再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは、太陽光、風、雨、潮汐、波、地熱などのカーボンニュートラルな資源を含む、人間の時間軸で自然に補充される再生可能な資源から集められたエネルギーのことである。 カーボンニュートラルであることが議論されているバイオマスもこの用語に含まれていることが多い。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ウクライナ侵攻は化石燃料使用を減らしている

ロシアのウクライナ侵攻はクリーンエネルギー投資を加速させ、石炭やガスの電力使用を減らしていると、戦争が世界のエネルギー危機に与える影響を直感的に捉え直した新しい報告書が発表された。

吉田拓史
無料会員 公開

核融合は2050年のネットゼロ目標には間に合わない?

核融合は気候変動の「犠牲」の必要性を回避することはできない、と専門家は述べている。しかし、遠くとも豊富な持続可能なエネルギー源である核融合は、希望を与えてくれるかもしれない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

欧州のエネルギー転換の次のハードル: NFTより魅力的になること

欧州はこれまでになく再生可能エネルギーを必要としている。次世代のグリーンエネルギー技術に資金を供給するにはベンチャーキャピタルの目をNFTや超速宅配のような「速いカネ」からそらす必要がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウクライナ戦争は石油国家から「電気国家」への移行を加速する

よりクリーンで安全なエネルギーシステムを構築することは、壮大でリスクの高い、困難な仕事である。しかし、解決策が浮かんだら、プーチン率いるロシアに頼るかどうか、自分に問いかけてみてほしい。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ドイツはロシアのガスと決別できるのか? - ポール・クルーグマン

ドイツがロシアの天然ガスを断ち切るコストは深刻で、ドイツの実質所得は2%程度低下し、緩やかな景気後退に相当する可能性がある。しかし、それは世界の終わりを意味するものではない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

欧州はロシアの石油ガスを放棄する使命を帯びている

プーチンのウクライナ侵攻は、短期的には大陸を石炭に回帰させるだろうが、この10年でグリーンエネルギーへの転換を高速展開できるだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

ビッグテック企業の再エネ購入が急増

昨年、企業によるクリーンエネルギーの購入は、ハイテク企業に牽引されて急増したことが、BloombergNEFの新しい分析によって明らかになった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

欧州の風力発電が復活 嵐の影響で過去最高の出力を記録

【ブルームバーグ】欧州では先週、3つの暴風雨に見舞われたため、風力発電が復活しつつあり、ウクライナをめぐる緊張が高まる中、化石燃料への依存を緩和するのに役立っている。

吉田拓史
無料会員 公開

停滞が続くテスラのソーラー事業

テスラは電気自動車(EV)と蓄電では成功したもののソーラー事業では停滞が続く。ソーラーシティ買収のシナジーを享受できないまま、相次ぐ訴訟と規制当局の調査も重なり泣きっ面に蜂だ。

吉田拓史
無料会員 公開

テスラの蓄電システム日本参入の衝撃

バーチャルパワープラント (仮想発電所) 構築に弾み

吉田拓史
無料会員 公開

データセンターが再エネ最大の買い手

効率的なハイパースケールデータセンターへの転換が効果的

吉田拓史
無料会員 公開

CATLの破壊的なナトリウムイオン電池は「本物」か?

蓄電などエネルギー密度が高くなくてもよい領域で潜在性