世界的な石炭火力発電容量のピークは、各国の事情の違いを表している。欧米では、石炭と植民地主義によって経済的に発展してきた国々は、長年にわたって石炭の使用量を削減してきており、勢いよく発電容量を削減している。南米やアフリカ(南アフリカは別として)では、石炭がエネルギーミックスに占める割合は決して高くなかった。しかし、アジア最大の国々は、経済が必要とする電力を圧倒的に石炭に依存している。

長い間、石炭発電にとって重要な新興市場と見られてきた南・東南アジア諸国は、コロナウイルスの蔓延に伴う新たな経済的現実に直面し、昨年、石炭発電への取り組みを根本的に見直すことになった。Global Energy Monitor(GEM)の分析によると、この地域最大の新興経済国であるバングラデシュ、インドネシア、フィリピン、ベトナムの4カ国は、2020年には石炭発電所建設計画からドイツの総設置容量に相当する最大62.0ギガワット(GW)分を削減すると発表した。

バングラデシュ・エネルギー省は、現在建設中でない石炭発電所をすべて中止する計画を最終決定した。この計画は首相の承認を待っているところであり、計画されている22.9GWの石炭発電を事実上中止することになる。11月までに、バングラデシュのメディアは、同国の計画された石炭のほとんどを廃棄する計画が首相の承認を待っていると報道していた。

フィリピン・エネルギー省は、新規石炭発電所許可のモラトリアム計画を発表した。承認されれば、最大9.6GWの石炭発電計画が取り消される可能性がある。

ベトナムの次期エネルギー計画(PDP8)の予備案では、計画されている石炭生産能力の半分、合計17.1GWを中止または延期することが提案されている。最終計画は2021年初頭に発表される予定である。

インドネシアのエネルギー省は、次のエネルギー計画(RUPTL 2021-2030)で計画されている最大15.0GWの発電所を中止または延期する可能性があると述べたが、電力計画のうち約2.3GWは再生可能エネルギープロジェクトで賄われる。

この政策により、4カ国には25.2GWの石炭発電容量が建設前計画に残っており、5年前の2015年に計画された125.5GWの容量から 80%減少するとGlobal Energy Monitorは予測している。4カ国に残る建設前の石炭発電パイプラインのうち、10.1GWのみが資金面を確保しており、石炭発電プロジェクトへの資金調達がますます困難になっているため、2021年には計画容量がさらに縮小する可能性があることを意味している。

今回の発表は、南アジアと東南アジアが中国に次ぐ石炭発電の成長の中心地とみなされてきたことを考えると、注目に値する。しかし、電力需要の低下やコビド・パンデミックの影響で石炭発電所の開発が遅れていることに加え、石炭発電所への融資が厳しくなり、太陽光発電や風力発電のコストが低下していることから、この地域では石炭への扉が閉ざされつつある。

昨年、南アジアと東南アジアで石炭発電のキャンセルやモラトリアムの波が押し寄せた要因の一つは、金融支援の衰退であった。銀行は、石炭発電開発に関連する気候や生物多様性のリスクを特定して管理し、再生可能エネルギーに資源を投入することで気候危機に対応することを求める世論の圧力の高まりに直面していた。

2015年以降、シンガポール、韓国、日本の銀行や企業は、バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、ベトナムで融資が終了した518億ドルの石炭発電容量の資金調達のうち44%(226億ドル)を提供してきた。2019年には、シンガポールの3大銀行であるDBS、OCBC、UOBが、新規の石炭火力発電所への融資をやめると発表した。しかしDBSとOCBCは、すでに関与している石炭プロジェクト、具体的にはベトナムのバンフォン1とブンアン2、インドネシアのジャワ9と10については例外を設けた。

日本では現在、16 の金融機関が石炭火力発電所への融資を様々な角度から制限する政策をとっている。これには、邦銀大手のみずほ、三井住友、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が最近発表したこと、丸紅が2018年9月に新規石炭プロジェクトへの融資を停止すると発表して以来、海外の3つの石炭プロジェクトから撤退したこと、三井物産が10月に発表した、インドネシア、中国、モロッコ、マレーシアの石炭火力発電所の全株式を2030年までに売却すると発表したことなどが含まれる。

7月、日本の環境大臣は、日本は原則として、脱炭素化戦略のある国の超重要石炭発電所への公的な石炭発電所への融資を「原則として」制限すると述べた。vは、ベトナムのブンアン2、インドネシアのインドラマユ、バングラデシュのマタルバリなど、すでに検討されているプラントを含め、日本がさらに進み、すべての石炭融資を打ち切ることを求めている。

韓国の国会では今年、海外での石炭発電への韓国の融資を禁止しようとする強い動きもあり、与党民主党の進歩的な議員が4回にわたって関連法案を提案している。国営金融機関の韓国輸出入銀行(KEXIM)と韓国貿易保険公社(KSURE)が石炭発電プロジェクトへの関与から手を引いたほか、サムスンと韓国電力公社は海外の石炭プロジェクトへの投資をこれ以上行わないことを約束した。

シンガポール、日本、韓国が石炭プラントへの融資を再開する中で、南アジアや東南アジア諸国は、石炭の最後の貸し手としての役割を果たすようになった中国の銀行に代わりに目を向けるかもしれない。中国の銀行や企業は、バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、ベトナムで2015年以降に資金調達が完了した石炭発電容量518億ドルのうち30%(155億ドル)を融資している。

中国の政策立案者に注目

しかし、中国政府でさえ、海外の石炭融資の制限を議論している。12月初旬、BRI国際グリーン開発連合が発表し、生態環境省の支援を受けた報告書は、中国政府が海外のプロジェクトの種類を、地域の汚染、気候変動、生物多様性への影響に基づいて分類する「分類メカニズム」を確立する方法を詳述している。このメカニズムでは、石炭発電や石炭採掘を「赤」に分類し、中国の関係者がそのようなプロジェクトに関与することは禁止されることを意味する。今、政策立案者が報告書の提案を採用するかどうかが注目されている。

カーボン・ネット・ゼロを達成するという国家的な誓約が増えていることは、一路一帯構想の「グリーン化」に向けた推進力となっている。中国の新たな 2060年のゼロエミッション目標は国内経済を対象としているが、開発目標を海外投資にまで拡大することもあるかもしれない。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の計算によると、世界が温暖化を1.5℃以下に抑えるためには、パリ協定の延長目標である1.5℃以下に抑える可能性があるため、将来のすべての二酸化炭素やその他の温室効果ガスの排出量を4,200億~5,800億トンの二酸化炭素に相当する量に抑える必要がある。現在の石炭発電所では、その排出量の60~85%を自力で使い切ることができる。2℃以下の排出量はもっと寛大で、1兆 1,700 億~1兆5000 億トンの二酸化炭素である。しかし、既存の石炭発電所がその排出量の4分の1から3分の1を使い切ってしまった場合、その範囲内に収まる可能性は低い。

参考文献

  1. Tong, D., Zhang, Q., Zheng, Y. et al. Committed emissions from existing energy infrastructure jeopardize 1.5 °C climate target. Nature 572, 373–377 (2019). https://doi.org/10.1038/s41586-019-1364-3
  2. Green Development Guidance for BRI Projects Baseline Study Report. Belt and Road Initiative International Green Development Coalition (BRIGC). 2019.
  3. Christine Shearer, Lauri Myllyvirta, Aiqun Yu, Greig Aitken, Neha Mathew-Shah, Gyorgy Dallos, and Ted Nace. Boom and Bust 2020: Traking The Global Coal Plant Pipeline. Global Energy Monitor. (2020)

*他の参考文献はリンクで示した

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h

コーヒー代支援 / サポーター加入

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。プロジェクトの詳細は以下を参照くださいませ。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。