人類は自律兵器システムを正しく扱えるか 『無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』

機械学習と軍事技術の相性は非常に良く兵器システムの革命が起きています。我々は脅威の自律殺人システムをどう制御するのかを真剣に検討しないといけなくなりました。

人類は自律兵器システムを正しく扱えるか 『無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』

人工知能、機械学習、およびマシンビジョンの最近の進歩の意味はとても深いものです。軍隊は、知能と自律性のレベルを上げながら、無人偵察機、船、潜水艦、戦車、軍需品、およびロボット部隊を開発し始めました。Paul Scharre(ポール・シャーレ)の『無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』はこの問題をめぐる状況を詳らかに説明し、予期される危険性に対して警鐘をならした素晴らしい書籍です。ビル・ゲイツも、本書を2018年のベスト書籍のひとつに挙げています。

人工知能の使用は現状、民間人の死傷者を減らし、より多くの軍隊を危険から守ることに貢献しています。しかし、注意を怠ると、意図しない結果を招く可能性があります。

自律兵器は、民間人の命を救う可能性があります。Scharreは、ロボットの専門家を引用し、「自律兵器は戦争の法則を決して破らないようにプログラムできる」と主張しています。「彼らは復讐を求めません。彼らは怒ったり怖がったりしません。彼らはアルゴリズムのなかに感情を宿しません。必要なときに(敵を)殺すことができ、その後すぐに(敵を)殺すことができます」(筆者抄訳)。

軍事指導者は、主要な技術革新を採用する可能性が高いのと同じ理由で、自律兵器システムの役割を増やしたいと考えています。彼らは、自律兵器システムが戦闘で有利になると予想しています。このようなシステムは、人員であろうと設備であろうと、敵の資産の特定と除去を支援する、と広く信じられています。 「ロボットには、従来の人間が搭乗する車両と比べて戦場で多くの利点があります」とScharreは主張します。無人車両は小さく、軽く、速く、操縦しやすい。彼らは休むことなく長く戦場にとどまることができ、どのような危険をも冒すことができるのです。

現在の軍事調達慣行からの著しい変化の中で、AIと機械学習の重要な進歩のほとんどは、確立された武器業界からではなく、シリコンバレーやマサチューセッツ州ケンブリッジなどのテクノロジーセンターにある新興企業から来ています。

たとえば、本書では言及されていませんが、Googleはペンタゴン(米国防総省)に対し、軍事ドローンへの最先端の人工知能技術を提供する契約を結んでいました。調査報道デジタル出版社のInterceptは、契約の存在が従業員に知れ渡り、約12人のGoogle従業員が抗議で辞任し、数千人が契約の終了を求める請願書に署名した、と報じました。このプロジェクトは軍によって「Project Maven」と命名され、ドローンオペレーターがイスラム国に対する空爆をより的確に標的とするために軍隊の1,100のドローンから集められた膨大な画像データを深層学習を活用した画像認識で解析するためのものでした。

これは、兵器そのものではなく兵器システムの革命です。機械学習は2012年以降、驚異的な速度で発達し、コンピュータビジョン、言語処理、制御システム、戦略、音声認識等はすべて、兵器システムの高度化のために応用が効きます。

我々は脅威の自律殺人システムを作る力を獲得しつつあり、それをどう活用するのか、どう制御するのかを真剣に検討しないといけなくなりました。Axionでよく取り扱うフェイクニュースソーシャルメディアの兵器化の問題も同じ種類のものです。人々が生み出す情報からコンテクストを抜き出し、人間のような文書を生成することは可能になっており、人々の考え方が、機械を悪用する人々に操らえている未来はすでに来ています。

Image Via Den ProHD, "Top 5 Military Drones in the World ( HD Videos )"

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)