Facebookは、Appleのモバイルオペレーティングシステムへの今後のアップデートで人々のプライバシーを尊重することを余儀なくされているため、トラッキングの性能が落ち、広告ネットワークのパフォーマンスが落ちることになるとパブリッシャーや広告主に通知した。

ブログ記事によると、AppleのiOS 14の変更の中にはiOS 14デバイス上の自社アプリで広告識別子(IDFA)を収集しないことも含まれている。このため、トラッキングが困難になることから、iOS 14においてAudience Networkを通じた収益化するアプリパブリッシャーの能力に深刻な影響を与える可能性がある。ブログ記事はiOS14でのAudience Networkを提供を止める可能性があると指摘した。

ブログ記事は「Audience Networkを使用している開発者やパブリッシャーにとって、iOS 14でターゲット広告を配信する能力は限られている。その結果、一部のiOS 14ユーザーにはAudience Networkからの広告が表示されない可能性があり、他のユーザーにはAudience Networkからの広告が表示されるが、その関連性は低くなる。広告主がキャンペーンを正確にターゲティングして測定する能力が低下するため、アプリ開発者やパブリッシャーは、iOS上のAudience Networkや他の広告ネットワークのCPMが低くなることを期待する必要がある」と指摘する。

現時点では不明な点が多く、パブリッシャーや開発者への影響を定量化することは困難だが、テストでは、モバイルアプリの広告インストールキャンペーンからパーソナライゼーションが削除された場合、Audience Networkのパブリッシャーの収益が50%以上減少したことが確認されている。実際には、iOS 14でのAudience Networkへの影響はもっと大きいかもしれないという。

Photo by Facebook