アリババクラウド、Arm CPUのインスタンス試用申請受付開始

アリババクラウド(Alibaba Cloud)は、昨年公開した国産Arm CPUを搭載したインスタンスの試用申請を顧客から受け付け開始した。Armチップをクラウドに投入するという欧米勢の試みを追走している。

アリババクラウド、Arm CPUのインスタンス試用申請受付開始
アリババクラウド(Alibaba Cloud)は、昨年公開した国産Arm CPUを搭載したインスタンスの試用申請を顧客から受け付け開始した。Armチップをクラウドに投入するという欧米勢の試みを追走している。Image by T-Head

アリババクラウド(Alibaba Cloud)は、昨年公開した国産Arm CPUを搭載したインスタンスの試用申請を顧客から受け付け開始した。

Yitian 710プロセッサは、最大3.2GHzで動作可能なArmv9互換のCPUコアを128個搭載している。5nmプロセスで製造されたダイ上の600億トランジスタのうち、8つのDDR5チャネルと96のPCIe 5.0レーンが搭載されている。

Alibaba Cloudは、このシリコンを自社のクラウド上のサーバーに搭載する準備が整ったことを、さしたる宣伝活動もなく明らかにした。このチップは、g8mと呼ばれるElastic Compute Service(ECS)インスタンスタイプに搭載され、1、2、4、8、16、32、64、128のvCPUのバリエーションを提供し、各vCPUは物理コアに対応している。

このインスタンスは、CPUコアをシリコンの速度上限を少し下回る2.75GHzで動作させる。

プレビューは2カ月間だけ実施され、その後、Yitianを利用したインスタンスは姿を消す予定だ。Alibaba Cloudは、試用期間中に本番ワークロードを実行しないよう警告している。提供されるインスタンスはわずか100台で、Alibabaによれば先着順だという。VMはAlibabaの中国杭州地区でホスティングされている。

トライアルを希望する場合は、Alibaba Cloudのアカウントが必要で、g8mインスタンスのウェブページから申し込むことになる。

Alibaba Cloudは、g8mインスタンスが、IntelやAMDプロセッサを搭載した現世代の汎用インスタンスと比較して100%高い「費用対効果」を提供すると述べているが、その比率が何を意味するのかについては説明していない。また、「g8m」インスタンスの価格も明らかにされていない。

Alibaba Cloudは、Amazon Web Servicesに遅れをとっている。Amazonはすでに、第2世代のArmプロセッサGravitonをさまざまな種類のインスタンスで提供しており、第3世代のArmプロセッサも計画中だ。Microsoftは先週、Armを搭載したAzureの提供を開始し、Oracle CloudもAmpereシリコンを搭載したArmサーバを提供している。

しかし、中国の巨大企業がこのゲームに参加したことで、Armを搭載したサーバはクラウドネイティブなワークロードに適しているという考え方にさらなる信憑性を与えている。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)