストレージのアクセス不可能な要素、容量フェードなどが組み込まれている。

他の多くのeVTOLスタートアップと同様に、Archer Aviationのウェブサイトには、洗練されていながらも謎に包まれたコンピュータ生成航空機のデザイン、詳細な性能目標、そして電気航空の未来を引き継ぐための「マスタープラン」が掲載されている。

しかし、UAMレースへの参加を熱望している250社以上のスタートアップ企業の多くとは一線を画しているのが、Archerの発表のいくつかの要素だ。航空機の性能目標(航続距離60マイル、巡航速度150マイル)は、現実的で透明性の高い計算がなされており、エネルギーリザーブの必要性、バッテリーストレージのアクセス不可能な要素、容量のフェードなどが考慮されている。

Archer社のeVTOL、Maker。まだ飛行実績はない。via Archer.

Archerのビジョンはまた、欧州連合航空安全庁(EASA)が発表したVTOLの特別条件を満たす安全性の高い水準を設定している。また、同社は初飛行や認証、商業運航のタイムラインを公表していない。

同社の航空機は、12個のプロペラとV字型の尾翼を持つ翼型チルトローターのデザインで、より高い性能と低い臨界性のバランスをとるというビジョンと、認証や最終的な大量生産の要件に触発されている。Archerのウェブサイトによると、このデザインは揚力/抗力比11、使用可能なエネルギーは143kWhで、目標重量7,000ポンドの航空機の約3分の1をバッテリーが占めているとのことだ。

同社の人材の多くは、Joby、エアバスのVahanaチーム、Wisk、Kitty Hawkなど、他の主要なeVTOLプレーヤーから集められている。VahanaプログラムのチーフエンジニアであるGeoff Bowerは、Archerでも同じ肩書きを持っている。前職のWiskでエンジニアリング担当副社長を務めていたTom Munizも同職に就いている。

AdcockとGoldsteinは、同社のエンジニアの多くがeVTOL人材の「市場相場」と考えられる報酬以上の報酬を得ているという以前の報道を認め、経験豊富な人材が手に入りにくい新興分野で可能な限り最高のチームを編成しようと努力してきたと述べ、Blue OriginやTeslaのようなeVTOL分野以外の企業がより高い報酬を提供する人材を求めて競合することが多いと述べている。

現在のところ、ArcherはJobyやWiskのような競合他社に少し遅れをとっており、サブスケールのテストと80%スケールのプロトタイプを設計し、2021年には飛行する予定という。しかし、「数十年」という言葉を使い、認証や商業運転のためのタイムラインを公開していないArcherは、明らかに最初に市場に出ることに興味がないようだ。

Archerは、UAMの開発を2つのフェーズに分けて考えている。まず、パイロットによるeVTOLと既存のヘリポートのインフラを最初に商業的に利用することから始まるが、これは特定のルートでしか商業的に意味をなさないもので、現在のヘリコプターの約半分のコストで、おそらく乗客1マイルあたり3~6ドルのコストだ。フェーズ2では、スケールアップされた製造、自律性、専用のインフラストラクチャにより、より高い稼働率、より低いコスト、より高い安全性をスケールアップして実現するという。

Archerが想定するタイムライン. via Archer

SPAC

ArcherとACICは、2021年の第2四半期に合併を完了させることを目標にしている。Archerの企業価値は27億ドルで、2026年の収益の1.2倍、2026年のEBITDAの4.2倍に相当する。ユナイテッド航空、Stellantis、Exor、Baron Capital Group、Federated Hermes Kaufmann Funds、Mubadala Capital、Putnam Investments、Access Industriesなどの主要な戦略投資家や金融投資家からの参加を得て、6億ドルのPIPEをコミット。さらに、Archerのリード投資家であるMark LoreとKen Moelisは、関連会社とともにPIPEに3,000万ドルを投資している。

SPAC信託の5億ドルの現金と合わせて11億ドルを調達する。 この資本は、キャッシュフローの黒字化に必要な資金を上回ると予測されるという。既存の株主は全員、合併後の会社に100%の株式を持ち込むことになる。

ACICの構造。Ken Moelis等がスポンサーを務める。via Archer.

Image via Archer.

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎, bantou, shota0404, Sarah_investing, sokimura.

700円/月の支援

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
Takushi Yoshida is creating writing/journalism | Patreon
Patreon is a membership platform that makes it easy for artists and creators to get paid. Join over 200,000 creators earning salaries from over 6 million monthly patrons.

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.

お断り

このコンテンツは情報提供のみを目的として提供されており、法律、ビジネス、投資、または税務上のアドバイスとして信頼されるべきではありません。これらの事項については、ご自身のアドバイザーにご相談ください。有価証券やデジタル資産への言及は例示目的のみであり、投資推奨や投資顧問サービスの提供を構成するものではありません。さらに、本コンテンツは、いかなる投資家または投資家候補者を対象としたものではなく、またその使用を意図したものでもありません。