ソーシャルメディアにハックされたインドネシア政治 ゲスト藤本迅 Axion Podcast #21

2014年10月に誕生したインドネシアのジョコ・ウィドド政権。スハルト独裁政権の人脈で構成された対抗候補に勝利した「民主派」のウィドド大統領は次第に現実主義的になり、インフラ開発などの経済政策では安定しているものの、民族少数派へ厳しい対応をとるようになっている。

ソーシャルメディアにハックされたインドネシア政治  ゲスト藤本迅 Axion Podcast #21

Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田とホストがディスカッションする対話形式のラジオです。Apple PodcastSpotifyGoogle PodcastAnchorでも聴取可能です。


要点

2014年10月に誕生したインドネシアのジョコ・ウィドド政権。スハルト独裁政権の人脈で構成された対抗候補に勝利した「民主派」のウィドド大統領は次第に現実主義的になり、インフラ開発などの経済政策では安定しているものの、民族少数派へ厳しい対応をとるようになっている。

インドネシアでもソーシャルメディアを駆使した政治や宗教コンテンツの流通が活発であり、人々の政治上の意思決定に大きな影響を及ぼしている。2019年の大統領選挙では、両陣営がネット工作部隊を整備し、大荒れ。宗教においてもYou TubeやFacebook、WhatsAppが多数派のイスラムの保守化、原理主義化に大きく寄与している兆候が認められる。

録音状態があまり良くありません。ご不便をおかけして申し訳ございません。

スピーカー

藤本迅 (@Jin20インドネシア共和国のガジャマダ大学Center for Religious and Cross-cultural Studies所属。宗教と社会、宗教と文化外交など幅広い分野を研究。国際交流基金アジアセンター海外調整員、じゃかるた新聞記者としてインドネシアでの経験が豊富。在インドネシア7年目。

吉田拓史 YOSHI(@taxiyoshida):記者, 編集者, Bizdev, Product Manager, Frontend Engineer. 早稲田大学政治経済学部卒業後, ジャカルタで新聞記者を5年. 米系デジタルマーケティングメディアDIGIDAYの日本版創業編集者を経て, デジタル経済メディアAxion(アクシオン)を創業. プロフィールサイトLinkedInを参照. ■TwitterBlogNewsletterYou Tube

Photo by Joshua Hoehne on Unsplash

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)